映画:インソムニア

「インソムニア」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

サスペンス映画

インソムニアの紹介:2002年公開のアメリカ映画。1997年に制作された同名のノルウェー映画のリメイク作品。「インソムニア」とは英語で不眠症を意味する。白夜の町で少女の撲殺事件を捜査する刑事の苦悩とある秘密を描く。

あらすじ動画

インソムニアの主な出演者

ウィル・ドーマー(アル・パチーノ)、エリー・バー(ヒラリー・スワンク)、ウォルター・フィンチ(ロビン・ウィリアムズ)、ハップ・エッカート(マーティン・ドノヴァン)、レイチェル・クレメント(モーラ・ティアニー)、ランディ・ステッツ(ジョナサン・ジャクソン)

インソムニアのネタバレあらすじ

【起】– インソムニアのあらすじ1

白夜のアラスカ、ナイトミュートという町で17歳の少女が撲殺される事件が起き、ロス市警からドーマー警部と相棒・ハップが捜査に派遣されます。

ドーマーとハップは微妙な関係にあります。ドーマーは殺人課でも伝説になるほどのベテラン刑事ですが、昔ある凶悪犯を逮捕した際に決め手となる証拠がなく証拠を捏造して書類送検した過去があり、ハップはそれを知っています。

ハップは今回ちょっとした悪事の見逃しでロス市警の内務調査を受ける身でした。ハップは上司であるドーマーの悪事を内務調査に話すことで自分の不始末を見逃してもらおうと取引していて、そのことをドーマーも知っています。

地元の女刑事・エリーが2人を迎えました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「インソムニア」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