映画:パシフィック・リム:アップライジング

「パシフィック・リム:アップライジング」のネタバレあらすじと結末

パシフィック・リム アップライジングの紹介:異世界より襲来した異種族プリカーサーの操る怪獣と人類の人型巨大兵器イェーガーとの激戦が終結した第1作からの10年後の続編ストーリーです。

あらすじ動画

パシフィック・リム:アップライジングの主な出演者

ジェイク・ペントコスト(ジョン・ボイエガ)、ネイト・ランバード(スコット・イーストウッド)、アマーラ・ナマー二(ジン・ティエン)

パシフィック・リム:アップライジングのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- パシフィック・リム:アップライジングのあらすじ1

太平洋の海底の裂け目から異世界より襲来した異種族プリカーサーの操る怪獣と人類の人型巨大兵器イェーガーとの激戦が終結して10年が経過しました。世界は平穏を取り戻していましたが、怪獣の再来への不安を残す環太平洋防衛軍(PPDC)は新世代のイェーガーを開発し、若いパイロットたちを訓練を続けていました。
10年前の怪獣との最後の戦いで戦死した、人類の英雄と称えられるスタッカー司令官の息子ジェイクは優秀なパイロットでしたがある理由で軍を除隊し、違法転売行為に手を染めていました。
そんなある日、戦地から集めたパーツで小型の一人乗りイェーガー、スクラッパーを自作していた孤児の少女アマーラと出会いジェイクの運命は変わります。 ジェイクは軍に戻りパイロット訓練生の教官としての指導を命じられ、アマーラもその非凡な才能を見定められ訓練生となります

【承】- パシフィック・リム:アップライジングのあらすじ2

中国企業のシャオ産業の社長リーウェンが元PPDC研究員であったニュートン博士の協力で新型の無人巨大兵器、ドローンイェーガーの開発を進めていました。PPDCはシャオ産業のドローンを採用するかどうかの会議をオーストラリア、シドニーで開こうとしますが、その会場を突如、未確認イェーガーが襲撃します。
警備に出動していたジェイクは同期のネイトとコンビを組みジプシーアベンジャーで迎撃し、相手を撤退させるまでに至ります。調査の結果、シベリアにある既に廃棄されたイェーガーの燃料工場になにかの手掛かりがあるということがわかり、ジェイクとネイトはジプシーで現地へ向かうとそこで再度未確認イェーガーと交戦することになります。
戦いの末、未確認イェーガーの破壊に成功したが、このイェーガーは怪獣の細胞と機械が組み合わさった機体だったことが判明します。 正体不明の敵の出現にPPDCはシャオ産業のドローンイェーガーを採用することが決まり、リーウェン社長はドローンの配備を48時間以内にやるようニュートンに指示する。

【転】- パシフィック・リム:アップライジングのあらすじ3

完成したシャオ産業のドローンは各拠点に輸送されたが、ドローンが突如暴走を開始し各所で破壊活動を始めます。ジェイクたちの基地に輸送された2機のドローンも攻撃を開始し、基地のイェーガーはまともに応戦する暇すら与えられず、次々に大破させられてしまいます。
シャオ産業にて、10年前に怪獣の脳とリンクしたことが原因でニュートンがプリカーサーの手下になっていたという衝撃の事実が判明します。ニュートンは怪獣の細胞を培養するなどしてドローンに組み込み、誰も知らぬ間に独自にプリカーサーの地球侵略計画を続けていたのでした。
ドローン群はエネルギー波を放って地球各地に裂け目を作り、大量の怪獣を地球に運び込もうとしますが、ニュートンの凶行を知ったリーウェン社長の協力によってドローンはすべて活動を停止させ、裂け目を閉じることに成功します。しかし3体の怪獣の地球への侵入を許してしまいます。

【結】- パシフィック・リム:アップライジングのあらすじ4

怪獣の血液には特定のレアメタルに対して爆発的な反応を示す特徴があり、プリカーサーは怪獣の血液を富士山の火山帯に流し込むことで環太平洋地域の火山帯を爆発させ、地球人類を壊滅に追いやろうとしていることがわかります。
先の襲撃で正規パイロットがジェイクとネイトを除き全滅してしまったPPDC基地ではジプシーを含む4体のイェーガーが戦闘可能にまで復旧します。怪獣が目指す富士山に向け4体が日本に向けて飛び立ちます。そして東京にて3体の怪獣と4体のイェーガーの戦闘が始まります。
当初は互角の戦いを展開する両陣営でしたが、ニュートンがあらかじめ用意していた無数の小型怪獣が出現し、3体の怪獣にとりついて合体させ、凄まじい戦闘力を持つ合体怪獣となり、ジェイク達はほぼ全滅にまで追い込まれてしまいます。
ジェイクは残ったロケットブースターを用いて成層圏までイェーガーを上昇させ、イェーガー自体を巨大な質量弾にし、富士山火口に到達していた合体怪獣に見事着弾させ撃破し、人類を救うのでした。

みんなの感想

ライターの感想

1作目も見ていたので、待望の続編を見ることができました。大怪獣とロボットの戦闘はたまりません。一時期続編は無いといった話がありましたが、無事完成し、見ることが出来て良かったです。また怪獣同士が合体して超巨大怪獣となったシーンは感激しました。三部作目があるような雰囲気でラスト終わったので、さらなる続編にも期待しています。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「パシフィック・リム:アップライジング」の商品はこちら