「ウインド・リバー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

【転】– ウインド・リバーのあらすじ3

ウインド・リバーのシーン3

画像引用元:YouTube / ウインド・リバートレーラー映像

コリーたちは、チップをリトル・フェザー兄弟の家に訪ねた。

訪ねてきたのがFBIだとわかりその家に住むヤク中のサムという男がいきなりジェーンとベンに催涙スプレーを浴びせ逃げ出し発砲してきたが、ジェーンに撃ち殺される。逃げようとしたチップもコリーにつかまった。

チップは妹のナタリーがレイプされて雪の中で死んだことを知らず、そのことを聞いて慟哭した。

コリーとジェーンはその家から山の斜面へと続いているスノーモビルの轍を見つけ辿ってみることにした。

山中にスノーモビルを停め雪中を歩き出した二人が発見したものは、雪深い森の中で肉食の鳥に突かれている人間の体の一部だった。

インディアン管理局に拘束されているチップと話をしたコリーは、ナタリーが付き合っていた男のことを聞き出した。その男はコリーとあまり歳が変わらない掘削所の警備員でマットという男だった。

ジェーンの調べでチップの情報の裏が取れるとその翌朝、コリーは遺体の先の痕跡をたどることとし、ジェーンとベンは部族警官らと一緒に掘削所へ向かった。

掘削所を訪れたジェーンたちが警備員たちにマットのことを質問すると警備員は、マットは3日前に痴話げんかで宿舎を飛び出した恋人を追って出て行ったきり戻ってこないと答える。

ジェーンたちが掘削所に到着したその頃、コリーは雪山の中でピューマの親子の巣穴を見つけピューマに銃口を向けようとしたその時、すぐそばにピューマが食べたであろう人間の骨が転がっており、その横にスノーモビルの轍の後を見つける。

驚いたコリーが銃を下ろし轍の先を目で追うと、それは掘削所まで続いていた。

ジェーンたちは警備員たちとの会話の中で、警備員がマットの恋人は死んだということを知っていることに違和感を覚え、同じく疑いを感じた警官たちが警備員を取り囲むような態勢をとったため両者はいきなり銃を向けあい、一触即発の状態になった。

しかし、ジェーンが両者の間に入り、自分がFBIであることを警備員にも伝え、この場の最高権限者ということで一旦はこの場を落ち着かせた。

3日前、事件が起きた夜ナタリーは掘削所の宿舎に一人でいるはずのマットのところにやってきた。

二人が愛を語らっているところに帰ってこないはずの警備員たちが寄って帰ってきたのだ。

酔った彼らの一人が二人を執拗にからかい始め、頭に血が上ったマットがその男を投げ飛ばすと5人の男たちと大喧嘩になり、ナタリーも巻き添えを食らい二人は気絶してしまう。

ベッドに倒れこんでいるナタリーを見て、さっきの男がナタリーの服を引き降ろし、レイプし始めると意識が戻ったマットがその男に殴りかかった。

そのすきにナタリーは裸足のまま外へ飛び出したが、マットは警備員仲間に殺されてしまう。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ウインド・リバー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×