映画:ある男(2022年)

「ある男(2022年)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

【承】– ある男(2022年)のあらすじ2

ある男(2022年)のシーン2

画像引用元:YouTube / ある男(2022年)トレーラー映像

実家の温泉を継いだ長男の恭一は嫌味たらしい男性で、弟・大祐の葬儀や墓の代金は請求してくれと里枝に言いました。「こんなところで木の下敷きになって死ぬなんて」とバカにした発言を何度も繰り返します。

線香をあげた恭一は、遺影を飾らないのかと里枝に言います。飾っていると里枝が写真を示すと、恭一は「大祐じゃない」と言いました。激変したのかと里枝が聞くと、まったくの別人だと恭一が言い出しました。

弁護士の城戸章良は、里枝が横浜時代の離婚調停のときに知り合いました。里枝に呼ばれた城戸は、東京から宮崎までやってきます。

7年前には城戸は独身でしたが、いまは結婚して4歳の息子がいました。里枝と大祐の子・花と同い年です。大祐の身元を調べる依頼を受けた城戸は、大祐のことを「X(エックス)さん」と呼びます。そして里枝に、まずは谷口大祐の戸籍上の死亡を取り消す手続きをすべきだと助言しました。里枝が受け取った生命保険金は、契約したXが受け取るべき金なので返還する必要はないと教えます。

里枝がXの生存時の歯ブラシや頭髪や爪を持ってきて、城戸に渡しました。城戸はそれを使ってDNA鑑定をすると言い、Xが描いた絵もスマホで写真を撮ります。里枝は「夫は、犯罪に関わっていたのでしょうか」と不安を口にしました。

東京に戻った城戸は、同じ法律事務所の先輩弁護士・中北と自殺した坂崎という男の会社を相手どり、過労死に持ち込んでいました。その主張は通り、遺族に感謝されます。

城戸は、高級マンションに妻の香織と4歳の息子と暮らしていました。その日は香織の両親が食事に来ており、香織はパエリアを作っていました。

香織の両親は城戸に「三代経ったら日本人よ」と城戸に言い聞かせます。むろん、在日三世の城戸は、帰化して日本人であるつもりです。香織の両親はその発言をすることで、むしろ気にしていることが見て取れました。

両親が帰ったあと、香織は城戸に戸建ての家を購入したい旨を話します。父親のつてで安く建てられること、場合によれば両親が頭金を出してくれるかもしれないことを香織は言いますが、城戸たちが澄んでいる高級マンションは分譲でした。城戸がいまの家で満足していると話すと、香織は「もう1人子どもが欲しい。ここは賃貸に出せばいい」と言いました。

さらに香織は、城戸の宮崎行きが本当に出張なのかと疑う発言をしました。城戸がチケットを見せようかと言うと断り、香織は先に寝ると言って寝室に消えました。

群馬県渋川市。

城戸が大祐の兄・恭一を訪ねると、恭一は温泉旅館のなかを城戸に見せます。父親から旅館を継いで客が増えたと自慢気に話す恭一は、弟の大祐と旅館を継ぐ話で揉めていないと言いました。弟のほうが勝手にそう言っているだけだと、突っぱねます。

大祐は宮崎に移り住む前は、大阪市北区に住んでいたそうです。恭一は、ニセモノが本物の大祐を殺してなりすましていると思い込んでいました。

大阪市。

城戸は本物の大祐の昔の恋人・後藤美涼に会いに行きます。美涼は水商売をしていて、本物の大祐とは高校の同級生でした。高校時代から付き合ったり別れたりしていたと話し、最後に会ったのは大祐の父親が亡くなった頃で、急にいなくなったと話します。美涼の口ぶりは、いまでも大祐を心配している様子が窺えました。城戸と美涼の話を横で聞いていた店のオーナーが「北朝鮮に拉致されたんじゃ」と発言しました。美涼はオーナーが陰謀説を唱えだしたと笑い、東日本大震災も人工地震だと言う人間だからと答えました。

城戸を扉の外まで見送った美涼は、涙を流していました。

城戸は東京の事務所から宮崎の里枝に電話をかけ、DNA鑑定の結果、Xは大祐と別人だったと伝えます。引き続きXについて調べると言うと、里枝は「私は一体誰の人生と一緒に生きてたんでしょうね」と呟きます。

横で聞いていた同僚の中北が、銘柄詐欺について話します。安いワインのラベルをビンテージのそれに付け替えて高く売るそうで、騙されたほうは「味が判らない人間」と思われたくないために泣き寝入りをするのだと言います。

中北と話していた城戸は、2013年に大阪で戸籍交換のなりすましの事件があったことを思い出します。55歳の男が67歳の別の男性の戸籍を使っており、仲介人も逮捕されていました。小見浦憲男という男で、現在は大阪刑務所に入っています。

同じ時期にXが大阪にいたと気づいた城戸は、小見浦が大祐とXに関わっていた可能性を考えました。会いに行きます。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ある男(2022年)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×