「インヒアレント・ヴァイス」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

【結】– インヒアレント・ヴァイスのあらすじ4

インヒアレント・ヴァイスのシーン4

画像引用元:YouTube / インヒアレント・ヴァイストレーラー映像

精神病院を尋ねるドック。病院内を見て回ると、中毒と治療の両方で利益を得ているはずだと見て回っている。おかしな白い格好をした集団があぐらを組んでいる部屋ではシャスタのネクタイをした顔に卍のタトゥーのある男がいて、その近くにはコーイがいる。コーイはお経のようなものを唱えるふりをしながら口パクでなぜここに?とドックに問いかけている。

病院の中庭にはスーツ姿の男達に囲まれたミッキーが長椅子に座っている。ミッキーは人に全部のお金をあげてしまう夢を見る。おかしいんだと言う。シャスタの居場所を尋ねると悲しそうな顔をし、ドックにここを去るように言う。

テレビを見ていると警察ドラマにビッグフットがエキストラで出ていて笑ってしまうドック。するとシャスタが目の前に現れる。ミッキーの件は解決したと微笑むシャスタ。自分は家族の用事で遠くに行っていたと言う。そこへビッグフットがシャスタが戻ったと話す。部屋を歩き回るシャスタを見ているドック。電話を切るとシャスタが裸で立っている。同じベッドにはいってきたシャスタにミッキーのことは残念だったと話すと、ミッキーのことを話しながらドックにまたがるシャスタ。耐えきれなくなったドックはシャスタをそのまま犯してしまう。ヨリを戻したわけじゃないと笑うシャスタにもちろんと返すドック。シャスタがつけているネックレスを見てどこで買った?と訊くと船でと答える。するとシャスタは自分は貴重な荷物、内在する

欠陥の為保険はかけられないらしい、よくわからないけどと笑う。シャスタの首下を真剣に確かめているドック。

内在する欠陥(インヒアレントヴァイス)とは海上保険の用語で避けられない危険のこと、卵は割れる、チョコレートは溶ける、別れた女の場合はどう言う意味だったのか。

ソルティレージュに何を悩んでいるのかと問われるドック。コーイがスパイをやめられず家族に会えないのはおかしいと立ち上がる。

昼間、突然ペニーを訪ねるドック。犯歴が見たいと言い、エイドリアン・プロシアの名前をつげる。プロシアは市警に雇われた殺し屋で一度も起訴されていなかったが、一度正当防衛が認められた警察殺しがあり、それがビッグフットの相棒だった。

ドックはプロシアを訪ね暇潰しに調べていると話す。すると顔に卍のある男が現れ、プロシアは俺は今日は忙しい、お前に会っていないと言い残し部屋を出て行く。残された男の前で薬を吸っていたドックは一気に様子がおかしくなり別の部屋で縛られている。男はドックに入荷したてのチャイナホワイトをやると言って部屋の外に出て行く。ドックは隠していた金属片で手錠を外し、便器のような白い陶器で一気に男をのしてしまう。すると階段の下の扉が開きドックは男に銃を奪い撃ち殺す。扉から駐車場に出るとビッグフットがいて物をくすねるつもりだと言う。人を殺しまくっている黄金の牙と言うヤバい奴らの物だと止めるドックをよそにトランクに詰め込むビッグフット。

ドックは嫌な予感がしてトランクから物を取り出して持ち帰ってしまう。すると朝、ジャポニカの親の弁護士から自分の依頼人の荷物を持っているだろうと連絡が入る。依頼人を聞きだそうとするが話さず、自分の店で会おうと話す。

ジャポニカの父のクロッカーにジャポニカの話をするドック。物を渡す代わりにお金ではなく、コーイにスパイを辞めさせて欲しいと話す。同意をするクロッカー。

受け渡し場所では女が二人現れ、コーイ名義のアメックスのカードを渡してくる。

ドックはコーイを車で拾い、緊張して車から降りられないコーイに自分の人生をしっかり生きろと話して家まで送り出す。

薬をしていたドックの部屋にビッグフットが無理やりドアを破って入ってくる。いつものように文句を言うだけかと思いきや、ドックの薬をくれと言ってひと吸いして、悪かったなと謝罪をしてくる。更にテーブルの上にあった草を全部食べて外に出て行く。

シャスタを助手席に乗せて車に乗っているドック。ウィジャ盤の件はソルティレージュに騙されたと笑っていると、シャスタは彼女は私たちのことも全部わかっていたわと笑い、ヨリを戻したわけじゃないと二人で笑い合う。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「インヒアレント・ヴァイス」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×