「EVAエヴァ」のネタバレあらすじと結末の感想

SF映画

EVA〈エヴァ〉の紹介:2011年公開のスペイン映画。ロボット開発の仕事を頼まれた科学者の男性が、1人の美少女をヒントに制作していく過程を描いている。ゴヤ賞で視覚効果賞など3部門を受賞した作品。

予告動画

EVAエヴァの主な出演者

アレックス・ガレル(ダニエル・ブリュール)、ラナ・レヴィ(マルタ・エトゥラ)、ダヴィッド・ガレル(アルベルト・アンマン)、エヴァ(クラウディア・ベガ)、ジュリア(アンヌ・カノヴァス)、マックス(ルイス・オマール)

EVAエヴァのネタバレあらすじ

【起】- EVAエヴァのあらすじ1

2041年。雪山の崖から落ちかけている科学者のラナの姿があります。彼女の娘のエヴァは、叔父のアレックスの家をノックします。アレックスはラナは?と問いかけます。
時は少し前に遡り、ロボット科学者のアレックスは10年ぶりに故郷へと帰ってきます。兄のダヴィッドが迎えに来てくれます。アレックスは、しばらく空き家となっている亡き父の家に住むことにします。
一緒に住むのは、自立型のプロトタイプの猫です。猫とともにアレックスは、恩師のジュリアがいる研究所に行きます。学生たちが授業を受けてる中、アレックスは彼女に会いに行きます。
アレックスが故郷に帰ってきたのは、ジュリアから仕事の依頼をされたからでもあります。ジュリアは、アレックスが昔設計したロボット「SI9」を再現していました。後は感情の機能を組み込むだけとなっています。ジュリアはそれをアレックスにしてもらいたいのです。
このSI9はプロトタイプであり、子供の男の子をモデルにしていました。候補者の男の子を探しますが、アレックスはピンと来ませんでした。
アレックスが家にいると、マックスと呼ばれるダヴィッドが開発したSI9がやってきます。規則で強制的に帰ることはできないので、マックスは家の中に入り、黙々と家事をし始めます。
帰って欲しいアレックスでしたが、彼の能力の高さに驚きます。料理のみならず、言葉も何カ国語も話せるのです。
アレックスは研究所で学生たちに教えるラナに会いに行きます。彼女は元恋人で、今はダヴィッドの妻でした。
ラナとダヴィッド、アレックスの3人は10年前にチームを組んで研究開発をしていましたが、アレックスが突然とどこかに行ってしまいました。

【承】- EVAエヴァのあらすじ2

ある日、アレックスが公園を見ていると、赤い服を来たエヴァという少女に目がいきます。彼女はアレックスのことを変質者と呼びます。アレックスは仕事に協力してくれないかと頼むと、彼女は帰っていきます。
アレックスは自宅に持ち帰ったプロトタイプに感情を入れていきます。脳と呼ばれるプロセッサーを組み込み、画像を見ながら感情を入れ込んでいきます。
ダヴィッドに夕食を呼ばれ、アレックスは渋々行くことにします。2人の家にエヴァがいました。エヴァは彼らの娘だったのです。彼女は空気を読んだのか、初めましてとウィンクをしてきます。
家族団欒の様子をアレックスは撮影します。そして自宅に帰って見ていると、どうしてもラナに視線が行ってしまいます。
翌朝、アレックスは外にエヴァが来てるのを発見します。アレックスはエヴァに遊びをしようと、画像を見ながら、その感情を一言で表現して欲しいと頼みます。
最後の一つだけ、喜びに見えるものが、悲しいとエヴァは表現します。その理由を尋ねると、エヴァは怒ってしまいます。
出ていったエヴァでしたが、1人で帰れないので戻ってきます。協力してくれた代わりに、アレックスはロボットの作り方を教えてあげます。
プロセッサーをプロトタイプに導入すると動き始めます。人間と同じで経験値で成長していきます。
アレックスはジュリアに、プロトタイプを女の子にしようと提案しますが、断られてしまいます。
ラナはエヴァから話しを聞いて、仕事に娘を使わないで欲しいとアレックスに頼みます。

