映画:インシテミル(7日間のデスゲーム)

「インシテミル(7日間のデスゲーム)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

インシテミル 7日間のデス・ゲームの紹介:2010年公開の日本映画。米澤穂信のミステリー小説『インシテミル』を、『リング』を手掛けた中田秀夫監督が映像化。大金を得るためにある館を訪れた10人の男女の、生き残りを賭けたゲームが描かれる。

あらすじ動画

インシテミル(7日間のデスゲーム)の主な出演者

結城理久彦(藤原竜也)、須和名祥子(綾瀬はるか)、関水美夜(石原さとみ)、大迫雄大(阿部力)、橘若菜(平山あや)、西野宗広(石井正則)、真木雪人(大野拓朗)、岩井荘助(武田真治)、渕佐和子(片平なぎさ)、安東吉也(北大路欣也)、インディアン人形(日村勇紀・声のみの出演)

インシテミル(7日間のデスゲーム)のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①時給11万2千円という破格の「心理学の実験バイト」に応募した結城。時給の高さにつられた10人の男女が、館に集められた。 ②翌日、西野が殺されたのを皮切りに次々と人が死んでいく。館は人殺しの様を実況中継することで金を得ていた。結城は生き残って大金を得るも、捨てて去る。 ③死んだ順番「西野(自殺、ガードに撃たれた)」「佐和子(美夜にネイルガンで殺された)」「大迫(岩井がリモコン操作で吊り天井を動かし圧死)」「真木(斧で若菜が殺す)」「若菜(斧で自殺)」「美夜(ガードに撃たれた)」「岩井(拳銃の暴発で死亡)」

【起】– インシテミル(7日間のデスゲーム)のあらすじ1

インシテミル(7日間のデスゲーム)のシーン1

画像引用元:YouTube / インシテミル(7日間のデスゲーム)トレーラー映像

ある日、フリーターの若者・結城理久彦がコンビニで求人情報誌を立ち読みしていると、元OLという須和名祥子が携帯で表示したバイトの情報について、結城に聞いてきました。

それは時給11万2千円という、超破格のバイトです。「1120百円」と表示されており、結城は最初、プリントミスか、あやしいバイトかと疑いました。

内容は「7日間の心理学の実験」のバイトで、聞くと祥子はもう応募したとのことでした。

祥子に惹かれた結城もつられて応募をし、バイトをすることになりました。

実務連絡機構というところが行なうバイトに集められた人間は10人で、白い2台の大きなリムジンで山に連れて行かれます。そこには円筒形の石造りの大きな建物がありました。

実験の内容についての質問は受け付けないこと、全ての荷物をロッカーに預けることを指示する女性の声のアナウンスが入り、最後に「この先、不穏当かつ非倫理的な出来事が発生し得ます。それでも良いという方のみ、この先にお進み下さい」と発せられます。

全員が進み、螺旋階段をおりると、堅牢な扉がありました。

〔一日目〕

内部の部屋はかなり広く、心理学の実験にしては建物が大きいようです。中央のラウンジに円形のテーブルがあり、10体のネイティブアメリカンの人形が置かれていました。

自己紹介をしようと大迫が言い始め、皆名乗りました。

・結城理久彦…若い男性。フリーター。車でも買えればいいなと思って応募。

・須和名祥子…若い女性。自称OL。

・関水美夜…若い女性。WEBデザイナー。

・大迫雄大…若い男性。研修医。医者として実験に興味があったとのこと。

・橘若菜…若い女性。ネイリスト。大迫と交際しており、夢は大迫との結婚。

・西野宗広…中年男性。デパートの野菜売り場やタクシーの運転手など、いろんな職を転々とした。

・真木雪人…若い男性。コツコツ働くのが嫌なので応募したとのこと。

・岩井荘助…若い男性。特に自分のことを語らず。

・渕佐和子…中年女性。世田谷在住の、専業主婦とのこと。

・安東吉也…初老の男性。経営していた建築事務所が倒産したので応募したとのこと。

食事を終えた頃、ネイティブアメリカンの人形が施設の説明をします。この館は「暗鬼館」と言い、ガードが雑用をこなすと言いました。

ガードは天井方向からぶら下がったロボットで、天井に張り巡らされたレールに沿って動きます。二本の腕があり、人間の拘束も可能のようでした。

・夜22時以降は、自分の個室に入っていること(外にいるとガードに排除される)

