「エクストーション 家族の値段」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

【結】– エクストーション 家族の値段のあらすじ4

エクストーション 家族の値段のシーン4

画像引用元:YouTube / エクストーション 家族の値段トレーラー映像

意識を失ったケビンが気がついたとき、彼は病院のベッドで手錠をかけられていた。

ケビンは一転して幼い子供と父親を殺した容疑者となった。

正当防衛を主張し子供が死んだのは事故だと主張するケビンだったが、ハーゲン刑事は聞いてくれない。

ケビンには家族を救うための時間がなかった。

暴れたケビンを抑え込もうとした警察から拳銃を奪い手錠を外させると病院から逃げ出した。

港務部へ行き船体番号から停泊場所を割り出そうとしたケビンだったが、ミゲルの船はリース期間が終了していた。

今度は携帯の通話記録からホルヘの居場所が割り出せると考えたケビンは、米国大使館に電話を入れ公使にその旨を伝え大広場に連れてきて欲しいと頼んだ。

しかし大広場にはハーゲン刑事たちがケビンを捕えようとうろついていた。

その場から離れようとしたケビンがバスに飛び乗ると、後部座席にホルヘが座っており、ケビンに気がついたホルヘは窓ガラスから逃げ出した。

家族を助けてくれと叫びながら追いかけたケビンだったが、ホルヘは通りかかった車に轢かれてしまう。

ケビンは朦朧としたホルヘに地図を見せ、家族のいる島を指さしてもらうと、車の運転手にホルヘを病院に運ぶように言い自分はマリーナへ走った。

高速ボートに荷物を積み込む若者たちを銃で脅し、ボートを奪うと目的の島に走らせた。

若者が通報して湾岸警備隊の船がケビンを追いかけ停船要求するが、高速ギアに入れ替えものすごいスピードで引き離し逃げ切ると、目的の島にたどり着いた。

ジュリーとアンディはビーチで意識を無くし倒れ込んでいた。

ジュリーには水を飲ませ、呼吸が止まりかけていたアンディには必死で人工呼吸を繰り返すとアンディの意識はうっすらと戻ってくれた。

アンディをボートに運び、再びビーチに戻ったケビンが、ジュリーに「うちに帰ろう」と囁き彼女を抱きかかえ歩き出した時、ケビンの意識が遠のいた。

その後、警備隊のヘリコプターが、高速ボートが停泊した島のビーチに男女が倒れているのを発見した。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「エクストーション 家族の値段」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×