SF映画のネタバレあらすじ一覧(3ページ目)

最新作からおすすめの名作まで、様々なSF映画をまとめています。SF映画はエイリアンや宇宙船、宇宙戦争、深海、タイムトラベル、超能力などの題材が多く扱われます。

ディープ・インパクトの紹介:1998年製作のアメリカ映画。巨大彗星の衝突によって大破局を迎えた地球の最後の日々の人間模様を描いたパニック大作。監督は「ピースメーカー」のミミ・レダーで、彼女の監督第2作。脚本は「ザ・プレイヤー」「ニュー・エイジ」(監督も)のマイケル・トルキンと「ゴースト ニューヨークの幻」のブルース・ジョエル・ルービン。製作総指揮はドリームワークスの総帥である「アミスタッド」のスティーヴン・スピルバーグと、「コンタクト」のジョアン・ブラッドショーと「ピースメーカー」のウォルター・パークス。製作は「ドライビング・Missデイジー」の名製作者リチャード・D・ザナックとデイヴィッド・ブラウンのコンビ。撮影のディートリッヒ・ローマン(遺作となった本作は彼に捧げられている)、美術のレスリー・ディリー、編集のデイヴィッド・ローゼンブルームは「ピースメーカー」に続く参加。音楽は「タイタニック」のジェームズ・ホーナー。特殊視覚効果はスピルバーグの一連の作品で名を馳せるILM。出演は「フェノミナン」のロバート・デュヴァル、「アミスタッド」のモーガン・フリーマン、「アメリカの災難」のティア・レオーニ、「フリッパー」のイライジャ・ウッド、「ジャングル2ジャングル」のリリー・ソビエスキー、「ミッション:インポッシブル」のヴァネッサ・レッドグレイヴ、「17 セブンティーン」のマキシミリアン・シェルほか、新旧多彩な布陣。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「The Witch/魔女」のネタバレあらすじ結末

SF映画

ある組織の遺伝子研究所で人体実験の被験者になった少女が、実験のせいで特殊な能力を持つようになる。脅威を感じた組織が彼女を抹殺しようとするが、いち早くそれに気づいた少女はそこを逃げ出し傷だらけになって酪農家夫婦に介抱され10年間自分たちの娘として育てられる。だが少女には10年間秘めた思いがあり、自ら組織をおびき寄せる行動に出る。 2018年制作 韓国映画 監督;パク・フンジョン ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
精力的な活動を続ける三池崇史監督が、宮藤官九郎の脚本を得て、主演の哀川翔をコスプレヒーローに仕立て上げるという、奇想天外な市民ヒーローもの映画です。防衛庁の役人を演じる渡部篤郎の、素っ気ない態度やセリフが存在感を示し、「ゼブラナース」に扮する鈴木京香の魅力も見どころです。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
木城ゆきとのSF漫画『銃夢』をジェームズ・キャメロン脚本・製作で実写映画化。鉄くずの山から少女の姿をしたサイボーグを見つけたイドは、新たな体を与えアリータと名付けた。アリータは父親同然のイドに感謝しながらも、戦いに惹かれていく気持ちを抑えられずにいた。戦いの中で記憶を取り戻したアリータは、かつての敵に再び立ち向かう。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2006年公開のアメリカ映画。DCコミックスの漫画を原作とする「スーパーマン」シリーズの第5作。1978年の第1作「スーパーマン」、1980年の「スーパーマンⅡ/冒険篇」の続編であり、初代スーパーマン、クリストファー・リーブに代わって主演を務めるのはブランドン・ラウス。舞台はスーパーマンが地球を去ってから5年後の地球。かつてスーパーマンと愛し合ったロイスは、別の男性と婚約して既に母親になっていた。その事実を知り、傷心のスーパーマン。それでもめげずにヒーローとして人々を救う彼は、やがてかつての宿敵、レックス・ルーサーと再び対峙することになるのだった。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2018年製作のアメリカのSF映画。「パシフィック・リム」の2作目。監督は前作から変わり、スティーブン・S・デナイト。1作目の監督ギルレモ・デル・トロは今回製作で参加している。今回の映画は前作の10年後を描いている。 英雄の父を持つジェイクは、怪獣のいなくなった世界で気ままに暮らしていた。そんな時、自分でイェーガーを造る少女アマーラと出会い、再びイェーガーに乗ることになってしまう。シャオ産業の無人のイェーガーの全世界配備が決まる中、謎のイェーガーに襲われ、義姉のマコが亡くなってしまう。悲しみにくれるジェイクは、再び現れた怪獣との戦いに立ち向かう。   ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「コンタクト」のネタバレあらすじ結末

