「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

SF映画

2017年公開のSFアクション映画。監督は「フィフス・エレメント」などのリュック・ベッソン。原作はフランスの漫画シリーズ「ヴァレリアンとローレリーヌ」主演に「アメイジング・スパイダーマン」などのデイン・デハーン、共演にカーラ・デルヴィーニュ、リアーナ他。 千の惑星の住民が住むアルフ宇宙ステーション。中心部が汚染されていると言う状況の中、司令官の護衛任務につくヴァレリアンとローレリーヌ連邦捜査官。会議の途中、襲われて拉致されてしまう司令官。追いかけるヴァレリアンも消息をたってしまい、ローレリーヌは単独で追跡を始める。司令官の護衛という任務に隠された過去の事件とは。

あらすじ動画

ヴァレリアン 千の惑星の救世主の主な出演者

ヴァレリアン少佐 (デイン・デハーン)、ローレリーヌ軍曹 (カーラ・デルヴィーニュ)、アルン・フィリット司令官( クライヴ・オーウェン)、バブル (リアーナ)、客引きジョリー (イーサン・ホーク)、国防大臣 ( ハービー・ハンコック)、ネザ軍曹( クリス・ウー)、オクト=バー将軍( サム・スプルエル)、皇帝ハバン=リマイ( エリザベス・デビッキ)、皇后アロイ(バーバラ・ウェバー・スカフ)、ギブソン少佐 (オーラ・ラパス)、アイゴン・サイラス(ジョン・グッドマン)、ドーガン=ダギーズ(声)- グラント・モニンジャー、ロビー・リスト、クリストファー・スウィンドル 、アレックス(クロエ・ホリングス)他

ヴァレリアン 千の惑星の救世主のネタバレあらすじ

【起】– ヴァレリアン 千の惑星の救世主のあらすじ1

ヴァレリアン 千の惑星の救世主のシーン1

画像引用元:YouTube / ヴァレリアン 千の惑星の救世主トレーラー映像

人類の宇宙進出と未知の生命体との迎合の数々。人形のエイリアンが多いなが歴史が進んでいくとどんどんと異形になって行くが、うまく友好関係を築けている。

そんな中、アルファステーションがたくさんの人種が住む星になり質量が地球にとって驚異的になってしまいついに切り離される。

惑星ミュール。ヒューマノイド型の美しい生物達の営みがある。ある日宇宙船が墜落し、惑星ミュールは滅んでしまう。

その際生き残ったミュール人は宇宙船に乗り込むがプリンセス・ミホは取り残され光となって弾けてしまう。

その光景を夢に見てハッと目を覚ますヴァレリアン。宇宙船内のホロの砂浜。ローレリーヌを口説きながら操縦席へと戻って行く二人。ヴァレリアンの女癖の悪さを理由に相手にしないローレリーヌ。AIのアレックスに夢の内容を確認し、夢ではなく誰かが映像を送ったと言うことがわかる。

キリアン星にたどり着く寸前に変換器の回収という任務を告げられる。

到着した二人は観光客のような装いでキリアン星に降り立つ。地上にいた仲間とともにバスのような乗り物で移動し、市場に到着する。市場に入る前に突然ローレリーヌにプロポーズをするヴァレリアン。こんな時にと気がないふりをするローレリーヌだが別れてバスに乗ってから一人微笑んでいる。

市場の中ではガイドがヘルメットをかぶってと説明をしている。市場は仮想現実の中。

ローレリーヌは別部隊と一緒に見張の意識と視界を乗っ取る。

市場の中は100万件の店があり、混沌としている。外側から侵入するローレリーヌ。

容疑者の店を見つけるヴァレリアン。クーパー軍曹と合流するヴァレリアン。装置を付けて姿を消してもらう。

アイゴンサイラスがミュール人と変換器の取引をしている現場へ乗り込むヴァレリアン。変換器を回収して去ろうとするが、銃撃戦になる。クーパー軍曹が助けに入るが見張の犬にやられてしまう。逃げるヴァレリアンだが腕の装置が壊れていてローレリーヌと出会い直してもらう。番犬に襲われそうになった矢先装置が直り外すことができる。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×