・もし事件が起きたら解決すること(解決する人を〝探偵〟と呼び、誰でもなれる。〝犯人〟は多数決で決める)

・〝犯人〟が決まったら、投獄をせよ(投獄はガードが手伝う)

・実験終了は7日目を迎えるか、生存者が2名になり実験不可能と判断した時だけ

ルールを説明し終わると、皆は沈黙しました。

壁には一見すると分かりにくいですが、あちこちに監視カメラが仕掛けられ、部屋の隅には残り時間を示すと思しき時間と、上昇する数字がカウントされていました。

安東が「知らない人間が、互いを信頼し合うゲームではないのか」と言い、結城もそうだと思います。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(3件)

ライターの感想

藤原竜也さん主役の映画ですが、藤原竜也さんらしい演技がとても魅力です。
七日間の心理学のアルバイトということですが、実際は、その建物の中で殺人事件が起きてしまいます。生きるか死ぬかとなった時の人間の様子を、世の中の多くの人が実は映像として観ていたことが最後にわかります。そういった人間の行動を面白いと思って観ている人達の様子にぞっとしました。
そして一番印象に残っているのは、ずっと仲間だと思って一緒に行動していた綾瀬はるか演じる祥子が主催者側の人間だったと分かる場面です。
仲間だと完全に思い込まされてしまうので、最後に暴露されて衝撃的過ぎてとても印象に残っています。最初から最後までハラハラして面白い映画です。

ライターの感想

藤原竜也さん主役の映画ですが、藤原竜也さんらしい演技がとても魅力です。
七日間の心理学のアルバイトということですが、実際は、その建物の中で殺人事件が起きてしまいます。生きるか死ぬかとなった時の人間の様子を、世の中の多くの人が実は映像として観ていたことが最後にわかります。そういった人間の行動を面白いと思って観ている人達の様子にぞっとしました。
そして一番印象に残っているのは、ずっと仲間だと思って一緒に行動していた綾瀬はるか演じる祥子が主催者側の人間だったと分かる場面です。
仲間だと完全に思い込まされてしまうので、最後に暴露されて衝撃的過ぎてとても印象に残っています。最初から最後までハラハラして面白い映画です。
  • syuzokuさんの感想

    これは米澤穂信氏の「インシテミル」を原作とした映画です。
    心理学の実験バイトに10人の男女が応募し、建物内で殺人事件が起こるというストーリーです。原作では12人であり、映画では二人の人物が未登場です。ですが、十分楽しめる内容になっています。
    原作と異なる点も多いですが、映画版のストーリー展開も面白いので、ハラハラドキドキできます。

  • ケイクさんの感想

    観る前の評判がすごく悪くて、ある意味藤原竜也の発狂をみたくて観ました。期待はせずマイナスからスタートしたのですが普通に観れました。謎解きはほとんどなく、いきなりスキャンダルな感じがあるのですが、それが個人的に良かったりしました。まあファン作品として観ていたので藤原竜也が好きならお勧めします。思いっきり発狂してます。

映画の感想を投稿する

映画「インシテミル(7日間のデスゲーム)」の商品はこちら

IMAGE

インシテミル 7日間のデス・ゲーム [DVD]

DVD > 日本のミステリー・サスペンス映画
ワーナー・ホーム・ビデオ
藤原竜也(出演),綾瀬はるか(出演),石原さとみ(出演),阿部力(出演),武田真治(出演),平山あや(出演)…

¥4,170
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20