映画:ロボコップ3

「ロボコップ3」のネタバレあらすじと結末

SF映画

ロボコップ3の紹介:1993年公開のアメリカ映画。半分は人間、半分はメカの警察官ロボコップの活躍を描いたアクション映画『ロボコップ』シリーズの第3弾。最新鋭のサイボーグに、市民の味方・ロボコップが戦いを挑む。

あらすじ動画

ロボコップ3の主な出演者

ロボコップ〔アレックス・マーフィ〕(ロバート・ジョン・バーク)、アン・ルイス(ナンシー・アレン)、マリー・ラザラス博士(ジル・ヘネシー)、ニコ(レミー・ライアン)、マクダゲット隊長(ジョン・キャッスル)、リード署長(ロバート・ドクィ)、オートモ(ブルース・ロック)

ロボコップ3のネタバレあらすじ

【起】– ロボコップ3のあらすじ1

近未来の話…。

犯罪が多い都市・デトロイトシティは、巨大コングロマリット『オムニ社』に依存するところが大きくなっています。

街を守る正義の味方として、研究で半分は人間、半分はメカの体を持つ、サイボーグ警官・ロボコップことアレックス・マーフィがいます(『ロボコップ』『ロボコップ2』参照)。

ロボコップは相棒の女性警官・ルイスと行動を共にしていました。

オムニ社はデトロイトで都市開発計画〝デルタ・シティ〟の建設のため、邪魔な旧市街の住民たちを「私設特殊部隊リハッブ(都市再建警備隊)」で追い出します。

追い出された住民たちは、地下にもぐって反乱市民軍となっていました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「ロボコップ3」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×