「寄生獣(完結編)2」のネタバレあらすじと結末の感想

寄生獣 完結編の紹介:2015年4月25日公開の日本映画。岩明均の同名漫画を原作とする実写映画で、2部構成の第2部にあたる。謎の生物を右手に宿した少年・泉新一と、同じく謎の生物に寄生され脳を支配された〝パラサイト〟を取り巻く人間模様を描く。

予告動画

寄生獣(完結編)2の主な出演者

泉新一(染谷将太)、田宮良子(深津絵里)、ミギー(阿部サダヲ)、村野里美(橋本愛)、倉森(大森南朋)、泉信子(余貴美子)、広川剛志(北村一輝)、三木(ピエール瀧)、浦上(新井浩文)、草野(岩井秀人)、辻(山中崇)、山岸(豊原功補)、平間警部補(國村隼)、後藤(浅野忠信)

寄生獣(完結編)2のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①広川市長の市庁舎は寄生生物のアジトに。出産した良子はフリージャーナリストの倉森の恋心を利用して、新一とミギーの観察を継続していた。刺客に襲われ倉森の娘が死亡、狙われた新一も殺されず、良子も生き残る。倉森は良子に復讐しようと赤ん坊を奪う。 ②正体が露見した良子は射殺され、赤ん坊を新一に託す。市庁舎はSATに鎮圧されかけたが5つの寄生生物が入った後藤に全滅。後藤と戦った新一は勝つがミギーは眠りにつく。

【起】- 寄生獣(完結編)2のあらすじ1

ある日、人間の頭部に寄生して脳を食い、その人間を乗っ取って他の人間を捕食する謎の寄生生物が現れました。寄生生物は全国で猛威を振るいます。
東京都、東福山市に住むごく平凡な高校2年生の男子生徒・泉新一は、寄生生物に右腕を乗っ取られました。右腕は知能を持ち、ミギーと名乗ります。
寄生生物は当初、無秩序に殺人を繰り返していました。そのため食い散らかされたバラバラの遺体が見つかり、警察は『ミンチ殺人事件』として捜査します。
寄生生物は互いに仲間を探す、センサーのようなものがありました。
初期に続いたミンチ殺人事件は、寄生生物が集合体を作り、消息を絶っても支障のない人間をターゲットにかえることで、目立たなくなります。
新一の学校にも化学教師として、寄生生物の田宮良子が赴任しました。良子はなぜ寄生生物がこの世に誕生したのか、人間と寄生生物が共存する道はないのか模索する存在です。
新一は最初に遭遇した寄生生物を殺害したことで、寄生生物のAから殺意を向けられました。襲撃され、Aを返り討ちにします。
ところが瀕死のAは新一の母・信子を殺し、信子の身体を乗っ取りました。新一はAに殺されます。
ミギーは新一を助けるために胸の穴から体内に入り、身体を修復しつつ血管をめぐって右腕に戻りました。しかし全ての細胞が戻りきらず、身体の中にミギーの細胞が残った(融合した)新一は、超人的な力を得て蘇生します。
母を殺された新一は復讐を決意しました。後日、復讐を完遂します。
しかしミギーは新一を蘇生した影響で、不眠不休の身体から4時間の機能停止を余儀なくされる体質に変化しました。
学校で寄生生物の島田が暴れる事件が起こり、新一は里美を助けて島田にとどめをさします。
寄生生物の危険性を感じた新一は、片っ端からやっつけていく決意を新たにします。
その頃、東福山市では人間の環境破壊を嘆く、寄生生物側の広川剛志が市長となりました。
さらに警察ではひそかに寄生生物を一掃する特殊部隊を結成します。ミンチ殺人事件を担当していた平間刑事と辻刑事も加わり、SAT(特殊急襲部隊)の山岸が率いて、寄生生物をあぶり出す作戦を考案していました…(映画『寄生獣』参照)。

