映画:アンフォゲッタブル

「アンフォゲッタブル」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

アンフォゲッタブルの紹介:2017年製作のアメリカ映画。デイビッドと再婚することになったジュリアは、仕事を辞めてデイビッドと暮らし始めるが、前妻・テッサが悪質な嫌がらせを開始してジュリアを恐怖に追いやる…。

あらすじ動画

アンフォゲッタブルの主な出演者

ジュリア・バンクス(ロザリオ・ドーソン)、テッサ・コノーバー(キャサリーン・ヘイル)、デイビッド・コノーバー(ジョフ・スタルツ)、リリー・コノーバー(イザベラ・ケイ・ライス)、ミゲル(アレックス・キハノ)、アリー(ホイットニー・カミングス)、ヘレン・マニング(シェリル・ラッド)、マイケル・バルガス(サイモン・カシアニデス)、ポープ刑事(ロバート・ウィズダム)

アンフォゲッタブルのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①元夫・マイケルにDV被害に遭った過去のあるジュリアは、デイビッドと新たな家庭を築こうとしていた。デイビッドにも前妻・テッサがおり、テッサはデイビッドの再婚を知ると妨害に出る。 ②テッサの罠にかかりジュリアはマイケル殺害容疑をかけられる。テッサは自殺し、問題は解決されたかにみえたが、テッサの母・ヘレンがまだ脅威の存在。

【起】– アンフォゲッタブルのあらすじ1

アンフォゲッタブルのシーン1

画像引用元:YouTube / アンフォゲッタブルトレーラー映像

アメリカ・カリフォルニア州。

黒髪の女性ジュリア・バンクスが、元夫マイケル・バルガス殺人容疑で取り調べを受けます。

事情聴取に当たったポープ刑事は、ジュリアが3年前に家庭内暴力でマイケルを訴えて、マイケルに執行猶予付き有罪判決が下ったこと、それが現在は解けていることをジュリアに確認しました。ジュリアも認めます。

ポープ刑事は、マイケルのフェイスブックや電話のメールなどに、ジュリアが望んでマイケルと復縁したことや、ジュリアの下着がマイケルの自宅で見つかったことを告げました。

それはすべてジュリアの知らないことです。

話を聞かせてくれと、ポープ刑事はジュリアに聞きます…。

(以下、しばらく回想シーンという形で話が展開。冒頭のこのシーンは終盤に出てくる)

…半年前。

ジュリアは、編集者として勤務していたチャプターパッド社を、円満退社しました。同僚の女性たちに惜しまれながら、会社を去ります。

同僚であり、親友でもある女性・アリーに車を借りたジュリアは、身の回りの品を持って、南カリフォルニアに行きました。

ジュリアが会社を辞めたのは、再婚のためです。

かつてジュリアは、元夫のマイケル・バルガスに暴力を振るわれて、つらい思いをしました。警察に訴えて、マイケルには執行猶予付き有罪判決と、接近禁止命令が下されています。

ジュリアはその後、2年前に離婚した男性デイビッド・コノーバーという男性と知り合い、愛し合うようになりました。

ジュリアとデイビッドの仲は順調で、このたび再婚することにしたのです。

デイビッドは若い頃に銀行員をしていましたが、辞めて小さな町に移転し、現在はビジネスパートナーのミゲルと共に「カッパーマウンテン醸造所」を経営していました。仕事も順調です。

小さな町なので、社会も狭い地域でした。その同じ町に、デイビッドが離婚した元妻・テッサと娘・リリーが暮らしています。

・ジュリア…映画は彼女の目線から描いている。デイビッドと結婚するため、編集者の職を辞してカリフォルニアの田舎町へ移転した。アリーという親友がいる。元夫・マイケルのDVが原因で警察沙汰になった過去を後ろめたく思っており、デイビッドに告げていない。

・テッサ…この映画のもう1人の主人公的存在。デイビッドの前妻でリリーの母。潔癖症で完璧主義のきらいがある。デイビッドと別れたが未練があり、ジュリアと再婚すると聞いて妨害しようとする。その背景には大きな要因があるが…(これは後述)。

・デイビッド…スタンフォード大時代からテッサと付き合っていたが、うまくいかずに別れようと思った頃、テッサの妊娠を知って結婚。テッサの浮気発覚で離婚してからは、一切テッサに思いを残していない。

デイビッドの家に行ったジュリアは、すぐに元妻のテッサやリリーがやってくると告げられました。

離婚したふたりの娘・リリーの親権はデイビッドにありますが、様子見ということでテッサのところに預けられています。

またデイビッドは、再婚のことをまだテッサに告げていません。

テッサは娘のリリーの髪をとかしながら、「もし帰りたくなったらパパに言うのよ」と告げていました。テッサもリリーも美しい金髪ストレートです。

オレオというハムスターを連れて、リリーは父・デイビッドと父の新恋人・ジュリアに会いました。

リリーは用意された毛布が気に入らなかったものの、ほかは特に問題なく過ごします。

いっぽう、テッサの方は娘がいない夜を寂しく過ごしていました。

翌日、デイビッドが出勤した後、ジュリアはカリフォルニア州高等裁判所からの通知を受け取ります。

元夫・マイケルに科されていた接近禁止命令の、期限が切れるという知らせでした。ジュリアは暴力に怯えていた日々を思い出し、憂鬱になります。

デイビッドから電話があり、仕事で帰りが遅くなるので、夕食はリリーと食べてくれとジュリアは言われました。

リリーの私物を持ってきたテッサを、ジュリアは誘って3人で夕食を囲みます。

テッサはジュリアにフェイスブックをしているかと聞きますが、ジュリアは一切していませんでした(マイケルのDVがあって以来、SNSは避けている模様)。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「アンフォゲッタブル」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