「X-ファイル ザ・ムービー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

SF映画

「X-ファイル・ザ・ムービー」は1998年公開の映画です。世界中で大ヒットし、日本でも未だ人気のある超常現象をテーマにした、同名ドラマ「X-ファイル」シリーズの劇場版です。監督と主演はドラマ版と同じくロブ・ボウマン(監督)、主役はデイヴィッド・ドゥカヴニーとジリアン・アンダーソンです。テキサス州北部の洞窟内で、穴に落ちた少年が謎の黒い液体に体を乗っ取られ死亡する事件が起きる。その謎の事件にモルダーとスカリーが挑むが、そこには巨大な陰謀が隠されていた…。

あらすじ動画

X-ファイル ザ・ムービーの主な出演者

モルダー捜査官(デイヴィッド・ドゥカヴニー)、スカリー捜査官(ジリアン・アンダーソン)、ウォルター・スキナー副長官(ミッチ・ピレッジ)、アルヴィン・カーツウェル(マーティン・ランドー)、ウェル・マニキュアード・マン(ジョン・ネヴィル)

X-ファイル ザ・ムービーのネタバレあらすじ

【起】– X-ファイル ザ・ムービーのあらすじ1

X-ファイル ザ・ムービーのシーン1

画像引用元:YouTube / X-ファイル ザ・ムービートレーラー映像

紀元前3万5千年前、現テキサス州北部にあたる地、原始人の男2人が洞窟に入ると、そこで地球外生命体(エイリアン)に出くわします。男の一人がエイリアンにやられてしまい、もう一人の男はエイリアンと戦い、エイリアンを倒します。しかし、エイリアンから血のような黒い液体が流れだし、原始人の男を飲み込んでしまいます。

時は流れ、現代テキサス州北部のブラックウッド。少年たちが荒野地帯で遊んでいると足場が崩れて、一人の少年が穴の中に落ちてしまいます。そこで、穴に落ちた少年がそこで人骨を発見し、はしゃいでいると少年の足元に黒い液体が現れ、少年の体の中に侵入し蝕んでいき絶命してしまいます。他の少年たちは驚き、助けを呼びに行き、レスキュー隊が到着。

少年を助けに隊員が穴の中に降りて行きますが、直後に隊員との連絡が途絶えてしまいます。その時、防護服を着た謎の一団が現れ、穴の中にいた少年たちを運び出し、そのまま連れて行ってしまいます。

それから一週間後、ダラスの連邦ビルに爆弾が仕掛けられたとの予告が届きます。そこでモルダー捜査官とスカリー捜査官も現場に駆り出され、連邦ビルの向かいのビルの見回りをしていました。すると、モルダーが、そこで自販機に仕掛けられた爆弾を発見します。

すぐに爆弾処理班が到着、全員をビルから避難させます。しかし爆弾処理の捜査員は、わざと適切な処理をせずに爆弾を爆発させてしまいます。ビルは崩壊し、そこから捜査員の男と消防員と少年の計5名の遺体が発見されます。

FBIは体面を守るために、モルダーとスカリー個人に責任を取らせます。その結果、2人のコンビは離れ離れにさせられてしまいます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「X-ファイル ザ・ムービー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×