映画:アメリカの友人

「アメリカの友人」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アメリカの友人の紹介:ヴィム・ヴェンダース監督によるネオ・ノワール。原作は「太陽がいっぱい」で知られるパトリシア・ハイスミスの小説で、デニス・ホッパーとブルーノ・ガンツが主演を務めた。難病に冒されている中年男性がマフィアの暗殺計画に巻きこまれていく。第28回ドイツ映画賞では、監督賞と編集賞を受賞した。1977年 西ドイツ・フランス合作。

アメリカの友人の主な出演者

トム・リプリー(デニス・ホッパー)、ヨナタン・ツィマーマン(ブルーノ・ガンツ)、マリアンネ・ツィマーマン(リサ・クロイツァー)、ミノ(ジェラール・ブラン)

アメリカの友人のネタバレあらすじ

【起】– アメリカの友人のあらすじ1

物語の舞台はドイツ、ハンブルク。額縁職人のヨナタンは妻マリアンネと幼い息子と穏やかな日々を過ごしていました。幸せな家庭を築いていたヨナタンですが、自身は血液の難病を患っており、日々病院で検査を受けていました。

そんなある日、ヨナタンはとある絵画のオークション会場でリプリーというアメリカ人の中年男と出会いました。リプリーはヨナタンに握手を求めますが、ヨナタンはリプリーが投資目的で絵画を購入していることを快く思わず、握手を拒否しました。ヨナタンが去った後、リプリーはオークション関係者からヨナタンの病状を知り、ある考えを思いつきました。それは、ミノというマフィアから依頼されている人殺しをヨナタンにやらせようというものでした。

リプリーは早速ヨナタンと接触を図りました。先日からは一転、ヨナタンはリプリーに柔和な態度を取り、オークションでの失礼を詫びました。ヨナタンはリプリーからの額縁制作の依頼にも快く応じましたが、2,3日で作ることを約束しました。

それからすぐ、ヨナタンは友人から一通の手紙を受け取りました。そこには、ヨナタンの症状が悪化したと聞いて心配していると書かれていました。わざわざ友人が手紙を送ってきたこと、また、なぜか病気の悪化と書いていることに疑問を覚えるヨナタン。胸騒ぎを覚えたヨナタンは主治医を訪ね、病気が悪化しているかどうか検査してもらいました。その結果、数値に変化がないことがわかり、ヨナタンは安堵します。その一方で、誰かがデマを流しているのではないか、とヨナタンは疑い始めていました。

その後店に戻ると、そこにはミノというスーツを着た中年男がいました。ミノはなぜかヨナタンの個人情報をよく知っており、残された妻子に金を残したいなら人殺しをしろ、と頼んできました。殺す相手はマフィアの人間で、報酬は25万マルクでした。ミノはヨナタンの主治医が病状を隠していると揺さぶりをかけ、ヨナタンはひどく困惑します。ヨナタンはミノの前から去り、再び主治医の元へ向かい、再検査に臨みました。結果は以前と同じで、主治医からは症状が変わっていないとの診断をヨナタンは受けるのでした。

ヨナタンはマリアンネに今日起きた奇妙な出来事を明かし、バカバカしいとうんざりしていましたが、一方のマリアンネの表情は固く、夫に心配の眼差しを向けていました。その後もヨナタンは気にすまいとしますが、ミノからは一方的に大金を送られてしまい、病状もひどくなる一方でした。

ヨナタンは耐えきれずミノに連絡をとると、送った金でパリの専門医に診てもらうようアドバイスを受けました。ヨナタンは店の客が予約を取ってくれたとマリアンネに嘘をついてパリへと旅立っていきましたが、マリアンネはそんな夫の言葉に不信感を抱くのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「アメリカの友人」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×