映画:アイズワイドシャット

「アイズワイドシャット」のネタバレあらすじと結末

アイズ ワイド シャットの紹介:1999年7月31日公開のアメリカ映画。ある夫婦の愛と性をめぐる心の相克を冷徹に映し出したシリアス・ドラマ。監督・製作は「2001年宇宙の旅」「時計じかけのオレンジ」などの巨匠スタンリー・キューブリックで、88年の「フルメタル・ジャケット」以来11年ぶりとなる本作完成直後死去し、本作が遺作となった。

あらすじ動画

アイズワイドシャットの主な出演者

ビクター・ファーフォード〔ビル〕(トム・クルーズ)、アリス・ファーフォード(ニコール・キッドマン)、ヴィクター・ジーグラー(シドニー・ポラック)、マリオン(マリー・リチャードソン)、ニック・ナイチンゲール(トッド・フィールド)、ドミノ(ヴィネッサ・ショウ)、ホテルの受付係(アラン・カミング)、ミリチ(ラデ・シェルベッジア)、ミリチの娘(リーリー・ソビエスキー)

アイズワイドシャットのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①美人の妻・アリス、かわいい娘・ヘレナを持つ医師のビルは、幸福だが退屈だと感じていた。旧友・ニックから秘密のパーティーの存在を聞いて、軽い気持ちで出かけていく。 ②パーティーに紛れ込んだことが露見したビルは、自らの身に危機が迫っていると知り怯える。詮索しないことで平和を取り戻した。

【起】- アイズワイドシャットのあらすじ1

アイズワイドシャットのシーン1 アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク。

ビル・ハーフォードと妻・アリスは、結婚9年目の夫婦です。
ビルとアリスには7歳になる娘・ヘレナがいます。
ビルは医者で、金持ちでした。都会の高級マンションで暮らしています。

ビルとアリスはある日、ビルの患者の初老男性・ジーグラーのクリスマス・パーティーに招かれました。
娘のヘレナをベビーシッターのロズに預け、出かけていきます。


ビルとアリスの仲は良好です。美男美女のカップルで、お金もあり、日々の生活に不満は持っていませんでした。
もし不満があるならば、ふたりの仲が良好すぎて、いささかマンネリ気味だということでしょうか。

そのマンネリは招かれたパーティーでも、現れていました。
アリスはハンガリー人の中年男性サンドール・サボスに口説かれ、身体を寄せ合ってダンスを踊ります。
ビルは若い女性2人に挟まれて、それを隠そうともしませんでした。
アリスもビルも互いに、相手を嫉妬させることでマンネリを打開しようとしています。


ビルはそのパーティーで、2つの出来事に遭遇します。

1つめは、旧友ニック・ナイチンゲールとの再会でした。
ニックは医大時代に大学を中退し、以後付き合いが絶えていました。
ニックはパーティーにピアニストとして参加しており、ビレッジの〝ソナタ・カフェ〟にいるから遊びに来いとビルに言います。

2つめは、主催者のジーグラーに秘密裏に呼び出されたことでした。
ビルはこっそり呼び出され、クスリを打って効きすぎた娼婦マンディー・カランを診るよう頼まれます。
マンディーは危ない状態でしたが、ビルが適切に処置したため、命を取り留めました。
ビルはマンディーに穏やかに、身体をもっといたわれと助言します。

マンディーの件はあまり褒められたことではないので、ビルはジーグラーに、他言するなと言われました。
ビルはジーグラーに言われたとおり、なにもなかった風を装います。


ところがパーティーから帰宅したビルとアリスのあいだで、少しばかり口論が勃発しました。
マンディーを介抱していた時間、ビルは姿を隠していました。それをアリスから咎められたのです。

ビルは「ジーグラーの具合が悪くなって、2階へ行った」と言いますが、アリスは半信半疑です。
いえ、信じてはいるのですが、確たる証拠がないグレーゾーンだから問題なのです。

ビルは「信じているから」「裏切らない」と言いますが、ことばの上ではなんとでも言えます。
その例としてアリスは、昨年の夏にあった、ある出来事を引き合いに出しました。

