「オンザハイウェイ(その夜86分)」のネタバレあらすじと結末の感想

サスペンス映画

オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分の紹介:2013年製作のイギリス映画。夜のハイウェイを舞台にして「一人の男の86分間の出来事を車中で交わされる電話の会話だけ」で描くワンシチュエーション・サスペンス。監督・脚本は『ハミングバード』のスティーヴン・ナイト、出演は『ダークナイト ライジング』のトム・ハーディ。

オンザハイウェイ(その夜86分)の主な出演者

アイヴァン・ロック(トム・ハーディ)、ベッサン〔声〕(オリヴィア・コールマン)、カトリーナ〔声〕(ルース・ウィルソン)、ドナル〔声〕(アンドリュー・スコット)、ガレ​​ス〔声〕(ベン・ダニエルズ)、エディ〔声〕(トム・ホランド)、ショーン〔声〕(ビル・ミルナー)

オンザハイウェイ(その夜86分)のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①真面目に勤務する工事現場の現場監督アイヴァン・ロック。たった1度浮気した相手の女性ベッサンから妊娠を告げられ、妻子にどう切り出そうかと思っている時にベッサンが早産。 ②アイヴァンは生まれてくる子に責任を取るため、仕事を放り出して病院へ向かうため、深夜の高速道路をひたすら走り続ける。 ③仕事はなんとか手配でき、子どもも無事に生まれた。しかし妻との関係は修復不能。

【起】- オンザハイウェイ(その夜86分)のあらすじ1

(注意:今作に登場するのはアイヴァン・ロックのみ。後は全て声だけ。場所も「高速道路の車中」に限定されます。
かかってきた電話、アイヴァンがかけた電話別に番号を振りますが、【結】に各々の会話結論も記載予定)
イギリス・バーミンガム。首都・ロンドンから直線距離で東北東約80kmの距離にある都市。時間はおおよそ19時半すぎ。
…工事現場から立ち去る現場監督アイヴァン・ロックは、愛車BMWに作業着のまま乗り込むと、信号待ちで左折の方向指示を出します。
しかし青色になっても発進せず、後ろの車からクラクションを鳴らされたアイヴァンは、右折の指示に変え、右折しました。車中にはナビがあり、ナビには電話番号登録もされていて、運転しながら通話ができるものです。
①ベッサンへの電話 → 留守電になりました。「今から行く。混まなければ1時間半で行く」「もし病院の人間に訊かれたら、この番号を教えてくれ。この番号なら必ず出る」と告げて切ります。
②クソ野郎・ガレスへの電話 → ガレスの妻が電話に出ました。名乗ったアイヴァンは、コンクリートの件で話がしたいから、折り返し電話を希望すると言います。
③自宅(妻・カトリーナ)への電話 → 息子・エディが出ます。今夜はアイヴァンと妻・カトリーナ、長男・エディと次男・ショーンの一家揃って、テレビでサッカー観戦予定だったので、エディは盛り上がっています。妻・カトリーナはビールを買いに出かけて留守でした。「すぐ帰れそうにないと伝えてくれ」と言ってアイヴァンは切ります。
