映画:X-MEN:ダーク・フェニックス

「X-MEN:ダーク・フェニックス」のネタバレあらすじと結末

X-MEN:ダーク・フェニックスの紹介:2019年公開。MARVELコミック原作の映画シリーズ「X-MEN」シリーズの第12作目であり、20世紀フォックス主導で製作されるX-MENの完結作である。2014年公開「X-MEN:フューチャー&パスト」にて生まれた新たなタイムラインでのストーリーで、2006年公開「X-MEN:ファイナルディシジョン」で要素として取り入れられた原作エピソード「ダーク・フェニックス」をメインストーリーとして描く。監督は、長年シリーズに携わりながら、初の監督となるサイモン・キンバーグ。

あらすじ動画

X-MEN:ダーク・フェニックスの主な出演者

プロフェッサーX/チャールズ・エグゼビア(ジェームズ・マカヴォイ)、ジーン・グレイ/ダーク・フェニックス(ソフィー・ターナー)、ミスティーク/レイヴン・ダークホルム(ジェニファー・ローレンス)、マグニートー/エリック・レーンシャー(マイケル・ファスベンダー)、ビースト/ハンク・マッコイ(ニコラス・ホルト)、サイクロップス/スコット・サマーズ(タイ・シェリダン)、ストーム/オロロ・マンロー(アレクサンドラ・シップ)、クイックシルバー/ピーター・マキシモフ(エヴァン・ピーターズ)

X-MEN:ダーク・フェニックスのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- X-MEN:ダーク・フェニックスのあらすじ1

X-MEN:ダーク・フェニックスのシーン1  1992年。宇宙へ打ち上げられたシャトルが突然運転を停止し、乗組員は危険な状態に陥っていました。乗組員を救出するため、大統領はあるチームに救出を要請しました。
 大統領からの連絡を受けたプロフェッサーXことチャールズ・エグゼビアは、自らが結成したミュータントのヒーローチームX-MENにミッションを与えました。乗組員を救出するミッションを受けたX-MEN一期生である、様々な者の外見をコピーすることができるミスティークことレイヴン・ダークホルムは、同じく一期生であるビーストことハンク・マッコイと共にミッションの指揮を執ることになりました。帯同するメンバーは、瞬間移動ができるナイトクローラーことカート・ワグナー、素早く動くことができるクイックシルバーことピーター・マキシモフ、空気を操り風や雲を起こすことができるストームことオロロ・マンロー、目から光線を放つサイクロプスことスコット・サマーズ、そして人の心を読む能力やテレキネシスを使うことができるジーン・グレイ。このメンバーで、シャトルに乗り込み宇宙へ向かいます。チャールズは、自身の他人の脳内に語り掛ける能力を利用したセレブロから、メンバーたちに指示を送ります。