…昨年の夏。
ビルたち一家はケープ・ゴッドへ避暑に出かけました。
その際にアリスは、若い海軍士官と眼が合い、ひとめぼれします。
結論から言うと、その海軍士官とアリスとは、なにもありませんでした。
しかしアリスはひとめぼれした海軍士官に抱かれたいと思い、そのためならすべてを捨てられると思った…そう言います。
(注:肉体の浮気ではなく、心の浮気をも表現している)


アリスの告白を聞いたビルは、大いにショックを受けました。
それまでビルはアリスに全幅の信頼を寄せ、アリスが自分以外の男に思いを寄せるなど、疑ったこともありませんでした。
しかし「そういうことがありうる」と知ったビルは、以後、なにかにつけ「アリスが海軍士官に抱かれる」という空想をするようになります。

アリスが海軍士官への感情を引き合いに出したのは、「愛していても揺れることはある」ことを指摘したかったのです。
マンネリしているからといって、パーティーでお互いに相手を妬かせる挑発行為をしたくないからでした。
まさか自分の告白がもとで、ビルが海軍士官の空想をするとは、思ってもいません。

【承】- アイズワイドシャットのあらすじ2

アイズワイドシャットのシーン2 2人が軽い口論をしている最中に、ネイサンソンの訃報が入りました。
ビルはネイサンソンの屋敷に行き、アリスは家に残ります。

ネイサンソンの屋敷へ顔を出すと、娘のマリオンがいました。ビルはマリオンと話をします。
マリオンは父親の死に動転しているようで、ビルに愛を告白しました。「あなたのそばで暮らしたいの」と言います。
とはいいながらも、マリオンにはミシガン大の教授になる予定の婚約者・カールがいました。
カールが屋敷に顔を出したので、ビルはマリオンをカールに引き渡します。


屋敷を辞したビルは、アリスと海軍士官のベッドシーンを想像します。
そんなことを考えると、ビルは嫉妬で狂いそうでした。
誘ってきた娼婦・ドミノに声をかけられて、ビルは部屋についていきます。

ドミノの部屋に招かれて、始めようとすると、妻・アリスから携帯に電話がかかってきました。
「遅くなりそうだったら眠る」という用件だったのですが、浮気しようとしたときに妻の声を聞いたので、ビルは我に返ります。
ドミノに金だけ支払って、なにもせずビルは部屋を退散しました。


ビルはその後、思い立って〝ソナタ・カフェ〟に立ち寄ります。
ニックは〝ソナタ・カフェ〟でピアノを弾いていました。
ビルの来訪を、ニックは喜びます。
ニックと会うことで、ビルは気を紛らせようとしました。

ニックとの会話で、ビルは興味深い話を聞きます。
目隠ししてピアノを弾くという、富裕層の秘密のパーティーに、ニックはときどき出かけるそうです。
一度目隠しが緩んだとき、乱交パーティーみたいなものを見たと、ニックは思わせぶりに話しました。

ビルに話をしているその最中に、まさしくそのパーティーからの依頼が、ニックに舞い込みました。
ニックは電話を受け、パスワード〝フィデリオ〟を紙ナプキンにメモします。
ビルはニックに「一緒に行きたい」と食いつきますが、本来は他言無用のパーティーなので、駄目だとニックは言いました。
「参加者は仮装衣装をまとっているんだ。こんな深夜に衣装を用意できないだろう」とニックは諭します。


それでも秘密のパーティーへの好奇心をくすぐられたビルは、パーティーをあきらめられませんでした。
レインボー貸衣装店のオーナーのピーターの主治医をしていたので、ビルは店へ行き、開けてもらおうとします。
レインボー貸衣装店は現在、オーナーが変わっていました。今はミリチという初老の男性が経営しています。

無理を言って開けてもらったビルは、チップをはずむことでタキシードと仮面、黒のマントを借ります。
ミリチの娘が男性を2人、店に引きずり込んでいました。男性2人はなぜかカツラをつけ、ミリチの娘といかがわしいことをしようとしているところのようでした。
警察を呼ぶと怒るミリチを置き、ビルはタクシーに乗り込んでパーティー会場へ向かいます。