SF映画

ロバート・ゼメキス監督がカール・セーガンの原作小説を元に、未知の文明と接触した人類の顛末を描いたSF映画。 宇宙の調査を続けてきたエリーは、ある日宇宙から届いた謎の信号をキャッチする。 信号の内容が明らかになるにつれ様々な思惑が飛びかい、権力争いや宗教論争が勃発。事態はエリーの思いもよらない方向に進んでいく。信号のデータをもとに建造された移動装置に乗り込んだエリーが目にした驚きの光景とは…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ターミネーター4の紹介:2009年製作のアメリカ映画。人類と機械との壮絶な戦いを描く人気SFアクションの新3部作の第1章。従来の人型以外にもバイク型や巨大なものなど、様々なタイプのターミネーターが人類に襲いかかる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2009年公開の、アメリカ合衆国のアクション映画。「X-MEN」メンバーのウルヴァリンを主人公にしたスピンオフ作品。ジェームズ・ハウレットは、父親をローガンに殺されたショックでミュータントの能力に目覚め、骨の鉤爪でローガンを殺します。しかし、刺されたローガンは、自分がジェームズの父親だと言い残し…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
アバターの紹介:2009年製作のアメリカ映画。『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が12年ぶりに発表した、最新の映像技術を駆使して作り上げたアドベンチャー大作。ある衛星にやって来た人類と、その星にもともと住む者たちによる激しい戦闘を、迫力の最新3D映像で見せる。出演者は『ターミネーター4』のサム・ワーシントンほか、キャメロン監督とは『エイリアン2』以来久々にタッグを組むことになるシガーニー・ウィーヴァーら実力派が顔をそろえる。構想14年、製作に4年をかけたキャメロン監督による壮大な物語と斬新な映像美に酔いしれる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「レオン」や「ニキータ」で知られるリュック・ベッソン監督による、1997年製作のSFアクション映画です。「ダイ・ハード」シリーズのブルース・ウィリスが主演を務め、本作の後に「バイオハザード」シリーズの主役を務める事になるミラ・ジョヴォヴィッチの出世作として知られています。本作の元々のアイデアは、脚本も務めたベッソン監督が16歳の頃に思いついたものだということです。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2011年製作のアメリカ映画で、突如襲来した異星人の侵略に立ち向かう、米軍の一個師団の奮闘を描いています。エイリアンの襲撃を、あくまで主役となる米軍師団の視点から描き、リアルな戦争もの映画のような雰囲気を漂わせる内容になっています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2014年公開のアメリカのスーパーヒーロー映画。人類の敵を排除する最強兵器「センチネル」がミュータントたちを攻撃するようになった2023年、他人の精神のみを過去の自分に送れる能力を持つキティは、無事合流できたウルヴァリンに、この戦いの始まりとなった”センチネルの創造”を止めさせようと過去に送るが…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「ブラッドショット」のネタバレあらすじ結末

SF映画

ブラッドショットの紹介:2020年公開のアメリカ映画。アメコミ出版社ヴァリアント・コミックスの人気作品を「ワイルド・スピード」シリーズのV・ディーゼル主演で実写化。アメリカ海兵隊員のレイは何者かによって妻と共に殺される。彼はとある組織により、圧倒的なパワーと回復能力を持った超人として蘇生する。出演は、「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」のエイザ・ゴンサレス、ドラマ『アウトランダー』のサム・ヒューアン、「ワイルド・ストーム」のトビー・ケベル、「アイアンマン3」のガイ・ピアース。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×