「もうひとりのシェイクスピア」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

映画「もうひとりのシェイクスピア」の感想

ライターの感想

非常によくできた作品で、とても楽しめました。登場人物が多いので、しっかり見ていないと分からなくなってしまいそうですが、面白いので自然に目が離すことができません。ラストはまさかの真実が明らかになり驚かせられます。運命に翻弄された人たち、まさにシェイクスピアの作品のようでした。主要登場物は、実在した人物たちで、実際のサセックス伯とサウサンプトン伯はロバート・セシルに対してクーデターを起こしています。そういった実際に起こった出来事とフィクションを織り交ぜ、本当によくできた作品でした。実際シェイクス・ピア自体も謎が多い人物で、実際に誰かの影武者だったのでは…と思わせてくれてロマン溢れる作品でした。
    1 2 3 4 5

    「もうひとりのシェイクスピア」と同じカテゴリの映画

    関連記事はこちら

    ×