映画:その男、凶暴につき

「その男、凶暴につき」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

その男、凶暴につきの紹介:1989年公開の日本映画。北野武の初監督作品で、主演も務め注目を浴びた。それまでお笑い芸人「ビートたけし」として活躍していた北野の、別の才能を発揮した記念すべき作品。なお興業上の理由で「ビートたけし」と表記された。

その男、凶暴につきの主な出演者

我妻諒介(ビートたけし)、清弘(白竜)、我妻灯(川上麻衣子)、吉成新署長(佐野史郎)、菊地刑事(芦川誠)、柄本(遠藤憲一)、織田(寺島進)、植田(小沢一義)、片平(佐久間哲)、佐藤刑事(中村銀次)、三宅刑事(谷村好一)、岩城刑事(平泉成)、仁藤(岸部一徳)

その男、凶暴につきのネタバレあらすじ

【起】– その男、凶暴につきのあらすじ1

その男、凶暴につきのシーン1

画像引用元:YouTube / その男、凶暴につきトレーラー映像

我妻は凶暴すぎるために警察署内からはみだしかけの刑事です。

浮浪者を襲った少年たちの一人の自宅へ押し入って殴る蹴るの暴行を加えた挙句、自白を強要するくらいで、新たに署長になった吉成から注意されました。

そんな我妻にも人間味を感じさせる面があります我妻には精神障害を持つ妹・灯がおり、我妻は灯のことを大切にしていました。

あるとき、麻薬売人・柄本が殺されました。

我妻は柄本の常連客を捕まえては、例によって、暴力を加えることによって捜査していきます

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「その男、凶暴につき」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×