…警察では、新一が寄生生物ではないかという疑惑を払拭できずにいました。
快楽殺人者(サイコパス)の囚人男性・浦上は、人間かそうでないか見分ける能力を持っていました。
ある日、警察は寄生生物の候補者を浦上に見せます。その中には新一の姿もありました。
浦上は新一を見て反応します。しかし目線をこっちに向けろと指示させた後「違うな」と答えました。一瞬、違うものが混じっているように見えたと言い添えます。
平間刑事は、新一に疑いを持っていました。というのも、新一の周囲で事件が続くからです。
新一の家の近所で首のない警官の遺体(Aの遺体)、さらに新一の母の失踪、そして新一の学校で起きた大量殺人事件…。
新一が寄生生物かどうかはおいておいても、新一と寄生生物が密接な関係を持っていると、平間刑事は考えていました。

新一はミギーと協力し、清掃員に擬態する寄生生物をやっつけました。倒した後、すでに犠牲者がいたことを知って、もっと早くに来ていればと悔います。
広川市長が君臨する東福山市庁舎は、すっかり寄生生物の要塞と化していました。寄生生物らは、新一とミギーを敵視しています。
出産を終えた良子は赤ん坊を抱きながら、新一とミギーは生かして観察した方がメリットが大きいと広川に助言しました。「彼らは希望だ」と言います。
そうでなくても、日本では1年で3万人が自殺し、8万人が失踪していました。ですから計画的に進めれば、いずれ人間側の騒ぎも沈静化できると、良子は思っています。
スポーツウェアを着用した三木(みき)というにこやかな男がやくざの組を襲撃し、8人を倒しました。組員が全滅した溝口総業の事件を受け、広川市長が後藤に文句を言いますが、後藤は「三木がやったことだ」と一蹴します。
(三木と後藤の関係は後に明らかに)

【承】- 寄生獣(完結編)2のあらすじ2

良子はフリーライターの倉森の恋愛感情を利用し、操っていました。
倉森は妻に先立たれた中年男性で、小学生の娘・由美を育てています。
良子は元高校教師の未婚の母という立場を強調して倉森に接近し、元教え子である新一を調べてくれと頼んでいました。倉森は新一とミギーを観察し、寄生生物の存在を知ります。
倉森は寄生生物の存在を公表するべきだと良子に言いますが、良子は「あなたとの関係も、大事にしていきたいので」と結婚をにおわせ、引き留めました。倉森は喜びます。
倉森の尾行を知った新一とミギーは、倉森の自宅に行き、データを消去しようとしました。自分たちを探っている者の正体を知ろうとします。
倉森は言いませんでしたが、「元教え子」という言葉から、新一とミギーは倉森の背後に良子がいると知りました。良子の正体が寄生生物だと教え、「利用されているだけだ」と言います。
ところが倉森は信じませんでした。倉森を信じさせるため、新一は良子を呼び出して会話をし、倉森に聞かせます。
利用価値がなくなったら良子は躊躇なく倉森を殺すということと、自分たちのことは放っておいてくれと新一は言いました。
利用されていたことを知った倉森は、怒りに震えます。
倉森は広川市長の元を訪問し、取材をしながら盗聴器を仕掛けました。
盗聴器の存在を知った広川市長は、倉森だけでなく、新一とミギーの殺害も決意し、刺客を派遣します。

