映画:OSIRISオシリス

「OSIRISオシリス」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

SF映画

OSIRIS/オシリスの紹介:人類が外宇宙への移住を始めた未来の世界で、移住先のひとつとなった惑星オシリスで、収監されていた凶悪犯たちが脱獄するという事件が発生。主人公はパニックに陥るオシリスの首都から、愛する娘を救出しようと奔走する・・・というSF映画で、登場人物の秘められた過去が徐々に明らかになっていく構成になっています。

あらすじ動画

OSIRISオシリスの主な出演者

ケイン(ダニエル・マクファーソン)、サイ(ケラン・ラッツ)、インディ(ティーガン・クロフト)、ビル(ルーク・フォード)、ジプ(イザベル・ルーカス)

OSIRISオシリスのネタバレあらすじ

【起】– OSIRISオシリスのあらすじ1

OSIRISオシリスのシーン1

画像引用元:YouTube / OSIRISオシリストレーラー映像

今よりはるか未来の地球で、人口過密が大きな問題となり、人類は外宇宙へと進出し始めていました。惑星オシリスも、多くの人が移り住んだ移住先で、エクソールと呼ばれる組織がこの惑星の住人を管理していました。そして、オシリスを地球の人々が住めるよう開拓するために、地球で犯罪を犯した囚人が労働者として刑期の代わりに使われていました。

そんな中、エクソールの管理部に勤めるケインの元に、幼い娘・インディが地球から訪ねて来ます。仕事にかまけて家族を顧みないケインに長い時間をかけて旅して来たインディに、ケインは自分の仕事場であるオシリスの狩場やシェルターを案内します。ケインがオシリスの上空にあるエクソールの本部へ戻ると、オシリスで囚人たちの暴動が起きたという知らせが入ります。

エクソールの女性司令官は、囚人たちはオシリスで密かに研究開発した細菌に感染しており、オシリスの首都・フローティアに潜入して菌をばらまくと脅していると部下たちに説明します。この細菌は非常に危険なもので、もし市民に蔓延して、改善が見られない場合は、蔓延した町そのものを「破壊する」という緊急措置が取られることになっていました。そのタイムリミットは、あと24時間後でした。

フローティアにいるインディの身を案ずるケインの元へ、親しい役人がやって来て、オシリスで起きていることの真実を話します。オシリスの刑務所では秘密裏に人体実験を行っており、囚人を凶暴なモンスターに変化させる薬品を開発していました。これから訪れる新しい星を「植民地化」する際に、抵抗する原住民を支配するための強力で無慈悲な兵士として、モンスターを使用するつもりだったのです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(1件)

ライターの感想

高度に文明は発達したものの、その反動で人口が爆発し人類は外宇宙へ「生きる術」を求めた・・・という設定の物語ですが、「SFモノ」としては、それほど目新しい設定やビジュアルなどは少なかったでしょうか。オシリスの刑務所を守る看守の服装が、まんま「剣道着」なのにはビックリしましたが、やはりネット上での感想も、剣道着に触れてる人が多いですね!

また、こちらもネット上でよく語られているのが、オシリス刑務所での刑罰、「でかい洗濯機の中のような、ローラー地獄」ですね。確かにこれは、延々続けられたら気が狂いそうです。また、刑務所を脱走する際の「囚人同士の大ケンカ」や、ケインとサイが出会うパンクなカップル・ビルとジプなども、ちょっと描写が「類型的」すぎるかなという気がします。

しかし、終盤になりまさか「主人公格」のケインが死んで、インディがサイと生き残るという展開は意外や意外でした。ここで明かされるサイの過去にもグッとさせられます。映画本編は章立てになっていて、ケインとサイがフローティアを目指す展開と、サイの過去が明かされる話が、時系列を入れ子にして語られる構成になっているのですが、あらすじではわかりやすいように、サイの過去は最後にまとめました。

中盤過ぎまでは「よくあるディストピア系SFに、モンスターを絡めたもの」という印象でしたが、最後の最後に「そう来たか!」と思わせてくれる、なかなか悪くない作品でした。ただ、最初に「ボリューム1」って出るんですけどね、検索してもなかなか出てこないのですが、シリーズ化されてボリューム2や3は作られたんでしょうか・・・?

映画の感想を投稿する

映画「OSIRISオシリス」の商品はこちら

IMAGE

OSIRIS/オシリス(字幕版)

Prime Video > 映画
ダニエル・マクファーソン(出演),ケレン・ラッツ(出演),イザベル・ルーカス(出演),シェーン・アビス(監督),シェーン・アビス(Writer)

レンタル価格¥400~
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20