【転】- EVAエヴァのあらすじ3

アレックスは両親が嫌がってることから、エヴァとの実験を止めることにします。エヴァはつまらないよと言ってくるので、実験じゃなくてテストなら良いとアレックスは判断します。
2人は一緒にスケートをしたり、雪山に登ったりします。エヴァは、自分たちの家とダヴィットの家が別々であることをアレックスに説明します。
それから1人でアレックスはプロトタイプの調整を行います。画像を見ながら感情を聞いていくと、独創的な答えが返ってきて、アレックスはふと笑ってしまいます。それに対し、エヴァと同じように怒り出したプロトタイプは工具を投げつけてきます。プロトタイプは機能停止になります。
アレックスがパーティーに行くと、ラナとダヴィッドも来ていました。踊れないアレックスは帰ろうとしますが、やはりラナと踊ることにします。
良いムードとなっていて、ダヴィッドはたまらず何処かへ行ってしまいます。2人は彼を探しに外へと向かいます。
中々見つからず、ラナは後10年は急にいなくなったアレックスのことを許せませんでした。その話しをしていると、アレックスはラナにキスをしてしまいます。
ラナは帰って行きますが、その様子を見ていたダヴィッドが殴りかかってきます。喧嘩となって、ダヴィッドは出て行けと言い放ちます。
アレックスはジュリアに、もうSI9は作れないと言います。また途中で投げ出すのとジュリアは問いかけ、しばらく休暇をとることを勧めます。
エヴァは悲しい顔をしているアレックスに会います。アレックスはなぜ一緒に両親が住んでないことを言ったのか問いかけ、町を出ることを伝えます。エヴァがひどいよと言います。

【結】- EVAエヴァのあらすじ4

自宅で身支度を整えているアレックスの元に、ラナがエヴァから話しを聞いたとやってきます。燃え上がった2人はキスをし、ある重大な話しをすることになります。ラナはだから似ているのと話しています。
エヴァは窓からその様子を覗いていました。唇の動きから悟り、飛び出していきます。気づいたラナが彼女を追いかけます。アレックスには2人きりで話したいからと伝えておきます。
雪山に向かうと、エヴァの手袋が落ちていました。発信機を使って、ラナはエヴァの所在を確かめます。
そして白目を向いているエヴァがうつ伏せで倒れていました。ラナが彼女の背中を切り裂くと、出血が少しありますが、中からは電源パネルが出てきます。
実はエヴァはSI9だったのです。アレックスが10年前に去った後、ラナが1人で完成させたのです。最初にSI9を作ったラナでしたが、テスト段階で安全基準を満たしませんでした。ラナはエヴァを引き取ることにしたのです。
ラナはエヴァの電源パネルを開き、別の液体の入った容器と交換します。するとエヴァは動き出しますが、取り乱した様子になります。
ラナが落ち着くように言いますが、もみ合いとなってしまいます。拍子にラナが転んで滑っていき、冒頭の場面へと戻ります。そして自分を支えきれなくなり、ラナは下へと落下していきます。
エヴァはアレックスの元に向かいます。アレックスはダヴィッドからの連絡で、ラナの運ばれた病院へと向かいます。ラナの心停止の音が鳴り響きます。エヴァは自分がラナを押してしまったと、アレックスに泣き続けます。
ジュリアはエヴァをラナに任せたことに責任があると思い詰めます。そしてエヴァの解体を決めますが、アレックスがやると進言します。
エヴァは良い子でいたいからと、アレックスに助けを求めます。そしてベッドの上で、ラナが読んでくれた絵本を読んで欲しいとアレックスに頼みます。その本はアラビアンナイトの本でした。
エヴァは助けてくれるよねと言い、アレックスは彼女を抱きしめます。エヴァのプロセッサーが開かれ、だからどちらにも似てると言っていたラナの台詞から、今までの思い出が映し出されます。
アレックスが目を閉じたら何が見える?と聞くと、エヴァはたくさんの光が見えると答えます。そして父と母、自分がずっと遊んでいると言います。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は近未来を舞台に、雪で覆われた景色など美しい映像が流れます。街や山の様子、スケートする凍った湖など白を基調とした映像に癒やされます。
また、景色だけでなく、プロセッサーの映像も美しくなっています。様々な形をしたプロセッサーがキラキラと光っています。
人間型などのロボットも登場する映画で、特に注目して欲しいのはアレックスの家にいる猫のロボットです。自由な猫で本物のようで可愛らしいです。
今作の見所は、エヴァが実はロボットだったという隠された事実にあります。これが分かった時の驚きは他に類を見ないです。
最後まで見終わり、ロボットがたくさんいる将来を予感させてくれました。最後のエヴァの映像が切なくて印象に残った映画です。

映画の感想を投稿する

映画「EVAエヴァ」の商品はこちら