館へ向かう途上でも、ビルは妻・アリスが海軍士官と情事にふける空想を、止められませんでした。
タクシーの運転手にチップを渡し、待機するよう指示して、ビルは屋敷へ向かいます。
(タクシーを待たせるという行動は、危機感のないビルの気持ちを代弁している。深刻に捉えていない)

【転】- アイズワイドシャットのあらすじ3

アイズワイドシャットのシーン3 館の前でニックから聞いた「フィデリオ」というパスワードを言うと、屋敷の中へ通されました。
館の中にはニックから聞いたとおり、仮面と仮装の人たちばかりです。
大広間では謎の儀式が行われており、儀式のあと、乱交パーティーが始まります。

大広間で円陣を組み、儀式をしていた女性のひとりがビルに近づくと、ビルの手を引いて移動しました。
女性はビルに「あなたの場所じゃないわ。すぐに帰りなさい。あなたが危険なのよ」と警告します。

女性はそのあと別の男性と去りました。
警告されたものの、ビルは好奇心にあらがえず、屋敷を見て回ります。
すると先ほどの女性が来て、ビルを連れ出そうとしました。「早く立ち去らないと」と言います。
しかしビルはボディガードの男性に呼び出され、連れていかれます。

「ハウスのパスワードは?」と黒幕らしき人物に聞かれたビルは、答えられませんでした。
答えられないビルは、仮面を外すよう指示されます。
ビルは顔をさらされ、正体が露見しました。続けてビルは、罰を受けさせられそうになります。
そこへ女性が名乗り出て「私が身代わりになる」と言いました。女性は連れていかれます。
ビルは黒幕の男性に口止めをされ、解放されました。


帰宅したときには、午前4時になっていました。
眠っているアリスがうなされており、ビルが起こすと「悪夢を見ていた」と話します。
アリスが見ていた夢とは「ひとけのない町にいると、着ている服が消えた。海軍士官が現れ、私を笑った。性行為をおおぜいの人として、その場にはたくさんの人がいて、同じことをしていた。ビルは私がしているのを見ていた。からかおうと思って私は大声で笑った。そのとき目が覚めた」というものです。
ビルはそれを聞きながら、先ほどのパーティーを思い出していました。

秘密のパーティーが気になったビルは、詳細を聞きたくてニックを訪ねます。
ニックが宿泊していたホテルへ行くと、フロントマンは「今朝5時にチェックアウトした」と答えました。
フロントマンに根掘り葉掘り聞いたビルは、ニックが顔に痣を作り、体格のよい男たちに連れられたと知ります。
ニックがビルに秘密を洩らしたため、ニックが連れていかれたのだと知り、ビルは恐れました。


貸衣装を返しに行ったビルは、仮面を会場に忘れたと気づきます。
ミリチに弁償したビルは、昨晩ミリチが激高し警察を呼ぶと言っていたのに、男性2人と和解していることに気づき、いぶかしみました。
(注:和解した方法は謎。男性2人がミリチに金を積んだと思われる。
このシーンでは「ビルが疑心暗鬼になっており、なにを見ても疑わしく思える」という効果を狙っている)

前夜の屋敷に行ったビルは、現実にあった出来事だろうかと確認してみました。屋敷は存在します。
屋敷の中から男が出てくると、ビルに手紙を差し出しました。ビルが受けとると、屋敷へ戻っていきます。
手紙にはビルの名前が記載されており、「無駄な詮索はやめろ。2回目の警告だぞ。これ以上嗅ぎまわるとよくない」と書かれていました。
(注:フルネームの名前が書かれていることで、ビルの正体が白日の下にさらされていることが分かる)

【結】- アイズワイドシャットのあらすじ4

アイズワイドシャットのシーン2 帰宅したビルは、妻のアリスと娘のヘレナが遊ぶ様子を、じっと見つめます。
たった一夜で、すっかり状況が一変しました。平和だった昨日とは、まるで違うのです。
昨日まではビルもアリスも平凡ですが、平和で幸福でした。
しかしいまは見えない何者かに、家族の命まで握られているのです。

