映画:アンタッチャブル

「アンタッチャブル」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アンタッチャブルの紹介:1987年公開。禁酒法時代を舞台に、ギャングのボスであるアル・カポネを逮捕しようとする財務省捜査官のチーム「アンタッチャブル」の活躍を描いた作品。監督は「ミッション:インポッシブル」のブライアン・デ・パルマ。脚本は「ハンニバル」のデヴィッド・マメット。音楽は「ヘイトフル・エイト」のエンニオ・モリコーネで、今作でグラミー賞を受賞。豪華な出演者には、「JFK」のケヴィン・コスナー、初代ジェームズ・ボンドのショーン・コネリー、「タクシードライバー」のロバート・デ・ニーロらが名を連ねる。

あらすじ動画

アンタッチャブルの主な出演者

エリオット・ネス(ケヴィン・コスナー)、ジム・マローン(ショーン・コネリー)、ジョージ・ストーン(アンディ・ガルシア)、オスカー・ウォレス(チャールズ・マーティン・スミス)、アル・カポネ(ロバート・デ・ニーロ)、フランク・ニッティ(ビリー・ドラゴ)、ジョージ(ブラッド・サリヴァン)、キャサリン・ネス(パトリシア・クラークソン)

アンタッチャブルのネタバレあらすじ

【起】– アンタッチャブルのあらすじ1

禁酒法時代、ギャングのボスのアル・カポネは密造など犯罪を犯しながら莫大な利益を上げていました。民衆からも支持を得ている状態です。

しかし、10代の少女が犯罪の犠牲となります。政府は、財務官であるエリオット・ネスを派遣して取締りの強化を図ることにします。

ネスは、警官達を従えながら手入れを行います。しかし、警官をも買収しているアル・カポネの前に失敗に終わります。

中身は酒ではありませんでした。マスコミにもバレて、ネスは大恥をかくこととなります。少女の犠牲者の母親だけは、ギャングに立ち向かうネスを応援してくれます。

ある日、ネスはパトロールをしている老警官のマローンと出会います。彼だけは自らの正義を貫く志を持っていました。

ネスは彼に捜査の協力を願います。命を大切にしているマローンは断るのですが、後から協力することを決めてくれます。

経理を担当していたウォレスが派遣されてきます。そしてネスは、マローンと共に腕利きの警官のストーンを仲間にします。4人は「アンタッチャブル(触れざる者)」としてチームとなります。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「アンタッチャブル」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×