(1)部下・ドナルからの着信 → コンクリートを流す作業を代理でしろと言われても、ドナルは自信がありません。サポートするからとアイヴァンは言いますが、ドナルは早くもパニック気味で、朝5時45分に355トンの生コンクリートが218台のトラックによって運ばれるのを確認します。上司のガレスはまだ知りません。クビになるぞとドナルは言いますが、アイヴァンは承知していると言いました。
(2)妊婦・ベッサンからの着信 → 病室にいます。いま子宮口が5cm開いたところで、全身が痛いと訴えます。「痛い」と訴えるベッサンに、アイヴァンは「看護師を呼べ」と言いますが、看護師もいないしブザーもないとベッサンは嘆きました。アイヴァンの妻子がまだ自分の存在を知らないと知ったベッサンは、怒って電話を切ります。
(3)妻・カトリーナからの着信 → エディから伝わっていないらしく、早く帰って来い、もうユニフォームは着ていると、カトリーナはハイテンションです。アイヴァンは2階の寝室に移動してくれと言い、カトリーナはその通りにします。アイヴァンは「去年ロンドンに3か月出張に行った時についた、中年の女性秘書(ベッサン)」について話をします。43歳で独り暮らしのベッサンと、15年の結婚生活でただ1度きりの浮気をした告白をしたアイヴァンは、今夜子どもが生まれると告げました。妻・カトリーナは動転して電話を切ります。
(4)上司クソ野郎・ガレスからの着信 → 「ドナルと電話したぞ、どうなってるんだ」といきな怒りモードです。今回の「パーク・プロジェクト」という工事はヨーロッパで過去最大のコンクリート打設工事で、シカゴ本社の社長ミッチェル・ディーンからも、重々注意されているんだぞと喚き散らしました。更に今夜生まれるのは妻の子ではないと知り「ひとりで生ませろ」とガレスはキレます。合計1億ドルの損失をどうするんだ~と喚きました。
…ミラーに向かってアイヴァンは、亡き父に毒づきます。アイヴァンは父のようになりたくなくて、今夜の決断を下したのでした。
(5)部下・ドナルからの着信 → ポーランド人とハンガリー人を数名ずつ手配したことをドナルは告げます。アイヴァンはコンクリートの配合に気をつけろ、C6だと念押ししました。
④妊婦・ベッサンへの電話 → 留守電になりました。何も告げず切ります。
(6)妊婦・ベッサンからの着信 → 死ぬほど痛い~と言います。アイヴァンは「あと1時間15分で着く」と告げました。
(7)上司クソ野郎・ガレスからの着信 → 「シカゴ側に連絡した、9年の功績があるが、クビと宣告されたぞ」と言います。アイヴァンは「分かった」と言いました。ただし責任があるのでコンクリートが運ばれたらクビでも建物とコンクリートのために私がやると言います。

