映画:ア・フュー・グッドメン

「ア・フュー・グッドメン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

サスペンス映画

ア・フュー・グッドメンの紹介:1992年公開のアメリカ映画。キューバ米海軍基地で起こった不審な殺人事件の真相をさぐる若い弁護士の姿を中心に、軍隊内の組織悪を暴く過程での、登場人物たちの人間的成長を描いたドラマ。

あらすじ動画

ア・フュー・グッドメンの主な出演者

ダニエル・キャフィ中尉(トム・クルーズ)、ネイサン・ジェセップ大佐(ジャック・ニコルソン)、ジョアン・ギャロウェイ少佐(デミ・ムーア)、ジャック・ロス大尉(ケヴィン・ベーコン)、ジョナサン・ケンドリック中尉(キーファー・サザーランド)、サム・ワインバーグ中尉(ケヴィン・ポラック)

ア・フュー・グッドメンのネタバレあらすじ

【起】– ア・フュー・グッドメンのあらすじ1

キューバにある米海軍基地で、海兵隊員・サンティアゴ一等兵が就寝中に襲われて死にました。

サンティアゴを襲った被疑者は、同じ部隊に所属するダウニー一等兵とドーソン上等兵です。

検察官・ロス大尉は、ダウニーとドーソンを殺人罪で起訴しました。しかし事件の背景にコードRがあると感じた内部調査部・ギャロウェイ少佐は被告の弁護を申し出ます。

弁護には、ハーバード出身ではあるものの、法廷での経験がないキャフィー中尉が任命されました。

コードR(RED)とは「規律を乱す者への暴力的制裁」のことです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ア・フュー・グッドメン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×