映画:アガサクリスティーねじれた家

「アガサクリスティーねじれた家」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

アガサ・クリスティー ねじれた家の紹介:2019年に公開されたミステリー映画です。タイトルからも分かるとおり、ミステリーの女王と称されるアガサ・クリスティー氏の「ねじれた家」を原作とした作品となります。「ねじれた家」は1949年に発表された小説ですが、映画化されるのは本作が初めてのことです。この「ねじれた家」は著者自身が最高傑作と謳っているほどの作品なので、今まで誰も実写化に挑戦する人がいなかったのかもしれませんね。

あらすじ動画

アガサクリスティーねじれた家の主な出演者

チャールズ・ヘイワード(マックス・アイアンズ)、ソフィア・レオニデス(ステファニー・マティーニ)、タヴァナー主任警部(テレンス・スタンプ)、イーディス・デ・ハヴィランド(グレン・クローズ)、ブレンダ・レオニデス(クリスティーナ・ヘンドリックス)、ジョゼフィン・レオニデス(オナー・ニーフシー)、フィリップ・レオニデス(ジュリアン・サンズ)、マグダ・レオニデス(ジリアン・アンダーソン)、ロジャー・レオニデス(クリスチャン・マッケイ)、クレメンシー・レオニデス(アマンダ・アビントン)、ユースタス・レオニデス(プレストン・ナイマン)

アガサクリスティーねじれた家のネタバレあらすじ

【起】– アガサクリスティーねじれた家のあらすじ1

アガサクリスティーねじれた家のシーン1

画像引用元:YouTube / アガサクリスティーねじれた家トレーラー映像

イギリスのとある豪邸で、アリスティド・レオニデスという大富豪が不審な死を遂げました。彼は若い頃、無一文でギリシャからイギリスに渡り、一代にして大富豪に成り上がったほどの大物です。レオニデスが大富豪になったきっかけはレストラン経営の成功にありました。

そんなレオニデスの孫娘ソフィアは祖父が何者かに殺害されたと疑っていました。そこでかつての恋人で現在は探偵業を営んでいるチャールズに捜査を依頼します。

当初は断ろうとしたもののチャールズは結局引き受けることになり、警察官だった父の同僚タヴァナー主任警部に事件について聞きに行きました。その結果、レオニデスは毒殺されたことが分かります。

レオニデスは病気を患っていて、毎日インスリンの注射を行う必要がありました。その注射器に毒物が混入されていたのです。事件当夜、注射を打ったのはレオニデスの後妻ブレンダでした。

ブレンダは注射器に毒物が入っていたとは知らないと主張しており、別の誰かが注射器に毒を仕掛けたいに違いないと訴えていました。

チャールズはタヴァナー主任警部からも事件の捜査を依頼されます。その捜査依頼を引き受け、チャールズは郊外にあるというレオニデスの豪邸へと足を運びました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「アガサクリスティーねじれた家」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×