 宇宙に飛び出したX-MENは、停滞しているシャトルを発見しました。しかし、その周りには赤い靄のようなものが漂っており、容易に近づくことは危険であると判断したレイヴンは、カートにピーターを連れてシャトルの中へ瞬間移動するように指示しました。カートはピーターの肩を掴みシャトルの中へ瞬間移動。中では乗組員たちが浮かんでいました。ピーターはすぐに能力を発動し、周りが停止して見えるほどの素早さで、乗組員たちをカートの元へ近づけていきます。その時ピーターは、赤い靄が強く発光し始めていることに気づきました。急いでピーターはカートの肩を掴み、乗組員たちを連れて自分たちのシャトルに戻りました。自分たちが救出されたことに気が付いた乗組員たちは、口をそろえて「船長がいない」と言い始めました。船長は、乗組員たちから離れコントロールルームに入っていたため、ピーターは発見できなかったのです。しかし、赤い靄の光はますます強くなっていき、これ以上シャトルに近づくのは危険だと判断したレイヴンは基地に戻ろうとしますが、セレブロを通じてチャールズから「全員救出しろ」という指示が届きました。「危険だ」と判断するレイヴンとハンク。しかしチャールズは「全員助けるべきだ」と考えを曲げません。するとチャールズの指示を聞いたジーンが「私が行く」と言い始めました。レイヴンは止めますが、ジーンはカートにシャトルの中へ連れていってもらいました。中に入ったジーンはコントロールルームに入り船長を救出。カートに船長を任せますが、そこで赤い靄が大きな爆発を起こしました。カートは船長を連れてX-MENのシャトルに戻りますが、ジーンは逃げ遅れてしまいました。爆発に巻き込まれるジーン。ストームがその爆風を操り助けようとしますが、間に合いません。大量の赤い熱線を浴びてしまったジーン。カートが急いで救出に向かい、気を失っているジーンを救出して戻りました。ジーンと恋仲であるスコットが急いで彼女の元へ駆け寄ります。スコットの腕の中で目を覚ましたジーンは、命に別状はない様子。一同は安堵し地球へ向かい始めますが、レイヴンはチャールズの危険な命令に対して疑問を抱いたままでした。宇宙ステーションに到着したX-MENを一般市民が迎えました。無事に帰還したシャトルの乗組員たちと救出に成功したX-MENに対して拍手と声援を送る市民。その様子を見て、チャールズは満足そうに微笑んでいました。

 X-MENの面々と、ミュータントの子供たちが暮らすチャールズが運営するチャールズ・エグゼビア学園。子供たちは講師でもあるX-MENの面々が無事に帰還したことを喜びます。チャールズはジーンに念のため検査を受けるように言い、ハンクと共に彼の研究室へ向かいました。群がる子供たちに「俺が助けた」と自慢げに話すピーター。その横でレイヴンはやはりチャールズの指示に納得がいかない様子。笑顔で自分の部屋に車椅子で向かうチャールズ。レイヴンはその後を追いチャールズにその疑問をぶつけました。「あの指示は危険すぎる」と訴えるレイヴンに対し、チャールズは「私は間違っていない。全員を助けるべきだ」と考えを変えません。幼い頃からチャールズと共に過ごしているレイヴンは、最近のチャールズに対して常に疑問を持っていました。大統領に頼られ、世界中からもX-MENがヒーローとして認知されるようになっている現状に満足をして、そしてその現状にこだわるあまりに正確な判断ができなくなっている。そう訴えますが、チャールズは知らない顔。レイヴンはそのチャールズの様子を見て呆れたように「チーム名をX-WOMENにしたらどう?」呟き部屋を出ていきました。

【承】- X-MEN:ダーク・フェニックスのあらすじ2

X-MEN:ダーク・フェニックスのシーン2  その夜。ハンクによる検査を終えたジーンは、恋人のスコットや、カート、オロロと学園近くの森でのパーティに遊びに行きました。そこでジーンは、普段あまり飲まない酒を浴びるように飲み始めます。スコットはジーンの様子がおかしいことに気づき心配しますが、酒を持ってくるように言うジーンに渋々従っていました。同じ頃、ハンクの研究室を訪れたレイヴンがジーンの症状を聞いていました。命に別状はなく本人も健康であるが、おそらく宇宙で発生していたあの赤い靄をジーンは吸収してしまっているとハンクは伝えました。レイヴンはハンクに、自分がチャールズに対して疑問を抱くようになっていることを明かし、ハンクに一緒にX-MENから去ろうと持ち掛けます。ハンクもチャールズが成果に固執していると感じながらも、自分はチャールズを信じると言いました。それならば一人で去るというレイヴンを、ハンクは説得します。するとその時、外から大きな衝撃音が聞こえました。

