映画:イノセントガーデン

「イノセントガーデン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

サスペンス映画

イノセント・ガーデンの紹介:2013年5月31日公開のアメリカ映画。『オールド・ボーイ』の韓国の鬼才パク・チャヌクがハリウッドで撮り上げたサスペンス・ミステリー。18歳の誕生日に不思議な箱を見つけたヒロインが、行方不明だった叔父の出現を機に不可思議な出来事に遭遇する姿を描く。

あらすじ動画

イノセントガーデンの主な出演者

インディア・ストーカー(ミア・ワシコウスカ)、イヴリン・ストーカー〔エヴィ〕(ニコール・キッドマン)、チャールズ・ストーカー(マシュー・グード)、リチャード・ストーカー(デルモット・マロニー)、マクガーリック夫人(フィリス・サマービル)、グウェンドリン・ストーカー(ジャッキー・ウィーバー)、ピッツ(ルーカス・チル)、ホイップ(エルデン・エーレンリッヒ)

イノセントガーデンのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①インディア18歳の誕生日、父が死に今まで会ったことのない叔父・チャーリーが現れる。チャーリーは父に似ており、インディアは惹かれていく。 ②叔父・リチャードは殺人鬼だった。母を殺そうとしたリチャードをインディアは殺害。インディアにも殺人鬼の血が流れている。

【起】– イノセントガーデンのあらすじ1

イノセントガーデンのシーン1

画像引用元:YouTube / イノセントガーデントレーラー映像

〝花が色を選べないように、人は自分を選べない

それに気づけば、自由になれる

大人になれば、自由になれるのだ〟

…18歳になったばかりの少女インディア・ストーカーは、小さくなった靴をまだ履いていました。

小さいのに無理に靴を履いたため、指にできたマメをつぶしています。

インディアは毎年、誕生日のプレゼントで白と黒の革靴をプレゼントされていました。

誰がセレクトしているのかは分からないのですが、インディアの誕生日には決まって同じメーカーの靴が用意されており、それが屋敷のどこかに隠されているのです。

18歳の誕生日、インディアはもちろん箱を探しました。

箱を見つけてリボンを解いたのですが、中身は鍵が入っているだけで、靴がありませんでした。

それまで毎年ずっと靴があったので、インディアは不思議でなりません。

箱についている黄色いリボンを持ち、インディアは鍵も手にします。

インディアは幼少期から、父親リチャード・ストーカーになついていました。

インディアは少女ですが、リチャードから狩猟の方法を教わっていました。

母・イヴリン、通称:エヴィは血を分けた実の母親ですが、昔から母親らしいことをせず、自由奔放に生きていたために、インディアとエヴィの間には、溝があります。

エヴィが家事をしないので、ストーカー家にはお手伝いさんと、マクガーリック夫人という初老の家政婦が雇われていました。

マクガーリック夫人が食事を作ってくれます。

インディアの誕生日、箱を見つけた直後に父・リチャードの訃報が舞い込みました。

インディアはプレゼントの件をいったん棚上げにし、葬儀に出ます。

父・リチャードの死は不可解なものだと、葬儀に出た人たちがうわさしていました。

父親は2州先の遠い場所で、車で橋から落ちて死んでいたそうです。

遺体は黒焦げになっており、本当に事故なのか怪しいものでした。

父の葬儀を母・エヴィは悲しむ様子もなく、葬儀が終わると淡々と暮らしています。

父の葬儀でインディアは、父・リチャードの弟だというチャーリー叔父に、初めて会いました。

チャーリー叔父は父と似ており、叔父というのは事実のようです。

しかし初対面だったので、インディアは戸惑いました。

エヴィも初耳だったので、チャーリーとどう接すればよいのか戸惑います。

亡き夫と面影が似ているチャーリーに、エヴィは好意的に接しました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「イノセントガーデン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×