「インスタキラー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

インスタキラーの紹介:2018年製作のアメリカ映画。夢を追う少女と優しい両親。穏やかな日常を正体不明のストーカーが脅かしていくさまに旋律。SNSで個人情報をさらしたことから派生する事件を描く…。

インスタキラーの主な出演者

ケリー・サリヴァン – レイラ リゼ・ブロードウェイ – ハーパー ショーン・クリスチャン – デレク ダレン・バーネット – ジョーイ リック・ダノ – フロイド T・C・カーター – ラス ヘクター・ヒューゴ – キャナバン刑事 ジャレッド・スコット – チャド リアリー・リモン – ペイジ パリス・ディラン – ジョギングしていた男性

インスタキラーのネタバレあらすじ

【起】– インスタキラーのあらすじ1

アメリカ。現在。

レイラ・ウッズは大学で美術史を教えています。大学生たちを前に彫刻などを見せながら、トロイ戦争の発端となった原因は「執着」なのだと説明します。

「愛という名の執着」と補足したレイラは、その詳細を学生たちに話し始めます。

レイラの娘ハーパー・ウッズは高校2年生です。親友のモニカとは仲良しで、いつもいっしょにいます。ハーパーは服飾デザイナーになるのが夢で、自分が着ている服もアレンジしていました。その日も青いシャツの袖に切り込みを入れて、おしゃれにしていました。

ハーパーとモニカが写真を撮り合いながら歩いている背後に、彼女たちを撮影する男がいました。上下が黒い服で、フードをかぶっているので顔は見えません。ゴミを出していた男性がそれを見てストーカー扱いして注意すると、男は殴りつけました。(映画タイトル)

ハーパーはSNSで自分の写真をアップしています。今日もアレンジしたシャツを写真に撮ってアップしました。服飾デザイナーになりたいハーパーは、SNSを評価されて希望の大学進学に漕ぎつけられる可能性、デザイナーへの職に有利になる可能性も考えています。

ハーパーの父はカフェを経営するバリスタで、店にはいつも客がたくさんいます。従業員として若い男性・ジョーイを雇っていました。ハーパーは学校帰りに店へ寄り、手伝うこともあります。ハーパーの母・レイラは大学教授で、デレクの店の近くに大学がありました。家族3人の仲は良好です。

ハーパーは現代っ子らしくいつもスマホをチェックしており、それをレイラに注意されます。その日の夜ハーパーがSNSをチェックしていると、急に自分のフォロワーが増えました。なぜなのか不思議に思ったハーパーが見ると、若者たちが注目する「バジー」に掲載されたからフォロワーが増えたと判明しました。女子の注目の的になってハーパーは喜びますが、ハーパーが個人情報を出しすぎていることをレイラとデレクは心配します。

翌日、登校時に車の助手席でハーパーがスマホをいじっているのを見て、レイラはアカウントを非公開にするように言います。しかしハーパーは「希望のデザイン学校に入れるかも」と言って聞き入れませんでした。レイラは注意しろと言って高校へ送り出します。

金曜の夜、デレクとレイラはディナーに出かけました。ハーパーにも声をかけますが、モニカが遊びに来るからと断ります。ハーパーは部屋でミシンを使い、新たな服を作っています。

デレクとレイラは、ハーパーが元気そうなので安心しました。ハーパーは病気で1年前に心臓移植をしているのです。いまはすっかり日常生活を送れていることを2人は喜びます。

家の外で車に乗り込んでいると、フロイドという警官が通りかかりました。デレクがフロイドに先日あった行方不明の男性のことを聞きました。フロイドは捜査に進展がないと答えます。

モニカがやってくると、服を作るハーパーと楽しくおしゃべりを始めます。

モニカがハーパーのパソコンでハーパーの写真をアップすると、チャドという男子からメッセージが届きました。チャドはハーパーの好きな同級生で、モニカもそれを知っています。モニカがハーパーのアカウントでチャドからの友だち申請を受けると、別アカウントからDM(ダイレクトメッセージ)が届きました。「彼氏になるよ」という内容です。

タイミングが合ったので、ハーパーもモニカもそれをチャドからだと思い込みました。好意的な返信をすると、相手は「今日のブルーの服は可愛かった」などとストーカー発言を重ねます。チャドではなくストーカーだと気づいたハーパーは、相手をブロックしました。

(以後、正体が判るまで「黒い服にフードをかぶった男」のことを「ストーカー」表記にします)

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「インスタキラー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×