映画:LOOPERルーパー

「LOOPERルーパー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(7件)

SF映画

LOOPER/ルーパーの紹介:2012年製作のアメリカ映画。タイムスリップによって30年後の世界からやってきた自分と対峙することになる暗殺者の数奇な運命を描くSFアクション。若手有望株のジョゼフ・ゴードン=レヴィットが暗殺者を、ブルース・ウィリスが30年後の主人公に扮し初共演。

あらすじ動画

LOOPERルーパーの主な出演者

ジョー(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)、オールド・ジョー(ブルース・ウィリス)、サラ(エミリー・ブラント)、セス(ポール・ダノ)、キッド・ブルー(ノア・セガン)、スージー(パイパー・ペラーボ)、エイブ(ジェフ・ダニエルズ)、シド(ピアース・ガニォン)、オールド・ジョーの妻(シュイ・チン)、ベアトリクス(トレイシー・トムズ)、オールド・セス(フランク・ブレナン)、ジェシー(ギャレット・ディラハント)、デイル(ニック・ゴメス)、ザック(マーカス・ヘスター)

LOOPERルーパーのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①近未来のアメリカ。タイムトラベルを悪用して暗殺業をするジョーはある日、未来の自分を派遣され取り逃がしてしまう。このままだと自分が組織に殺されると思ったジョーは、未来の自分オールド・ジョーを捜す。オールド・ジョーは未来で脅威となる存在・レインメーカーを幼いうちに殺そうと考えていた。 ②レインメーカーの候補者は3人。そのうちの1人・シドの元に先回りしたジョーは、シドこそがレインメーカーと気づく。オールド・ジョーがシドの母・サラを殺そうとした時、それは不正解だと気づいたジョーは自殺してサラとシドを救った。

【起】– LOOPERルーパーのあらすじ1

LOOPERルーパーのシーン1

画像引用元:YouTube / LOOPERルーパートレーラー映像

近未来。

2044年、アメリカ・カンザス州。

2044年の世界ではタイムトラベルは未開発ですが、30年後(2074年)の世界ではタイムトラベルが可能になっています。

しかし法律ではタイムトラベルの使用は禁止されており、犯罪組織が秘密裏に悪用していました。

どのように悪用するかというと、死体の処理です。

30年後の未来では、死体の始末がほぼ不可能なくらい身元追跡調査が発達しています。

そこで未来の犯罪組織は「殺したい相手」を30年前にワープさせるのです。30年前つまり2044年の世界では、未来の犯罪組織と契約した殺し屋、通称・ルーパー(LOOPER)が待ちうけており、暗殺と死体の始末を行なうという仕組みでした。標的は縛られて、顔に袋をかぶせられた状態で現れます。

若い男・ジョーは時間通りに現れた標的を殺し、〝存在しない死体〟を焼却炉に入れればいいだけです。標的の背中に銀の延べ棒が背負わされており、それが報酬でした。

アメリカは貧富の差が激しくなっており、ジョーはスラム街に近い場所に住み、ルーパーの仕事をしながら金を貯めています。目標額が貯まれば引退して、フランスで一旗揚げるのが夢でした。

2044年では突然変異でTKという、テレキネシス(念動力)の能力を持つ人間が10%の割合で生まれています。しかしせいぜいがコインを浮かせる程度の力でした。

ある日、ジョーたちルーパーの契約が打ち切られ始めます。

タイムトラベルは違法なので、契約を解除する時には、自分たちの存在も全て消し去ることを、ジョーたちは承諾させられていました。最後に殺すのは〝未来の自分たち〟で、背中には銀ではなく金の延べ棒が背負わされています。

それを〝ループを閉じる〟と言い、契約解除になったルーパーは、余命30年を生きます(30年後に殺されることは明白だから)。

同僚の男友達・セスがある夜、ジョーを頼ってきました。セスもループを閉じられたのですが、未来の自分を殺せず、取り逃がしてしまったのです。

オールド・セス(未来のセス)は、通称〝レインメーカー〟なる者が全てのループを閉じていると、セスに話した後に逃亡しました。

ジョーはセスを床下金庫に匿いますが、未来から派遣された上司のエイブに脅されます。かつて時計店で盗みを働いていたジョーを引き立て、ルーパーにしたエイブはジョーに「フランスじゃなくて中国語を勉強しろ。中国の方が将来性がある」と脅し、ジョーはセスを引き渡します。

現在のセスが捕らえられて、拷問のため四肢を少しずつ切断されました。現在のセスの影響で、オールド・セスの腕に「ワイヤー通り75番地へ、15分以内に」という文字が浮き上がり、右手の小指から1本ずつ消えていきます。

オールド・セスは急いで目的地に向かいますが、脚も切断され、鼻も剃られて、辿りつく頃には死んでいました。

自分の財産が奪われることを恐れて親友を引き渡したことを悔いながらも、ジョーは娼婦の女性・スージーと楽しいひと時に慰められ、点眼薬タイプの麻薬で誤魔化しながら生きていました。

そのジョーもある日、ループが閉じられます。

いつものようにサトウキビ畑の脇で待っていたジョーは、時間になっても標的が現れないのを不審に思います。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「LOOPERルーパー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×