「アナコンダ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

サスペンス映画

「アナコンダ」は1997年公開のアメリカとブラジルとの合作映画、監督は「山猫は眠れない」などのルイス・ロッサの作品です。キャストは歌手、女優で活躍するジェニファー・ロペス、ラッパーのアイス・キューブ、「ダージリン急行」のオーウェン・ウィルソン、アカデミー男優のジョン・ヴォイトなどが出演しています。アマゾンを調査するテレビークルーと巨大なアナコンダとの戦いを描くパニックアクション。

あらすじ動画

アナコンダの主な出演者

テリー(ジェニファー・ロペス)、ダニー(アイス・キューブ)、ポール(ジョン・ヴォイト)、ケイル(エリック・ストルツ)、ウエストリッジ(ジョナサン・ハイド)、ゲアリー(オーウェン・ウィルソン)、デニス(カリ・ウーラー)、

アナコンダのネタバレあらすじ

【起】– アナコンダのあらすじ1

アナコンダのシーン1

画像引用元:YouTube / アナコンダトレーラー映像

テレビディレクターのテリーと、テリーの彼氏で人類学者のケイルをはじめとするテレビクルーの一行は、「霧の民」と言われている幻のシリシャマ族探索のドキュメンタリー番組を撮影するため、アマゾンにやって来ました。

メンバーはテリー、ケイル、カメラマンのダニー、音声技師のゲアリー、プロダクションマネージャーのデニス、リポーターのウエストリッジ、現地ガイドのマテオ

ケイルが、ガイドのマテオからシリシャマ族の手がかりをつかみ、部族がいる場所の目星がついたと興奮しながらテリーに報告にやって来ます。2人はこのドキュメンタリー番組制作に意気込みます。

次の日、一行は船を手配しケイルとマテオがルートを確認、一番安全な道を進むことにします。船の準備ができ、いよいよシリシャマ族を求めてアマゾン川を登っていきます。

しばらく船を進めていると、空模様が怪しくなり大雨になってしまいます。さらに前方で岩に座礁し動けなくなり、助けを求めている男性に遭遇し、男性を助け出します。

男性はポール・サローンと名乗り、動物園からの依頼を受け蛇ハンターをしていると言います。そして、テリーたちがテレビの取材のためシリシャマ族を追っていると聞くと、ポールはシリシャマ族を見たことがあると答えます。そこで、一行はポールにシリシャマ族を目撃したという場所に案内してもらうことになります。

その夜、一行は船を止めて寝るまでの間、各々の時間を楽しみます。テリーとケイルは川のほとりで大量に飛ぶ蛍を見つけてロマンティックな雰囲気に浸ります。

しかし、そのすぐ傍には大きな大蛇が潜んでおり、大蛇は自分よりも大きなジャガーに襲い掛かり丸呑みにします…。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「アナコンダ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×