映画:TAUタウ

「TAUタウ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

SF映画

TAU/タウの紹介:2018年6月29日に配信されたアメリカ映画で、マイカ・モンローやエド・スクレインが出演し、ゲイリー・オールドマンが声優を務めたSFスリラー。人工知能を開発する研究者に拉致され、被検体となった女性が、建物から脱出する様を描いている。

あらすじ動画

TAUタウの主な出演者

ジュリア(マイカ・モンロー)、アレックス(エド・スクレイン)、TAU(ゲイリー・オールドマン)

TAUタウのネタバレあらすじ

【起】– TAUタウのあらすじ1

ジュリアはクラブに行って男を引っ掛け、携帯や財布などを盗んで換金していました。その後を何者かが尾けています。

自宅に戻ったジュリアでしたが、玄関の鍵が開く音がします。そして背後から襲われ、拉致されてしまうのでした。

拘束されて実験室の椅子に座らされたジュリアは、頭につけられた装置が起動して苦しみます。過去を思い出しながら、気づけば牢の中でした。

牢の中には、ジュリアの他に2名がいました。3人ともマスクで口を塞がれており、喋ることができません。ジュリアは、自分や他の2名の首の後ろにマークや手術跡があることに気づきます。

再び実験室に連れてこられたジュリアは、こっそりとハサミを盗みます。牢に戻った後、それでマスクや拘束を外し、一緒に牢にいる2名のも外します。

ジュリアは服を切ってロープにし、その先にハサミを取り付け、牢の外にあるガス栓に引っ掛けて外します。さらにぶつけて火花を発生させ、ガスが引火して爆発が起こります。

牢から抜け出したジュリアたちは、扉が開かなくて困ります。指紋認証システムがあり、牢の中にいた男性がかざします。すると警報が鳴り始めて、近くにあった機械が変形してロボット・アレスになります。男性はアレスに胸を刺されて殺されます。もう1人の女性もまた、アレスに刺されて殺されるのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「TAUタウ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×