【承】- オンザハイウェイ(その夜86分)のあらすじ2

(8)自宅(妻・カトリーナ)からの着信 → 「やっぱり信じられない」とカトリーナは言います。アイヴァンも、1夜きりの関係だったので、ベッサンから聞かされて驚き、何か月も悩んだと答えました。予定日より2か月早い早産です。カトリーナもアイヴァンも私生児で、そのつらさが分かっているから、生まれてくる子は認知したいとアイヴァンは言いました。
(9)部下・ドナルからの着信 → もし1台だけC5と書かれたコンクリートが運ばれてきたら、どれだけまずいんだろうかとアイヴァンに聞きます。到着した車にはC6と書かれてはいるのですが、心配でならないようです。アイヴァンは、55階建てのビル、重量22万3千トンの土台だからすごく大事で、ミスは許されないと告げました。
⑤自宅への電話 → 長男・エディが出ます。妻・カトリーヌに代わってくれと言いますが、トイレにこもっているそうです。
(10)病院からの着信 → 聖メアリー病院の産科病棟の者と名乗った女性が「早く付き添ってやってくれ、心細そう」と言います。アイヴァンは「あと1時間で着きます」と答えました。他にも問題があると女性が言います。赤ん坊はへその緒が巻きついていて、自然分娩が難しく帝王切開になるだろうとのことです。「必ず行くから。いま車を飛ばして向かっています」と言ったアイヴァンに、女性は一拍置いて「安全運転でお願いします」と答え「救急病棟から入って、ベイリー棟へ着てくれ」と告げました。
(11)部下・ドナルからの着信 → 「現段階で問題はない、罵られたけど、トラックの確認も済んで、なんとかなった」とドナルは報告します。道路封鎖の件を頼もうと、アイヴァンは「右側の引き出しの一番上にファイルがあるから探してくれ」と言いますが、該当箇所にファイルはありませんでした。そんな筈はない、探してみてくれと言ったアイヴァンは、わが目を疑いました。電話が途中で切れてしまいます。
…なんとそのファイルは、アイヴァンが持ち出して助手席に置いていました。こんなミスは初めてで、アイヴァンは思わず「ファック!」と毒づきます。
(12)妻・カトリーナからの着信 → 電話を取った瞬間から、アイヴァンを罵る声が聞こえます。「帰った日にあなたは笑ってたと日記にあった」と言い、怒り狂います。妻・カトリーナの怒りの矛先はアイヴァンの浮気相手・ベッサンへも向き「誰とでも寝る相手だろう」と言いました。アイヴァンは「そんな女性ではない。何年も男性と関係はなかった」と擁護したものですから、カトリーナはまた更に怒って切ります。
(13)部下・ドナルからの着信 → 「通話の途中で切れた」と告げたドナルは、さっきの話の続きを迫ります。アイヴァンは仕方なくファイルの資料をハンドルの上に乗せ、それを見ながら(脇見運転)ベルモント警察へ道路封鎖の許可を得ろと指示しました。クレセント・ロードやプラネトリー・ロード…というふうに、封鎖する場所を読みあげます。また警察に「交通整理はこちらの会社がやると伝えて」とも言いました。「登録番号は750/DV」と言いながら、アイヴァンはドナルに「…飲酒してないよな」と念押ししました。ドナルは不安だと勤務中に酒を飲むのです。ドナルは無視して「上司のガレスから何度も電話がかかってるけど無視してる」「今夜はアイヴァンとしか話さない」と言いました。「ガレスは嫌い。アイヴァンのことは好きなんだから、そんなにガキ扱いしないでくれ」と言うドナルに、酒を飲んでいるなともう1度聞くと「リンゴ酒1缶だけ」と答えました。
…電話を切ったアイヴァンは、ひとりで怒ります。
(14)妊婦・ベッサンからの着信 → 赤ん坊のへその緒がねじれているという話をします。アイヴァンは「あと45分で着く」と答えますが、ベッサンは「病院側の判断で帝王切開になる」「へその緒が絡まってるって、首つり縄みたいね」と言って切りました。
…ミラーを見つつ、アイヴァンはまた亡き父へ話しかけました。「どんな苦境であれ正すことができるし、状況さえ受け止めれば打開策も見つかる。無職になっても肉体労働で日に500ポンド稼げるし」と言っているアイヴァンは、まるで自分に言い聞かせているかのようでした。