妻子を見ながらいっぽうでビルは、「自分を助けてくれた女性は誰なのか」という疑問を抱きました。
命を賭して自分を助けてくれた女性…それをビルは、探そうとします。


まずビルは昨夜最初に会った、ネイサンソンの娘・マリオンではないかと思い、電話をしてみました。
マリオン宅へ電話をしますが、カールが出たので黙って電話を切ります。
冷静に考えてみれば、父親が亡くなった夜に乱交パーティーに出ているわけがないと、ビルはマリオン疑惑を解きました。

次にビルは、娼婦のドミノではないかと考えます。
お土産のケーキを購入してアパートを訪問すると、ルームメイトのサリーがいました。
ドミノは留守にしており、しかもサリーは「もう戻ってこないかも」と意味深長なことを言います。
ためらいながらサリーは、ドミノがHIV(ヒト免疫不全ウイルス、通称:エイズ)検査で陽性だったと話しました。
ビルは驚きますが、パーティーとは無縁だったと知り、立ち去ります。
(注:サリーはビルを「ドミノの客のひとり」と思っていた。陽性のドミノと性行為をしていれば、ビルも感染の可能性がある。
しかしビルは前夜アリスの電話を受けて、ドミノとはなにもしないまま別れている。よって、感染の可能性はない)

夜の歩道を歩いていたビルは、自分に尾行がついていることに気づき、恐怖におののきました。
身の危険を感じたビルは、人のいるところへ行こうと考えて、カフェに入ります。
カフェで新聞を読んでいると、ビルはある新聞記事を見つけました。
『ミスコンの前女王 ホテルで麻薬に倒れる』というものです。

亡くなった女性はマンディー・カランで、ジーグラーの屋敷でビルが介抱した女性でした。
ビルはこの女性が、自分をかばってくれたひとではないかと考えます。
遺体安置所に行って見せてもらうと、マンディーは本当に亡くなっていました。
(ビルは医者なので、見ることが可能)


ジーグラーから電話を受けたビルは、ジーグラーのところへ行きます。
ジーグラーは「2つめのパスワード(ハウスのパスワード)は存在しない」と言い、暗に秘密のパーティーとの関与を認めます。
ジーグラーもメンバーの出席者のひとりで、マンディーを伴って参加していたのでした。

ジーグラーもビルに、詮索はやめろと言い、ビルが相手にしている組織が大きいことをにおわせます。
ビルはマンディーの名前を挙げ、死者が出ていることを指摘しました。
しかしジーグラーは「人はみんな死ぬんだ」と言い、ビルをなだめます。


帰宅したビルは、眠るアリスのベッドの横に、屋敷に残した仮面を見つけ、思わず号泣します。
目覚めたアリスにビルは、体験したすべてを白状しました。

翌日、ヘレナにクリスマスのプレゼントを買うためにデパートへ行ったビルは、アリスにまた話題を蒸し返します。
「僕たち、どうする?」と聞いたビルに、アリスは諭します。

「きっと私たち、感謝すべきなのよ。危険な冒険を、なんとか無事にやりすごすことができた」
アリスの言う通りです。
アリスは「でも私たちは大事なことを今、しなくちゃダメ」と言いました。
それは何かと聞くビルに「ファックよ」とアリスは答えます…。
(夫婦のきずなを確認するための行為を、いま一度しなければならないという意味)

みんなの感想

ライターの感想

キューブリックの遺作。怪しげな教団まがいの映画を作った直後の急死だったため、当時はセンセーショナルだった。
そうでなくてもこの映画、いろんな意味で煽情的でした。
トム・クルーズとニコール・キッドマンは、撮影当時はリアルで夫婦だったので、それだけでもどきどきもの。
夫婦だけの秘密を見ちゃった気分。
内容も明かされないまま撮影が続いていたので、完成時の期待値も高かった。その期待を裏切らない出来だと思う。
これがすべてイギリスで撮影されてるんだから、すごい。(キューブリックは飛行機嫌い)
男女の思いの差、考え方の差異、訴えているテーマは大きい。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「アイズワイドシャット」の商品はこちら