映画:インモラル 凍える死体

「インモラル 凍える死体」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

インモラル 凍える死体の紹介:2008年制作の日本映画。坂辺周一・原作の同名コミックを、俳優・小沢仁志として知られるOZAWA監督が映画化。女性を狙う犯罪撲滅のために結成された“性犯罪特別捜査班”の女性警官たちの奮闘を描いた作品。

インモラル 凍える死体の主な出演者

葛原鐘子巡査部長(吉野紗香)、西野萌巡査部長(佐藤寛子)、雨宮悦子巡査部長(赤井沙希)、岸梁子警部補(紺野千春)、外苑警察署長(螢雪次朗)、ヨシダ(山本浩司)、伊藤刑事(小沢仁志)

インモラル 凍える死体のネタバレあらすじ

【起】– インモラル 凍える死体のあらすじ1

この国では、年間3万人の女性が消える(警視庁調べ)。…だから君が消えても驚かない。

近年、増加の一途をたどっているストーカー犯罪を取り締まるべく、警視庁外苑署で女性警官だけの女性のための『性犯罪特別捜査班』が組織されました。

メンバーは4人の女性で構成されます。

本庁捜査一課より派遣された岸梁子警部補が指揮を執り、同じく捜査一課出身の西野萌巡査部長も派遣されました。

対する外苑署では、盗犯課から葛原鐘子巡査部長、生活安全課から雨宮悦子巡査部長が異動、配属されます。

組織直後からマスコミの目に晒され大々的に取りざたされた4人は、居心地の悪い思いをしました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「インモラル 凍える死体」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×