【転】- オンザハイウェイ(その夜86分)のあらすじ3

⑥自宅への電話 → 長男・エディが取ります。応援しているチームが試合開始3分で2ゴールをあげたと盛り上がっています。妻・カトリーヌはまだ2階のトイレにこもっていると告げたエディは、「車のラジオで聞いてないの?」とアイヴァンに聞きました。
⑦警察署・デイヴィッズ巡査への電話 → 「代理の人から電話がありましたよ。ヴェールでの封鎖は、役所から登録内容について確認要請があったから。明日の朝に電話しますよ」と言うデイヴィッズ巡査に「遅いよ」と思わずアイヴァンは言います。だって工事は早朝の5時25分から開始するから、役所が開くまで待っていることなどできないのです。そしてもう役所は閉まっています。デイヴィッズ巡査が警察にあと25分いることを確認したアイヴァンは(「着信あり」の音声案内)、とにかく誰かに電話されるので待っていてくれと言いました。
(15)部下・ドナルからの着信 → 「問題が発生した!」と騒ぐドナルに「(警察から)聞いたよ」とアイヴァンは答えました。「それよりも型枠の確認をしておいてくれ」とアイヴァンは言いますが「作業員は帰った」とドナルが答えます。「君が鉄筋の確認へ行け。シャベルと圧力計を持って穴に入れ」と言うと「酒を飲ませないためなんだろ!」とドナルが怒ります。信用してくれないと嘆くドナルに、型枠の確認は絶対に必要なことなのだと、アイヴァンは必死で説得しました。
⑧自宅への電話 → 次男・ショーンが出ます。「2-1で勝ってる」と無邪気に言うショーンに「頼みがある」とアイヴァンは言いました(「着信あり」の音声案内)。「仕事でトラブルがあって、コートにノートが入っているから、そのノートを見て、役所のカシディという人の電話番号をメールしてくれ」と言います。「ママは降りてこないよ」とショーンが心配げに言い「明日の朝、ちゃんと話すから」とアイヴァンは答えました。
(16)病院・産科医からの着信 → 聖メアリー病院の医者だと言い(「着信あり」の音声案内)、ベッサンが近親者としてこの電話番号を告げたと言いました。帝王切開の手術をしたいのだが、ベッサン本人が、アイヴァンの到着を待つと言ってきかないと言います。ベッサンに代わってもらったアイヴァンは、いまルートン付近まで到着していて病院に必ず行くから、手術を受けてくれと頼みました。泣きごとを言いながらも、ベッサンは承諾します。
(17)自宅(妻・カトリーナ)からの着信 → 「ショーンから聞いたわよ。このタイミングで?」と、仕事も併行して進めようとしているアイヴァンにあきれモードです。「あなたが他人に思える。子どもが生まれるのに工事の話か」と怒るカトリーナに、「とにかく帰るまで待っていてくれ、話し合おう」とアイヴァンは言いました。カトリーナは「まだ番号知りたい?」と聞き、アイヴァンがイエスと答えると、電話が切られました(電話番号教えてくれず)。
(18)部下・ドナルからの着信 → 「役所の担当の電話番号を見つけた」と言います。カシディという名かとアイヴァンが聞くと「そう、年末年始の休暇前に聞いた彼の携帯電話だ。これでお酒のことは許してくれる?」とドナルが言いました。「07700-900957 メモした?」「覚えた」とアイヴァンは答えます。
⑨役所の担当・カシディへの電話 → 名乗ったアイヴァンにいきなり「なぜこの番号を知っている?」と警戒されました。インド料理店で食事中だったカシディに、「担当の巡査に電話してくれ、許可が必要なのだ」とアイヴァンは必死で訴えます。話しているうちにアイヴァンのことを思い出したカシディは「管理は万全だった」と言い、了解してくれました。
…ミラー越しにアイヴァンは、いない父へ話しかけます。晩年の父を看取ったのはアイヴァンが23歳の時でしたが、父の衰弱振りはひどかったと言いました。
(19)部下・ドナルからの着信 → 「もう駄目だ…6番の型枠の鉄筋が固定されていない。何も支えていない」「作業員は早々に帰ってしまった。サッカーのせいだ」と言います。アイヴァンは「道路工事の現場作業員が消防署の近くにいるので、ステファンというポーランド人に声をかけて『仲間と3人で鉄筋を固定してくれたら、500ポンド(約8万2千円)ずつ支払う』と言え」「腕は確かで、アイヴァンの名を出し、現金払いなら彼らは引き受ける」と告げました。「電話じゃだめか」というドナルをなだめすかし、彼らは22時に帰るから捕まえるために走れと指示します。

