映画:CASSHERN

「CASSHERN」のネタバレあらすじと結末

SF映画

CASSHERNの紹介:2004年に公開された日本の映画です。タツノコプロのアニメ「新造人間キャシャーン」を原作とした実写映画となりますが、話は別物です。映像作家である紀里谷和明氏にとっては、初の商業映画デビュー作品となります。キャスト陣が豪華なのが特徴的で、制作費は何と6億円にも上ります。なお余談ですが、アクボーン役として出演している宮迫博之氏は泥まみれの水槽から登場するシーンで、目を開けたまま出てきてほしいという監督の要望に応え、眼病になったそうです。

あらすじ動画

CASSHERNの主な出演者

東鉄也/キャシャーン(伊勢谷友介)、上月ルナ(麻生久美子)、東博士(寺尾聰)、東ミドリ(樋口可南子)、上月竜三(小日向文世)、ブライキング・ボス(唐沢寿明)、アクボーン(宮迫博之)、サグレー(佐田真由美)、バラシン(要潤)、上条将軍(大滝秀治)上条ミキオ(西島秀俊)、内藤薫(及川光博)、老医師(三橋達也)、坂本(寺島進)

CASSHERNのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- CASSHERNのあらすじ1

CASSHERNのシーン1 大亜細亜連邦共和国はヨーロッパ連合と50年にも及ぶ戦争を繰り広げ、見事に勝利を収めました。
ユーラシア大陸全土を制覇した大亜細亜連邦共和国でしたが、公害病という新たな脅威に脅かされます。

そんな中、遺伝子工学の東博士がとある少数民族から新造細胞を見つけたと発表しました。これはあらゆる細胞に変身できるという万能細胞で、培養に成功した暁には人間のスペアパーツを生み出せるという画期的なシロモノだったのです。
学会の聴収者は馬鹿馬鹿しいという反応を見せるが、国家元首の上条将軍は自らの延命のため、「日興ハイラル」の社員である内藤を通して、研究の協力を申し出ます。東博士は余命僅かな妻を助けたい一心で協力を受け入れ、研究の完成を急ぎました。

東博士の息子鉄也は父への反発心から、従軍を決意します。戦地へ赴く前日、東博士は親友の上月博士を招き、記念撮影を行いました。
そこで東博士は息子の鉄也と口論になり、新造細胞の仕事場へ向かいます。鉄也は恋人の上月ルナを残し、戦場へ行きました。

それから1年後、第七管区前線で戦っていた鉄也は坂本上官に命令された新人を庇うため、罪もない女性を射殺します。それからしばらく後、赤子を拾い上げた際、その母親が持っていた手榴弾によって、死んでしまいました。

東博士は視力を失った妻ミドリの症状を治すため研究を急ぎますが、その矢先、息子の死を知らされます。鉄也の遺体は陸軍本部へと移送されることになりました。

鉄也の遺体が届く寸前、研究所の新造細胞培養液に、稲妻が落下します。それによって新造細胞が完成し、培養液に入っていた人間のパーツが融合を始め、次々と生命体が誕生しました。

【承】- CASSHERNのあらすじ2

CASSHERNのシーン2 謎の生命体に脅威を感じ、内藤は射殺するように命令を下します。命令を受けた軍は生命体を射殺していきました。内藤は異常事態について、上条将軍に報告します。
ブライキング・ボス、サグレー、バラシン、アクボーンの4人だけが生き残りました。息子の鉄也の訃報を知って、たまたま研究所を訪れていたミドリを人質にして、彼らは逃亡します。

事態を知った東博士は鉄也の死体を培養液に沈めます。新造細胞の力により、鉄也は復活を遂げました。

東博士は復活した鉄也を、親友の上月博士に託します。鉄也の体は異常な筋肉の発達によって、ダメージを受けていました。
彼の身を守るため、上月博士が新開発のスーツを着せます。これによって、鉄也は生き長らえることができました。

ブライキング・ボスたちは北の地にて、ヨーロッパ連軍が使っていた要塞とロボット兵器を見つけます。
彼らは北の地の要塞をアジトに選び、仲間を射殺した人間に対して、復讐することを誓います。
ブライキング・ボスたちは新造人間と名乗り、ロボット兵器を使って、戦いをおっぱじめます。その第一歩として、彼らはロボットを作るための科学者をさらい始めました。

上月博士の家にも新造人間のサグレーとアクボーンがやってきます。上月博士を連れ去ろうとしたとき、娘のルナが止めようとしました。しかし新造人間に敵うわけもなく突き飛ばされ、サグレーは上月博士を刺します。
その瞬間、新開発のスーツを着た鉄也が動き出し、新造人間たちと激し戦いを繰り広げます。鉄也は新造人間サグレーを倒しますが、奮闘虚しく、上月博士は死んでしまいました。

鉄也とルナは上月の家を出て、ブライキング・ボスとロボット集団に遭遇します。母のミドリを攫った男だと気付き、鉄也は戦いを挑みました。
類まれなる戦闘力でロボット集団を倒していきますが、新造人間のボスであるブライキング・ボスには敵わず、敗北してしまいます。
そうして鉄也とルナは街を離れました。

