「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

映画「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」の感想

ライターの感想

戦後10年後に潜伏先で捕まり絞首刑になったアドルフ・アイヒマン、既にナチ戦犯のニュルンベルク裁判も落ち着いたころの拘束だったこともあり世界中から注目を浴びたことは知っていました。その後裁判では命令されたから、言われたから、直接手は下していないと言う始末。だから彼の逮捕にここまで尽力した実在の人物がいたことも知りませんでした。執念、まさにその一言だと思います。
    1 2 3 4 5

    「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」と同じカテゴリの映画

    関連記事はこちら

    ×