「ワンダーウーマン1984」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

SF映画

【転】– ワンダーウーマン1984のあらすじ3

ワンダーウーマン1984のシーン3

画像引用元:YouTube / ワンダーウーマン1984トレーラー映像

ダイアナはスティーブと共に博物館へ行き、バーバラに石のことを聞きます。マックスが持ち帰ったと知ったダイアナは会社へ行きますが、マックスの会社は無人でした。エジプトのカイロ行きのチケットがあったので、ダイアナとスティーブは空港の飛行機を盗み出し、向かいます。空軍に見つかったので、ダイアナは昔にやったことのある「姿を消す技」を使って飛行機を見えないようにします。追っ手を引き離したふたりは、独立記念日の花火の中を飛んでみました。高い場所の操縦をするスティーブは、ダイアナに飛ぶコツを教えます。

同じ頃、バーバラは自分の変化に気づきます。ダイアナのようになりたいと思ったとたんに、みんなに注目されたばかりではなく、能力が目覚ましいことにも気づきました。冷蔵庫のドアは軽く開けたつもりでも取れますし、ヒールでよろけてもなんなく体勢を戻せます。先日ひどく脅された酔っ払いを見つけたバーバラは、仕返しとばかりに放り投げると何度も蹴りました。その様子は、心の優しいバーバラとはすっかり別人になっています。

カイロに渡ったマックスは、そこにいる石油王の願いをかなえようと言います。相手はかなわないだろうと思いながら「ビヤリアン王朝の領土を復活させろ」と言いますが、マックスが願うと巨大な壁が出現します。マックスは見返りに石油を求めますが、サウジに売ったと言われました。マックスは近衛兵を奪って移動します。

そこへ追いついたダイアナとスティーブが詰め寄りますが、ダイアナのパワーが明らかに落ちていました。ダイアナはマックスにこのままだと混乱が起きるばかりなので、石を返せと言いますが、マックスは「お前の目の前にある」と答えます。ダイアナは能力をうまく発揮できないばかりか、マックスを逃がしてしまいます。

ダイアナは、石で願いがかなう代わりに、代償としてその人にとっての大事な何かを失うのだということを知りました。ダイアナの場合は最愛の恋人・スティーブを得た代わりに、自分のパワフルな能力を奪われてしまったのです。そしてバーバラの場合は、ダイアナと同じ能力を身に着けた代わりに、優しくて明るく、人を思いやる心を失ったのでした。

バーバラに電話をかけたダイアナは、石が出現した場所について調べてもらいます。すると、石は偶発的に出現するのですが、ある共通点がありました。石が見つかった場所の文明は、すべて破滅しているのです。ギャラクシーレコードへ行ったダイアナは、石は人を滅ぼすのだと知ります。解決策は「石を破壊するか、願いを取り消すか」のどちらかだと知りました。マックスの発言を思い返したダイアナは、マックスを倒さねばならないと思います。バーバラは新たに得た自分の能力を失いたくないので、関わりたくないと言って去りました。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ワンダーウーマン1984」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×