倉森のところに刺客が来ました。ところが倉森は煙草を買いに行ったついでに、娘の由美へのゲーム機を買い、留守にしていました。
帰宅した倉森は自宅が火事で燃え、娘の由美が殺されたのを知って、寄生生物のしわざだと確信し、寄生生物への復讐を決意します。
時を同じくして、新一とミギーも刺客に狙われました。ミギーによると敵は5人だと言います。
しかしやってきたのは三木だけでした。「こいつが5人だ」とミギーが言います。
頭部のほかに、両手と両足に寄生生物がいて、合計5人で構成されていたのです。
しかし戦ってみると三木は両手と両足を上手に統率できず、あっけなく頭部を切断されました。新一とミギーは立ち去ります。
新一たちが去った後、三木の右腕が頭部に移動して後藤になり、後藤が三木を呼びました。三木が右腕におさまったのを見て「お前はやっぱり右腕がふさわしい」と後藤が言います。
(三木と後藤は同一人物。のちに出てくるが、後藤は完全に両手両足を統率できる。三木が頭部になるのは実験的なもので、先のやくざ組襲撃も実験。
「三木」=「みき」(「みぎ」て)「後藤」=「ごとう(五頭)」という意味か)

倉森と新一が襲われたことを知った良子は、広川に「殺すならば完遂しろ!」と怒りました。と同時に、娘を殺された倉森は前日とは全く異なる存在になるだろうと言います。
人間は個体で人間であると同時に、何十、何百、何万、何十万と集まってひとつの生き物で、人間という個体以外にも、「人間の社会組織」というもう1つの巨大な脳を持っているのだと言い、それに逆らうととんでもないしっぺ返しを食らうと指摘しました。
軽挙妄動を起こすなと良子は訴えて立ち去りますが、人間側の味方をするのを快く思わない寄生生物から狙われるようになります。
(広川市長の指示ではなさそう。ロビーで良子の話を聞いていた3人の寄生生物たちが勝手に起こした行動に思える)
事情聴取を受けた倉森は、沈黙を守ります。寄生生物のことを一切話さず、自分で復讐を誓いました。
平間刑事は倉森の頑なさに、何か知っていると勘づきます。
良子の元に男2人、女1人の刺客がやってきました。気配に気づいた良子は赤ん坊を自室に置き、戦うために自宅マンションの地下駐車場へ3人を誘いだします。
自分の顔のパーツを刺客の背後に飛ばしていた良子は、3人を一気に殺しました。戦いを終えて自室に戻ると、赤ん坊は倉森に奪われていました。

良子の赤ん坊を抱いた倉森は動物園に移動し、平間刑事に電話すると「これから化け物のリーダーと、その子どもを殺す」と言います。平間刑事は逆探知でエリアを特定しました。

【転】- 寄生獣(完結編)2のあらすじ3

里美のところへ良子が現れ、新一の居場所を教えろと言います。里美も知らないと知ると、良子は携帯の電話番号を聞きました。
良子の携帯に、倉森からメールで『東福山動物園』という指示があります。
ネットカフェで寝ていた新一が電話を取ると、良子からでした。
「デートしよう。お前に預けたいものがある。東福山動物園へ来い」と言われた新一は、移動します。また良子の横で通話を聞いていた里美も、異変を感じてついていきました。

良子を見た倉森は、復讐のために子どもを目の前で殺すと言い、橋の上(歩道橋に似ている)で赤ん坊を落とすしぐさを見せます。
そこへ新一とミギーも駆け付けました。平間刑事ら警察も到着し、里美も遠くから見ています。
警官隊が駆け付ける時、赤ん坊を殺そうとする倉森を、良子が殺しました。倉森は警官隊の前で良子の正体を見せたのです。
良子は平間刑事らに囲まれながらも、新一を呼びました。
「私たちをいじめるな。私たちはか弱い生き物だ。強い人間に比べたら、それのみでは生きていけない、か細い細胞体だ」
良子の発言に、新一は驚きます。
「寄生生物と人間は一つの家族、人間の子どもなんだ。そしてお前たち(新一とミギー)は人間と我々を結ぶ〝希望〟だ」
言いながら良子が新一に近寄るので、警官隊は良子に発砲します。新一は警官隊に、赤ん坊は人間だと訴え、平間刑事らは発砲を止めます。
警官隊の弾は良子の身体を撃ち、致命傷を負わせていました。
赤ん坊を髪の毛でくるみ、守った良子は「人間の手で、普通に育ててやってくれ」と言いながら新一に託します。
「この前、人間の真似をして大声で笑ってみた。なかなか気分がよかったぞ」
そう言い、良子は絶命しました。
人間のわが子を守って死んだ良子を見て、自分の母・信子を思い出した新一は、涙を流します。

