映画:アズミハルコは行方不明

「アズミハルコは行方不明」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

アズミ・ハルコは行方不明の紹介:2016年12月3日公開の日本映画。OL失踪事件の背景と行く末を、3世代の女の子たちの生き方を浮き彫りにしつつ描いた山内マリコの同名小説を映画化した青春ドラマ。主人公の春子を蒼井優、その行方を捜すグラフィティ・アートを拡散させる20歳の少女を、高畑充希が演じる。

あらすじ動画

アズミハルコは行方不明の主な出演者

安曇春子(蒼井優)、安曇春子〔幼少期〕(豊嶋花)、木南愛菜(高畑充希)、富樫ユキオ(太賀)、三橋学(葉山奨之)、曽我雄二(石崎ひゅーい)、今井えり(菊池亜希子)、吉澤ひろ子(山田真歩)、川本(落合モトキ)、杉崎ひとみ(芹那)、少女ギャング団リーダー(花影香音)、津川ジロー(柳憂怜)、社長(国広富之)、警官・沢井(加瀬亮)

アズミハルコは行方不明のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①少女ギャング団が跋扈する町である日、28歳の春子が行方不明に。ユキオと学が町に春子をデザインしたステンシルの落書きを描いたことで絵とハルコの名は一躍有名に。 ②春子は失恋し職場の人間関係などのしがらみが嫌になり家出しただけ。ユキオに弄ばれた愛菜は憧れの先輩・えりと春子に声をかけられる。

【起】– アズミハルコは行方不明のあらすじ1

(この映画は時系列が入り乱れています。分かりやすくするために、映画で描写された順番ではなく、時系列どおりに並べかえてお送りします)

栃木県足利市。

2013年。

…18歳の女性・木南愛菜(きなみ あいな)はキャバクラ嬢をしていましたが、自分にはあまり向いていないと思います。

大好きで憧れの職場の先輩・今井えりが、野球選手と授かり婚でキャバクラを辞めることになりました。

ロッカー室で、えりは愛菜に「美容師の方が向いてるんじゃない?」「これからは手に職だよ」と言います。それを聞いた愛菜は、資格を取ろうと決めました…。

2014年。

…安曇春子(あずみ はるこ)は27歳のごく平凡な女性でした。地元で生まれ育ち、そのまま地元の小さな事務所『まつや商事』に就職して、自宅から通っています。

両親は健在で、さらに痴呆症ぎみの祖母もいました。猫も飼っています。

元同級生の杉崎ひとみが結婚し、その披露宴に春子は招待されました。久しぶりに会うメンバーには、バツイチで子持ちの今井えりがいます。

職場は社長と専務のほかには、春子と吉澤ひろ子という、37歳の女性がいるくらいでした。男性社員は外に営業に出ているかもしれません。

社長と専務は口さがなく、しかも一昔前の古い考え方をする男たちでした。ひろ子が席を外した時には、社長と専務が容赦ないセクハラの言葉をかけてきます。

社長と専務にとっては、37歳で独身のひろ子は「女として終わっている」そうです。ひろ子にかぎらず、女性は35歳を過ぎたらおしまいで、老化して腐ってきているのだそうです。

そういう考え方をする2人に「安曇さんは大丈夫だよ。結婚できる人だよ」と言われても、春子はなんにも嬉しくありません。むしろ不愉快です。

女性の人生のゴールが結婚と出産、というふうに思いこんでいる上司たちに、嫌気がさしました。

ある日ひろ子と昼食を一緒に摂った春子は、社長と専務が裏で話している内容をひろ子が把握していると知ります。それでもひろ子は気にしていませんでした。

春子の給料は手取り10万ちょっとですが、長く勤めているひろ子ですら15万くらいと知り、社長と専務は仕事をしていないのに100万近くもらっているとひろ子から聞いて、春子は驚きます。「資本主義社会だから。私が言うのもなんだけど、結婚相手を見つけて結婚して、会社を辞めて忘れちゃいな」と、春子はひろ子に言われました。

女性差別のような発言を社長たちがするのは一種の肩たたきで、長い年数勤務されるよりも、若い女性を安い給料で使いたいからだと、ひろ子は言います。

ある日いつものように母にせがまれて、ドラッグストアにトイレットペーパーを買いに行った春子は、ドラッグストアのレジ店員が元同級生の曽我雄二だと知ります。

曽我は昔、春子の向かいの家に住んでいましたが、転居して今は別のところに住んでいます。曽我が幼少期に住んでいた家は、曽我が越した後もそのまま放置されていました。

その日、曽我の仕事上がりに会って話をした春子は、曽我がときどき放置された廃屋に入り込んでいると知りました。

久しぶりに曽我と話をした春子は、幼少期のことを思い出します。

春子の家にいる猫・みーちゃんは、15年前に曽我が名付けたものでした。みーちゃんが健在だと話すと、曽我は部屋から見せてくれと言います。

部屋に戻って2階の窓からみーちゃんを見せた春子は、懐かしい気持ちになりました。

その頃、町では「少女ギャング団」なるものが出没していました。女子高校生(JK)たちが集まり、無差別に男性を襲うのだそうです。

ある夜、春子が車を運転していると、目の前に女子高校生の集団が通り過ぎました。

彼女たちが立ち去ったあとに、うずくまる影を見た春子は、近づいてそれが「襲われた曽我」だと知ります。曽我は6~7人の女子高校生たちに、殴る蹴るの暴行を受けていました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「アズミハルコは行方不明」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×