【結】- オンザハイウェイ(その夜86分)のあらすじ4

⑩妊婦・ベッサンへの電話 → 留守電になりました。「幸運を祈る」とメッセージを残します。
…アイヴァンはミラー越しに、亡き父へ呼びかけました。「俺はちゃんと責任を果たすのだ」と。そのために、今必死で車を走らせているのです。
(20)自宅からの着信 → 次男・ショーンからです。試合は3-1で勝利し、コールドウェル選手が2点を、ロビンソン選手が1点ゴールしたと言いました。ショーンの声は沈んでおり、聞くと「ママが皿を割っている」と言います。「パパは出て行ったって聞いたけど、本当?」「そんなことないよ」とアイヴァンは言いますが、「エディ兄ちゃんも泣いてるよ」とショーンは不安げでした。「目的地に着いたら電話する」というアイヴァンに、ショーンは「コールドウェルは普段ノロマなのに、今日のシュートはすごかった」と言いました。
(21)部下・ドナルからの着信 → 走ったのでタクシーに轢かれかけたと言い出したドナルは(「着信あり」の音声案内)咳き込み、連中を見つけたらまた電話すると言います。
…ルームミラーに話しかけるアイヴァンは「東西南北の交通整理はOK」「コンクリートも」と確認した後、亡き父に「(今夜生まれてくる子が)7歳になったら認知して、ロックの姓を名乗らせる」と言いました。
(22)部下・ドナルからの着信 → 「今3人と一緒に車に乗っている」「600ポンド(約9万8千円)要求しているけど、いいか」と聞かれたアイヴァンは了承します。「ステファンがよろしくと言っていた」とドナルは言いました。
(23)自宅(妻・カトリーナ)からの着信 → 「姉妹と話して決めた。一度の過ちでも許せない。どうせ一度じゃないだろうし」と言い出したカトリーナは「家に帰って来てほしくない」と言います。「あなたはコンクリートが好きだから高層マンションの高層階にでも住めば?」と皮肉を言ったカトリーナは、そのまま電話を切ります。
…妻の言葉にショックを受けたアイヴァンは、黙って車を走らせます…。
(24)上司のクソ野郎・ガレスからの着信 → 無視します。ひたすら無視します。しかししつこく鳴るので、仕方なく出ました。「新しい現場監督が、何度かけてもドナルと連絡が取れないと言っている。電話に出るようドナルに行ってくれ」とガレスは訴えます。「明日は問題ないと、その人に伝えてくれ」とアイヴァンは答えました。「大丈夫、5時25分には始まる」と付け加えます(「着信あり」の音声案内)。「ストレスで吐いたぞ」と嘆くガレスに、アイヴァンは「2時間前には妻子も仕事もあったが、今は車中にいるだけだ」と思わず弱音を洩らしました。
(25)自宅からの着信 → アイヴァンは留守番設定にしました。長男・エディからのメッセージが入ります。ゴールの話をするエディは「ママは泣いてて見てないけど録画しているから、あとで皆で見よう。結果を知らない振りで」と言いました。
(26)妊婦・ベッサンからの着信 → 最初は無視していたアイヴァンですが、赤ん坊の声が聞こえました。赤ちゃんが生まれたのです。
…ロンドンに着きました。高速道路を出たアイヴァンは、車を停止させると、右折の方向指示器を出します。
「来てくれる?」というベッサンの声を聞いて、覚悟を決めたようにアイヴァンは再び車を発進させました。
【まとめ】
・妊婦ベッサンとは…1度きりの関係とはいえ、生まれてくる子をアイヴァンは認知する方針。
・妻カトリーナ、家族とは…どうやら離婚になりそう。まだ長男・エディと次男・ショーンは詳しい経緯を知らないが、変化を感じ取り、不安は感じている。
・仕事関係は…一大プロジェクト「パーク・プロジェクト」の土台基礎工事を現場監督のアイヴァンが放り出したため、解雇は決定。しかしアイヴァンは最後の責任を果たすため、生まれた赤ん坊を見た後、解雇されていても現場は見に行くつもり。
・最後に…皆言いたい放題、かけ放題。運転手アイヴァンの胸中を理解してくれていない。というか、運転中の相手に何度も電話かけてくるな。

みんなの感想

ライターの感想

…便利だよねえ、イヤホンもつけずに車中で電話をかけられるなんて。
と呑気に思っていたらだ。うっとうしいこと、このうえない。
一番腹立たしいのは部下のドナル。酒は飲むわ、嘆くわ、ちょっとしたことで電話してくるわ…しっかりしろ! と言いたい。
次にうっとうしいのは…妊婦・ベッサン。アイヴァンに陣痛のつらさを訴える前に、ナースコールを押せ、と言いたい(ナースコールがないらしいが)。
この2人が若干イラッとさせてくれる。
妻は途中ずっとトイレにこもってるし。主人公・アイヴァンが可哀想になってくる。
最終的には「赤ん坊生まれてきてよかったね」というストーリーなんだが…それですべて片付けるなよ…ほんと。

映画の感想を投稿する

映画「オンザハイウェイ(その夜86分)」の商品はこちら