同じ頃、SATの山岸率いる特殊部隊は市庁舎をひそかに包囲し、寄生生物一掃作戦を決行しようとしています。
人間と寄生生物を区別するために、庁舎の入り口にセキュリティゲートを設置しました。通る人物が人間であれば頭部がありますが、寄生生物が頭を乗っ取っていると、骨がないために頭部がないように見えます。
市庁舎内部にアナウンスして避難誘導させ、寄生生物を見つけるとバスで囲んだ別の場所に移動させ、一斉に発砲して射殺していました。こうして少しずつ寄生生物をあぶり出し、殺します。
念のためSAT以外にも、人間と寄生生物の区別がつく快楽殺人者・浦上も派遣していました。
SATはホールへ移動して広川市長に詰め寄ります。
広川市長は「人間一種のことのみを考える人間は、それでも万物の霊長か」と一喝し、「人間こそがこの地球をむしばむ寄生虫…いや、虫ではなくケダモノ…寄生獣か」と言いました。
発言を聞いたSATは発砲しますが、射殺された広川は人間でした。寄生生物を認める側の、あくまでただの人間だったのです。
それを見た後藤はSATを急襲し、全滅させます。

新一の元にいる平間刑事のところへ、市庁舎のSAT全滅の知らせが入りました。
「5人で1人の奴」という言葉を聞いた新一は、平間刑事について市庁舎へ行きます。
全滅させたのは後藤でした。庁舎の屋上から飛び降りてSATリーダーの山岸の首を放ると、平間刑事を攻撃してきます。
後藤が完全に両手両足を統率しているのを知ったミギーは、車を奪って逃走を図りました。後藤はバイクで追ってきます。
後藤が車の上に乗ったので、ミギーは崖から車を落として脱出しました。しかし後藤も脱出して無事です。
ミギーの脳波を察知して追跡してくるので、後藤を撒くのは無理でした。ミギーは新一から離れて単体で攻撃します。
ミギーは新一を逃がすため、後藤を引き受けました。ミギーが倒されるのを見ながら、新一は走って逃げます。
「出会った時、君の脳を奪わないでよかった」と思いながら、ミギーはとどめを刺されました。

逃げた新一は雨に遭い、山奥にあるごみ焼却施設に入りこみます。
里美から電話を受けた新一は場所を言い、里美がやってきました。ふたりは結ばれます。
里美は新一の右腕が二の腕の途中からなくなっているのに気づきますが、何も言いませんでした。

【結】- 寄生獣(完結編)2のあらすじ4

翌朝。
二の腕の切り口に目を見た新一は、自分の身体の中にミギーの細胞が残っていることを思い出します。そうなると、後藤が追ってくる可能性があります。
必ず戻ると里美に約束し、新一は対決の決意を固めました。やってきた後藤を焼却施設に誘います。
後藤はカモシカのような足に変化すると、高く跳躍して追ってきました。新一は不利な戦いを始めます。
無駄なあがきと思いつつも、スライディングして攻撃を交わしつつ手近の金属棒で、新一は後藤の胴体を刺しました。
「人間が増えて困るのは、ほかの誰でもない人間たちだ。我々はお前たちを救っているんだ」と後藤は言います。
その時、攻撃する後藤の左腕が移動し、新一の右腕に移りました。攻撃のどさくさにまぎれ、ミギーはわざと後藤に吸収されていたのです。
ミギーは後藤の身体から脱出する直前に、主要な神経を切断していました。
また偶然ではありますが、新一が後藤の胴体に刺した棒は、大量の放射性物質を含んでいました。後藤の両手両足は「危険物」から逃れようと、もがきます。
放射性物質を取り込んだ後藤は、パンとはじけました。残ったのはあばらに近い、か弱い生き物でした。
とどめを刺そうとした新一は、「私たちはか弱い生き物だ。だからいじめるな」という良子の言葉を思い出し、逡巡します。はたして人間にその資格があるのかとも自問します。
ミギーから「復活の可能性は五分五分」と聞かされた新一は、一度は運命に委ねてみようかと考えました。
しかし追ってきた里美を見た新一は、「お前は悪くない。でも俺には守りたいものがある」と言って、殺す決断を下します。
残った後藤の胴体を抱きあげると、焼却炉に落としました。後藤を始末します。