 スコットが気絶しているジーンを屋内に運び込んできました。スコットによると、キャンプファイヤーの炎を見ていたジーンが突然頭を抱え始め、周りの子供たちや木を吹き飛ばすほどの衝撃波を放ち倒れたというのです。ジーンを彼女の部屋に寝かせ、チャールズを始めとする一期生はジーンに何が起こっているのかを考えます。チャールズはスコットに見守られながら眠っているジーンの頭の中に入り込みそれを探ろうとします。チャールズがジーンの頭の中に入り彼女に語り掛けますが、ジーンはそれに抵抗し「頭の中から出て行って」と訴えます。二人が脳内でせめぎ合う中で、ジーンの頭の中に彼女の父親の声が響きました。それを聞くとジーンは混乱し始め、「事実と違う」と訴え始め、チャールズを頭の中から追い出してしまいました。何が起こっているのか尋ねるレイヴンとハンク。しかしチャールズは口を噤みます。
 魘され飛び起きたジーンにスコットは驚いて何事かと訊ねますが、ジーンは息も荒く涙を流しています。そしてジーンはスコットに「チャールズに騙されていた」と言い、更にコートを着て外へ出ようとします。スコットが行き先を尋ねると「父を探す」と言います。スコットは自身も行くと言いますが、ジーンは「あなたを巻き込みたくない」と、スコットを残して出て行ってしまいました。そのことをスコットはチャールズに報告に行きました。チャールズは、幼い頃のジーンとの出会いを語り始めました。

 両親と三人で幸せに暮らしていたジーン。しかし、幼い彼女には既に能力が目覚めており、友人などはできませんでした。ある日、家族でドライブしていたジーン。母が運転して助手席には父が座り、ジーンは後部座席に座っていました。その時、突然ジーンの能力が暴走し始めてしまい、その影響で母はハンドルを誤り対向車線のトラックと衝突してしまいました。気絶したジーンは病院で目を覚ましました。彼女の元へ、車椅子に乗った一人の男が訪れました。その男はチャールズと名乗り、ジーンの両親が亡くなったことを告げました。そして住む場所が無くなってしまったジーンにチャールズは、自分の学校へ来ないかと誘いました。自分が経営している学園では、自分やジーンと同じように様々な能力を持つミュータントが学びながら暮らしていると言います。ジーンはチャールズの学園で生活することになったのでした。

 チャールズはジーンに両親は死んだと伝えていましたが、ジーンの脳内で聞こえた父の声から、ジーンは父が生きていることにかが付きました。チャールズは急いでX-MENを連れてジーンが育った街へ向かいました。

 自身の記憶を頼りに自分が育った家を訪れたジーン。ドアをノックすると老人が現れました。ジーンのことを不思議そうに見つめるその老人にジーンは「パパ。私よ」と言いました。それを聞いた途端に彼は驚きの表情を浮かべ、戸惑いながらも家の中へ彼女を入れました。ジーンは約20年ぶりの再会に感動して「またここへ来れるとは思っていなかった」と感慨深い表情で家の中を見て回ります。しかしその一方でジーンの父はどこか戸惑っている様子。ぎこちなく「水を持ってこようか?」などとジーンに訊きます。しばらくしてジーンはあることに気が付きます。家の中に飾ってある写真は、決まって両親の2ショットか、母親の写真。ジーンが写った写真が一枚もないのです。ジーンは父に不安そうに理由を訊ねます。父は慌てた様子でジーンを宥めようとしますが、ジーンは徐々に声を震わせ始めます。そしてジーンが「なぜ私を捨てたの?なぜチャールズに預けたの?」と叫び訊ねると、父も声を荒げ
「お前が何をしたのかわかっているのか?」と言います。その瞬間、ジーンの脳内にあの日の事故の記憶が蘇ります。あの日、母のハンドルを狂わせたのは自分であることを思い出したジーン。そして父は彼女に「私ではお前を抱えきれなかった。お前は私が愛する女性を殺したんだ」と言い放ちました。次の瞬間、外で大きな騒音が聞こえてきます。ジーンの父は「お前が何かしているのか」と訊ねますがジーンは「違う。彼らが来た」と言い、父を眠らせました。

