「アウト・オブ・デス」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

【転】– アウト・オブ・デスのあらすじ3

アウト・オブ・デスのシーン3

画像引用元:YouTube / アウト・オブ・デストレーラー映像

(ここが映画オープニングのシーンです)ジャックは保安官のビリーとトミーに銃を向けながら、「膝をつけ、早くしろ」と急かしています。ビリーとトミーが膝をついて両腕を頭の後ろで組みますが、「ヤク中の彼女に襲われた」と反論しました。ジャックは自分が警官だと言いますが、「元警官なら撃てない」とトミーは思って立ち上がります。

ジャックが銃を撃たないのを見て、トミーは気をよくしました。ジャックはシャノンに「逃げろ」と指示しました。シャノンは逃げ、ジャックもその場から去ります。トミーとビリーは二手に分かれて追いかけます。

先に逃げたシャノンは山の外れにある小屋まで行くと、放置された納屋に入ってのこぎりで結束バンドを切りました。工具箱からナイフを取り出します。

そこへビリーが追い付きました。シャノンは武器を隠して近寄ると、太ももをナイフで刺して逃げました。ビリーは銃を持っていないので応戦できません。

太ももに重傷を負ったビリーは、トミーに助けを呼びました。トミーはジャックを捜索していましたが、連絡を受けてビリーのところへ駆けつけます。

シャノンを見つけたジャックは、怯えさせないように話しかけます。シャノンは最初警戒していましたが、ジャックが自己紹介すると警戒を解きました。自分も父の遺灰を撒くために山へきたことを打ち明けます。

シャノンはジャックを信用し、先ほど見た光景を打ち明けました。ビリーが麻薬の売人と揉めて相手を殺害したこと、それを目撃したから殺されそうになったと告げます。ビリーたちが悪徳警官だとシャノンは言いますが、ジャックは証拠が必要だと言いました。シャノンは、カメラで録画したと言います。

ジャックは山荘に戻って通報すると言い、シャノンにはカメラを回収して山荘に来いと言いました。護身用にとジャックはシャノンに拳銃を渡します。2人は別れて移動します。

しびれを切らしたハンクが車でやってきます。トミーはビリーに肩を貸して車の近くまで移動していました。重傷のビリーを見たハンクは、ビリーを殺せとトミーに言います。トミーは止血帯を外してビリーを失血死させました。

ハンクは山荘に向かうと言い、トミーにはビリーの遺体を運べと命じました。

【第3章 窮地】

ジャックは山荘に戻ると薬を服用し、電話を手にします。しかしハンクがやってきたので入れ違いで山荘から出ていきました。

ビリーの遺体を運ぶトミーは、シャノンと出くわしました。遺体を置いてシャノンを追いかけます。取っ組み合いになり、シャノンは無我夢中でビリーの遺体からナイフを取りますが、取り上げられて肩に刺されます(命にかかわる傷ではありません)。シャノンはトミーから銃を奪うと射殺しました。

ハンクは山荘内を見回り、うつ病の薬を見つけました。写真から、山荘に来ている者がパムの親戚だと気づきます。保安官事務所に電話をかけてパムに電話を回してもらうと、ジャックと共通の友人がいると言って電話番号を聞き出します。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「アウト・オブ・デス」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×