「エクストーション 家族の値段」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

ケビンは家族を連れカリブ海にレジャーにやってきた。しかし借りた船で無人島に立ち寄り、帰ろうとしたところエンジンが故障して帰れなくなってしまう。飲まず食わずで倒れ込んでいたところ、二人の漁師がやって来てケビンが医者だと知った漁師は命を助けてやる代りに100万ドル払えと迫ってくる。  

あらすじ動画

エクストーション 家族の値段の主な出演者

ケビン:アイオン・ベイリー ミゲル:バーカッド・アブディ ジュリー:ベサニー・ジョイ・レンツ ハーゲン刑事:ダニー・グローヴァー

エクストーション 家族の値段のネタバレあらすじ

【起】– エクストーション 家族の値段のあらすじ1

エクストーション 家族の値段のシーン1

画像引用元:YouTube / エクストーション 家族の値段トレーラー映像

医者のケビン・ライリーは妻のジュリーと息子のアンディを連れ、ジュリーの提案でカリブ海のリゾート地にバカンスに向かった。

出発前、医者としてのケビンに恩義を感じている近所のルーカス爺さんが、ケビンの芝刈り機が不調だと聞いて直し方を教えようとやってきたが、出発前だったため断った。

カリブのホテルにチェックインし、水上バイクに乗りたいと言うアンディのために浜辺のレンタルコーナーに行くが、あいにく今日は出払っていて予約も埋まっていた。

担当者は船なら借りられるところがあると言い、2キロ先の船着き場を教えた。

船着き場に着くと自分の船を借りてもらおうと男たちが値下げ合戦をはじめ、ケビンは一番安い船を借りた。

燃料は満タンで、乗り逃げされても保険に入っているから大丈夫という貸主は、簡単な操作方法と救命胴衣のありかを教え自らは船を降り、ケビンは船を発進させた。

大喜びのジュリーとアンディをその船に乗せケビンは海原を走らせた。

陸地が見えないほど沖に出てきてしまっていたため、そろそろ戻ろうと言うジュリーの言うことを聞いて船の進行方向を変えようとしたケビンだったが、息子のアンディが島を見つけ、宝島かもしれないから見に行きたいというためケビンはその島に向かった。

島に上陸すると、ジュリーは船の傍で読書し、ケビンは宝物を見つけたいと言うアンディと一緒に島を探索した。

暫くその島に滞在し空腹感を感じ始めたケビンは、帰って昼食にしようと船のエンジンをかけようとしたがかからない。どうやら故障しているようだった。

じきに船が通るさとケビンは気休めを言うが、携帯電話は勿論、飲み物も食べ物も何も持ってきていなかった。

エンジンカバーを開いて見ると芝刈り機と同じエンジンが使われていた。ルーカス爺さんに教わっていなかったことを後悔したがどうしようもない。

船が戻らなければ心配して探してくれるのではというジュリーに、現金払いで名前もホテルも伝えていなかったケビンはあてにならないと言う。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「エクストーション 家族の値段」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×