 ジーンが外に出ると、道にはX-MENのシャトルが停まっており、チャールズも含めたX-MENのメンバーが勢揃いしていました。ジーンはチャールズに「なぜ私に嘘をついたの?」と訊ねます。チャールズは「お前のためだった」と弁解します。続けて「帰ろう」と彼は言いますが、ジーンは怒りに震えています。スコットがジーンの元へ歩み寄ろうとすると、ジーンの背後へ二台のパトカーが到着しました。この騒ぎで近くの住人が通報したのでした。ジーンに向けて銃を構える警官。ジーンは防衛本能から、その力を発動してしまい、パトカーをひっくり返してしまいます。そして周囲の家を破壊しはじめ、その瓦礫を浮かび上がらせチャールズたちに向け攻撃をしようとします。オロロが空気を操りそれを制止しようとしますが、ジーンはそれを跳ねのけます。次にピーターが能力を発動させ、スローモーションになる空間を走りジーンの元へ走っていきますが、ジーンは反射的にピーターを吹き飛ばします。誰も太刀打ちできず絶体絶命でしたが、ここでレイヴンがジーンに近づいていきます。親友でもあるレイヴンにジーンは能力が一時的に落ち着きます。しかしレイヴンが「一緒に帰りましょう」「大丈夫だから」と語るうちに、再び彼女の中のパワーがふつふつと現れてきます。あの日の事故と似た感覚にパニックに陥るジーン。耳を塞ぎ「やめて!」と連呼しますが、レイヴンは一歩ずつジーンへ歩み寄っていきます。そしてジーンの混乱が最高潮になったと同時にレイヴンがジーンの腕に触れました。その瞬間、ジーンは「やめて!!」と叫び、周囲の物もろともレイヴンを吹き飛ばしてしまいました。飛ばされたレイヴンはそのまま、瓦礫の中へ飛ばされました。レイヴンの顔が苦痛に歪み、ジーンは冷静を取り戻し呆然としています。チャールズは「そんな...」と呟きます。レイヴンは、飛ばされた勢いで剥き出しになった瓦礫に腹部が貫通してしまっていました。ジーンが動けないレイヴンの元へ駆け寄り「ごめんなさい...ごめんなさい」と繰り返します。レイヴンから流れる血がジーンの服に付着し、パニックになったジーンはそのまま空へ飛び立っていきました。その後ハンクはゆっくりレイヴンの元へ歩み寄ります。レイヴンはハンクに、声にならない声で「息が...できない...」と訴えます。ハンクが「大丈夫だ。大丈夫」と語り掛けます。レイヴンは涙を流すハンクに声を絞り出し「愛してる...」と伝えました。ハンクも「僕も、愛してる」と伝えました。そして間もなく、レイヴンの眼から生気が消え、視線がハンクから外れた後、瞬きをすることはありませんでした。ハンクがレイヴンの瞼を指で閉じ、彼女の亡骸を抱きしめる中、スコットはただその場に立ち尽くし、オロロは涙を流しています。ピーターは気を失い倒れたままで、チャールズはただハンクとレイヴンの方を見つめていました。

【転】- X-MEN:ダーク・フェニックスのあらすじ3

X-MEN:ダーク・フェニックスのシーン3  学園に戻るとすぐにレイヴンの葬儀がX-MENによって行われました。雨の降る中で彼女を埋葬し、墓を建てました。葬儀を終えて学園の中へ戻ったスコット、オロロ、カートに子供たちは「ジーンがレイヴンを殺したの?」と聞きます。あの出来事の後、すぐにメディアはこの衝撃的な事件を報じました。かつてミュータントたちが通常の人間たちに避けられていた中で、レイヴンの活躍が世間に広まり「ミスティーク」としてヒーロー扱いされ、それに伴いX-MENも人々のヒーローとなりました。そのミスティークが、同じくX-MENの仲間に殺害された。あっという間にこのニュースは世間に知れ渡っていたのです。三人は嘘をつくわけにもいかず、「ジーンは混乱していたんだ。本当のジーンではなかった。もしジーンが戻ってきたら、迎え入れてあげよう」とオロロが子供たちに語りました。
 屋敷の台所に入ったチャールズは、酒を取り出しグラスに注いでいました。そこへハンクが入ってきました。チャールズはハンクに「レイヴンとはここで初めて出会った」と語り始めます。ハンクはそれを遮るように「チャールズ、君のせいだ」と言いました。「何だって?」と聞き返すチャールズ。ハンクは「レイヴンを殺したのは君だ。君の過ちが彼女を殺した。そして僕も過ちを犯したんだ。彼女は僕に『チャールズは間違っている。一緒にここから離れよう』と言った。僕はそれを止めたんだ。チャールズを信じるべきだと言ったんだ。大きな間違いだった。彼女が正しかった」と言い放ち、酒の瓶とグラスを机から落とし割って台所から飛び出していきました。チャールズはその後一人、自分の部屋に入ると、電話が鳴りました。それは大統領からで、身勝手な活動をしたミュータントたちを捕らえることが決定したと言います。チャールズは「今まで頑張って積み上げたものが台無しになってしまう。それだけはやめてくれ」と訴えますが、大統領はそのまま聞く耳を持たずに電話を切りました。