新一に元の生活が戻りました。新一は学校に通い始めます。
寄生生物は下火になりました。まだ残っているのでしょうが、どうやら良子の言うとおり、人間との共存が現実になったようです。
ミギーは新一に「長い眠りに就く」と宣言しました。
放射性物質を含んだ棒で後藤を攻撃した際に、新一も放射性物質を浴びていました。
ミギーは除染作業をしていましたが、多くの健康な細胞を使い、自身もまた疲れて眠りに就くといいます。次に起きるのはいつかは分からないと言います。
「夢だと思ってくれ。ここにあるのは、ただの右手だ」と言い、ミギーは応対しなくなりました。
現れた時と同じように、唐突にいなくなったミギーに、新一は「忘れられるわけないだろう」と呟きます…。

…何年か後。
里美とデートした新一は、施設に預けられた良子の息子・たいきに会いに行きます。たいきは健康ですくすくと育っていました。
新一が飲み物を買いに行った間に、ナイフを持った浦上が里美を拉致します。浦上は市庁舎のSAT全滅騒動のどさくさで、脱走していました。
浦上はビルの屋上にいた男の首を切って殺し、ナイフを里美に突きつけながら、追ってきた新一に「俺は何なんだ。バケモンの立場から答えてくれ」と聞きます。昔から人間同士が殺し合いをしていたのを引き合いに出し、「俺こそが人間だよな」と言います。
「バケモンはあんただ」と言った里美は、屋上から突き落とされそうになりました。
新一はナイフを左手ではじいて浦上を殴って気絶させると、右手で里美に手を伸ばします。

しかし一歩遅く、新一の手は里美に届きませんでした。
届かなかったことを嘆く新一は、「人間は他の種と寄り添える生き物だ。人間が持つ、愛おしい習性だ」と話すミギーの幻を見ます。
「だから、もうそろそろ引き受けてくれるかな」
次の瞬間、新一の右腕に重みが伝わりました。新一の右腕は、里美をしっかりと握っていました。この瞬間のみミギーが起き、里美を助けるのを手伝ってくれたのです。
里美を屋上に引き上げた新一は、右腕に呼びかけますが、応じません。
その手を両手で包むと、里美は「ありがとう」と言いました。里美は何かを察しているようですが、新一に何も聞きません。
里美に新一は、昔ゴミ箱に捨てた子犬を、そのあと拾って木の根元に埋めたことを告げました。
里美は「知ってたよ。それは新一君、新一君だから」と答えます。

(エンドロール)上からキャスト名が降ってくる。
海中に代わり、寄生生物が泳ぐ。そのなかにミギーもおり、一緒に泳ぐ。

みんなの感想

ライターの感想

前編に較べると若干失速した感があるものの、ほぼ満足。
原作ファンからすると、けっこう重要なポイントを省いているところもあり、不満もあるかも。
(私はアゴを乗っ取るジョーが好きだった。あと新一の父も)
主人公である新一に活躍させるため…だと判ってはいても、そういう省いた部分が残念。
あと、けっこう時間割いてるけど、ラブシーンは必要ないかな(笑)。

映画の感想を投稿する

映画「寄生獣(完結編)2」の商品はこちら