映画:GODZILLA怪獣惑星

「GODZILLA怪獣惑星」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

GODZILLA 怪獣惑星の紹介:2017年公開の日本アニメーション映画。製作は東宝。怪獣映画の王道『ゴジラ』の正統な一作で、シリーズとしては初のアニメ作品でもある。全3部作として構成されていて、本作品はその第1章にあたる。監督は『名探偵コナン』シリーズの静野孔文と『亜人』『シドニアの騎士』などの瀬下寛之。原案・脚本は『魔法少女まどか☆マギカ』『PSYCHO-PASS サイコパス』の虚淵玄。シリーズ構成に『パーフェクトブルー』『千年女優』などの村井さだゆき。本作の前日譚にあたる小説として『GODZILLA 怪獣黙示録』が公開前に出版された。そして物語は第2章の『GODZILLA 決戦機動増殖都市』に続いている。

あらすじ動画

GODZILLA怪獣惑星の主な出演者

ハルオ・サカキ(宮野真守)、ユウコ・タニ(花澤香菜)、マーティン・ラッザリ(杉田智和)、アダム・ビンデバルト(梶裕貴)、エリオット・リーランド(小野大輔)、メトフィエス(櫻井孝宏)、ムルエル・ガルグ(諏訪部順一)

GODZILLA怪獣惑星のネタバレあらすじ

【起】– GODZILLA怪獣惑星のあらすじ1

地球から1.9光年離れたくじら座タウ星eの軌道上、移民船アラトラム号の船中でハルオ・サカキが惑星降下用のシャトルに立て籠もり、移民計画の中止を訴えていました。20年の歳月をかけてこの星にやってきたアラトラム号でしたが、タウ星eは人類の生存に適さずとても移民の対象にはならない星でした。ハルオは移民として直陸するメンバーは老人ばかりで、事実上の口減らしだと主張しましたが、着陸メンバーの一人であるダイチ老人は、移民船での暮らしに疲れ、異星であっても大地の上で死にたいとハルオに訴えます。やむなくハルオは投降し、着陸艇が発進しました。しかし着陸艇はタウ星eの大気圏に突入したところで爆発してしまいます。監禁されたハルオは窓から呆然とその様子を見つめていました。

20世紀末、地球環境の悪化によってそれまで知られていなかった巨大な怪獣たちが次々と現れ、都市を破壊していきました。人類は総力をあげて怪獣と戦うようになりましたが、怪獣の中でも特に強大な怪獣「ゴジラ」にはどんな武器も通じません。核の集中攻撃すらゴジラを倒せず、人類は次第に追いつめられていきました。

そんな中、2035年にエクシフ、2036年にビルサルドという2種類の人型異星人が地球に到着します。それぞれ自らの母星を失い宇宙を漂流していた彼らは、地球への移民と引き換えにその科学力による怪獣の駆逐を申し出ます。しかし彼らの技術を応用した兵器ですらゴジラには通じず、また決戦兵器として作られたメカゴジラは起動すら出来ずに人類はさらに追いつめられていきました。そして遂に2048年、人類とエクシフ、ビルサルドの3種族は地球を捨てて他の太陽系に移民することを決めました。

その当時、幼かったハルオは空港で移民船に向かうシャトルに乗り込もうとしていましたが、後からやってきた両親がゴジラに殺されるのを目撃します。ハルオを乗せたシャトルは無事に飛び立ち、移民船は地球を離れましたが、長い宇宙生活は次第に人々を蝕んでいきました。物資は次第に先細りするばかりで病気や絶望による自殺で人口は減るばかりです。そんな中、ようやく到着したタウ星eもまた移民に適さない環境だったのです。

監禁されたハルオは異星人エクシフの神官メトフィエスから極秘データの提供を受け、密かにゴジラを倒すための計画を練り始めていました。この事が露見すればメトフィエスも無事では済みませんが、彼はゴジラへの憎しみを抱くハルオに何かを期待してるようでした。

アラトラム号の首脳部は移民計画が事実上の失敗に終わった今、今後の方針をどうするか迷っていましたが、ハルオが匿名で船内のネットにアップロードしたゴジラ撃滅プランが人々の支持を集めていたことから地球への帰還を決定します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「GODZILLA怪獣惑星」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×