 ジーンは上空を飛び、ある場所を訪れていました。他の街からは隔離された森の中にある集落。その中の一つの家から姿を見せたのは、金属を操る能力を持つマグニートーことエリック・レーンシャーです。彼はチャールズ、レイヴンと共にX-MENを立ち上げましたが袂を分かち、その後も協力したり敵対したりを繰り返し、数年前のアポカリプスの騒動で協力してからはこの集落でひっそりと暮らしていました。エリックはジーンに来た理由を訊ねますが、ジーンは詳しいことは言いません。エリックはジーンの服に血がついていることに気づき「誰の血だ?」と訊ねますが、ジーンは口を噤みます。その時、外が騒がしくなってきました。大統領が発令した、危険なミュータントを連行するという命令によって軍隊がジーンを探していたのでした。エリックはジーンを家に入れたまま自分が軍隊の前へ出ていき「ジーン・グレイはいない」と言いました。しかしその時、軍隊のヘリコプターが勝手に動き始めますふと見ると、ジーンが外へでてヘリコプターをテレキネシスで動かしていたのでした。エリックも自分の金属を操る能力を使いジーンが飛ばそうとするヘリコプターを必死に抑えます。その間に軍人は全員にヘリコプターに乗り、なんとか逃げました。エリックはジーンに「どういうつもりだ」と訊ねますが、ジーンは「あなたなら助けてくれると思ったのに」と言って飛び立っていきました。

 逃げ回るジーンの元へ、一人の女性が現れます。ジーンに対してその女性は、捕らえるつもりはないこと、ジーンに同情していることを伝えます。そして、自分たちに協力してほしいと、彼女はジーンを自分たちの基地へ連れて行きました。

 一体ジーンは何をしたのか、何が目的でやってきたのかがわからず混乱するエリックの元へ、今度はX-MENのシャトルがやってきました。エリックは、再びチャールズが協力を仰ぎにきたのだろうと思いますが、シャトルに乗っていたのはハンクひとりでした。ハンクはエリックに「ジーンのことで、協力してほしい」と言います。エリックはジーンに何が起こっているのかをハンクに尋ねました。ハンクは「知らないのか」と呆れるように返しました。エリックは「チャールズの使いか?それともレイヴンか?」とハンクに訊きます。するとハンクは一瞬言葉に詰まり、その後「レイヴンは死んだ」と伝えました。言葉を失うエリック。ハンクは続けて「ジーンが彼女を殺したんだ」と詳細を話しました。
 夜になり、焚火を囲みながらレイヴンの思い出を語り合うエリックとハンク。二人とも彼女に好意を寄せていた恋敵。しかし彼女が亡くなった今、二人は敵ではなく思いは同じでした。「ジーンを見つけたら殺す」というエリックに、ハンクは「もちろんだ」と頷きました。