【転】- CASSHERNのあらすじ3

CASSHERNのシーン3 第亜細亜連邦共和国上層部との会合が開かれ、東博士と内藤は新造細胞完成についての話をしました。
そこに上条将軍の息子、ミキオがやってきます。ミキオは自分が生き延びることしか考えない上層部に嫌気が差し、クーデーターを実行に移しました。その結果、軍の指揮権はミキオに移動します。

鉄也とルナは公害病が漂う森を移動します。それによってルナが公害病に陥り、気を失いました。
そこへ老医師が通りがかります。老医師は鉄也とルナを助け、第七管区へと連れて行きました。
そこで老医師はルナを治療します。鉄也は老医師から、この村の住人が大量に連れ去られたこと、この地にはキャシャーンという守り神がいることを聞きました。

その直後、第七管区が襲撃を受けます。村の住人を攫っていたのは軍の人間でした。新造人間のアクボーンやバラシンも姿を現します。
バラシンはサグレーを殺した鉄也を憎んでいました。鉄也とバラシンは、激しい争いを繰り広げます。
戦い続ける彼らを尻目に、軍の人間が住民を拉致し始めました。ルナも連れ去られてしまいます。

ルナや住民たちは列車の研究施設に閉じ込められました。研究所から逃げる際、ルナに助けてもらったアクボーンは恩を返すため、列車に乗り込みます。そうしてアクボーンはルナを守って、重傷を負いました。
列車に居合わせた東博士がルナとアクボーンを助けます。彼らはすべての始まりとなった研究所の培養液に向かいました。
そこで待ち受けていた内藤は、彼らに銃を向けます。その瞬間、研究所が崩壊し、内藤は瓦礫に押しつぶされました。

時を同じくして、バラシンを倒した鉄也の元で稲妻が生まれます。その光に体を包まれ、鉄也は研究所へワープしました。
鉄也が突然現れ、ルナと東博士は驚きます。ブライキング・ボスもやってきました。
ブライキング・ボスは鉄也は自分の弟として生まれ変わると言い、気を失っている彼を連れ去ります。その後をアクボーンを背負ったルナがついていきました。

【結】- CASSHERNのあらすじ4

CASSHERNのシーン2 北の地の要塞にたどり着くもアクボーンは死んでしまいました。彼の死を看取ったルナとブライキング・ボスは嘆き悲しみます。
ブライキング・ボスは「ありがとう」とルナに言い、鉄也を母のミドリの元へ連れて行きます。ミドリは公害病に侵され、眠っていました。
鉄也はブライキング・ボスが何かしたと思い、戦いを挑みます。ブライキング・ボスにとって、ミドリはただ1人、手を差し伸べてくれた人間でした。ミドリは新造人間を救っていたのです。
鉄也に仲間になれと説き、ブライキング・ボスはその場を後にしました。

上条将軍は汚い手を使い、新造人間を作ったのは息子のミキオだと事実を捻じ曲げ、クーデーターを終わらせます。ミキオは帰るつもりはないと啖呵を切り、父からの電話を終わらせました。

第亜細亜連邦軍とロボット兵器の戦いが激しさを増します。鉄也は母の幻影を通して戦いを止める決意を固め、ブライキング・ボスは巨大な最終兵器を起動させました。
最終兵器は戦場を蹂躙し始めます。鉄也は最終兵器を止めに向かいました。

北の地の要塞に東博士とミキオがやってきます。
東博士は妻ミドリが死んだことを知り、遺体を抱きかかえました。
ミキオはブライキング・ボスに真実を告げます。新造人間は元はただの人で、第七管区の住民だったのです。
第七管区の人々は人間の始祖「オリジナル・ヒューマン」の一族であり、上条将軍を延命させるため、軍は彼らを実験材料として使ったのです。
ブライキング・ボスは「自分が人間なわけはない」と叫び、脳裏に人間だった頃の記憶が蘇り始めます。彼は受け入れず、ミキオの手榴弾の爆発に巻き込まれました。

最終兵器を止めた鉄也は、ブライキング・ボスの記憶を垣間見ます。
軍に捕まり、妻と息子、自分自身も殺されたのでした。そして彼の妻を殺したのは、上官に命令された鉄也だったのです。
鉄也は叫び、それと同時に最終兵器が爆発します。光の力に守られ、鉄也は無事でした。

ブライキング・ボスは炎に包まれ、死に絶えます。鉄也も駆け付け、ブライキング・ボスに「許してくれ」と謝りました。
すると東博士が妻ミドリの遺体を抱え、自宅に帰ると言い出します。鉄也は母は死んだと言いますが、東博士は生き返ると口にしました。
2人の生死の考えは対立し、東博士は「どうせすぐに生き返る」としてルナを射殺します。怒った鉄也は父の東博士を殺害しました。
新造細胞の力によって、ルナが蘇ります。戦場の人々も蘇り始めました。
人々の体から立ち上がった光が空に集まります。鉄也とルナの体も光と化し、空へと飛んでいきました。
光は宇宙空間を飛び、どこかの星に降り立ちます。

みんなの感想

ライターの感想

ブライキング・ボス役の唐沢寿明さんがかっこよすぎます。もはや主人公を食うほどの存在感を醸し出していました。新造人間のほうが感情移入でき、主人公の父親のクズっぷりも終盤になるにつれて、際立ってきたなと思います。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「CASSHERN」の商品はこちら