映画:アルカトラズからの脱出

「アルカトラズからの脱出」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アルカトラズからの脱出の紹介:ドン・シーゲル監督による脱獄をテーマとしたスリラー映画。J・キャンベル・ブルースによる同名のノン・フィクションを映画化した作品で、1962年にアルカトラズ刑務所で実際に起きた脱獄事件をクリント・イーストウッド主演で描いていく。1979年アメリカ製作。

アルカトラズからの脱出の主な出演者

フランク・モリス(クリント・イーストウッド)、ウォーデン(パトリック・マッグーハン)、ドク(ロバーツ・ブロッサム)

アルカトラズからの脱出のネタバレあらすじ

【起】– アルカトラズからの脱出のあらすじ1

物語の舞台は1960年のアメリカ。

サンフランシスコ湾に浮かぶアルカトラズ刑務所に一人の男が収監されることから、物語は始まります。

男の名前はフランク、脱獄の常習犯として知られる犯罪者でしたアルカトラズ刑務所は無慈悲な所長ウォーデンの監視の下、多くの凶悪犯が服役していましたが、その中の誰一人として海に囲まれたこの刑務所から脱獄を成功させた者はいませんでした。

しかし、フランクはこのまま素直にこの刑務所で無為な時間を過ごすことは望まず、すぐに脱獄する方法がないか考え始めました。

アルカトラズ刑務所に入ってからすぐ、フランクは友人ができました ネズミをひそかに飼う老人リトマス、隣の房の大人しい囚人のチャーリー、そして、絵を描くことを愛するドクとフランクは自然と仲良くなっていきました。

ある日の自由時間、フランクはドクが自画像を描いていることに気づきました。

自画像の中に描かれた菊の花の意味を尋ねると、ドクは「私の中から咲いた鉄格子にも壁にも囚われん」と微笑むのでした。

その一方で、フランクはウルフという小太りな囚人から性的な関係を求められていました。

しかし、喧嘩の強いフランクはウルフを殴り倒し、以来、ウルフから殺意を抱かれるようになりましたそんなある日、フランクはウルフに喧嘩を売られたことが原因で懲罰房に入れられ、刑務官から非人道的な仕打ちを受けてしまいました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「アルカトラズからの脱出」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×