【結】- X-MEN:ダーク・フェニックスのあらすじ4

X-MEN:ダーク・フェニックスのシーン2  チャールズはエリックとハンクがジーンを殺害する計画を企てたことを感じ取りました。チャールズはオロロ、カートそしてスコットを連れて二人の元へ向かいました。
 ハンクは既にジーンがいる屋敷を突き止めていました。エリックと共にその屋敷を訪れたとき、チャールズたち4人が前に立ちはだかります。夜の街で、ミュータント同士の激しい戦闘が繰り広げられます。エリックが車を浮かべチャールズへ飛ばすと、スコットがそれを撃ち落とします。オロロが雷を落としエリックを吹き飛ばせば、屋敷に近づいたハンクをカートが瞬間移動で屋敷から離します。屋敷の中にいるジーンも外の騒ぎに気が付きます。ジーンを匿う女性とその仲間たちはその様子を笑って眺めます。激しい戦闘の末、屋敷は半壊してしまいます。ハンクとエリックが気絶する中、なんとか屋敷の中に入り込んだチャールズ。それを見つけたジーンは再び自我を失い、歩けないチャールズをテレキネシスで車椅子から降ろし、無理やり階段を上らせます。するとそこでジーンの本来の意識が目覚め、葛藤を繰り広げます。すると、ジーンを匿う女性が「その力がいらないなら、私にちょうだい」と言います。ジーンは悩みますが、頷いてしまいました。ジーンを吸収し始めるその女。チャールズはそれを止めようとしますが、足が動かないため止めることができません。徐々に薄くなっていくジーンの体。しかしそのとき、屋敷に衝撃が走り、その女は吹き飛ばされました。外に機動隊が到着し、屋敷に突入したのでした。大統領による指令で、X-MENたちは捕らわれてしまいました。
 女はすぐに目を覚まし、仲間を連れてX-MENと気を失っているジーンを運ぶ列車を追いかけます。その女性は実は地球人ではなく宇宙人で、ジーンが宇宙で吸収してしまったあの靄を取り返しにきたのだといいます。

 拘束され列車で連行されるX-MEN。ジーンは気を失ったまま別車両で拘束されていました。その時、外から大きな物音が聞こえてきます。チャールズとエリックが警備員に警告しますが、警備員は相手にしません。その時、大きな衝撃が車両に走ります。あの宇宙人たちが追いついたのです。その衝撃で、X-MENの拘束は解かれ、走る電車の中での戦闘が始まりました。X-MENが戦いを繰り広げる中、チャールズとスコットは未だ拘束されているジーンの元へ向かいます。目を覚ましたジーンは、車両ごと浮かび上がらせ、森の中へと突っ込んでいきました。ジーンの元へ、宇宙人の集団が押し寄せます。助けに入ろうとするX-MENを制し、ジーンは一人で立ち向かいます。ジーンは宇宙人の大群に入ると、自らの中にある靄を自分もろとも爆発させようとします。「やめろ!」と叫ぶスコット。ジーンがスコットに微笑みかけた次の瞬間、大きな爆発が起こりました。宇宙人たちは消え去り、赤い靄がフェニックスのような形になり夜空へ飛び立っていきました。

 ミュータントたちが暮らす学園。その中では変わらぬ日常が送られていました。外には、レイヴンの墓の隣にジーンの墓が建てられました。スコットは門のとこへ行き、「エグゼビア学園」という看板を外し、新たに「ジーン・グレイ学園」という看板をかけました。校長室にはハンクが座り、仕事をしています。彼の机の上にはレイヴンの写真が飾られていました。

 街のカフェ。テラス席に座りコーヒーを飲むチャールズの元へ、カバンを持ったエリックがやってきました。チャールズは騒動の後、校長の職から退いたのでした。エリックはチャールズに「チェスでもやろう」と言い、カバンからチェス盤を取り出しました。笑顔で応じるチャールズ。空には、赤いフェニックスが飛んでいました。

みんなの感想

ライターの感想

X-MENシリーズの完結作として、ふさわしい作品だったと思いました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「X-MEN:ダーク・フェニックス」の商品はこちら