映画:オープンウォーター第3の恐怖

「オープンウォーター第3の恐怖」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

【結】– オープンウォーター第3の恐怖のあらすじ4

オープンウォーター第3の恐怖のシーン4

画像引用元:YouTube / オープンウォーター第3の恐怖トレーラー映像

ヘルマンが携帯電話を見つけ、トイレに行くと言って電話をかけようとしました。

話し声がトイレの中で聞こえるので、アブドゥたちは警戒します。

通話を切ったので、相手がかけ直してきました。ヘルマンが電話を持っているのがバレます。

ほかの者も持っていないか、所持品検査をされました。密入国の女性は、財布の金も抜き取ります。

折り畳みナイフを見つけたアマヤは、こっそり隠しました。

5人はまた船室に監禁されます。

カルロタが股間から血を流し、苦しみ始めます。流産です(死んでいない)。

5人は開けてくれと訴えますが、なかなか開けてもらえませんでした。

怒ったフェルナンドが、持っていたナイフで密入国のメンバーを刺します。ヘルマンも加勢しました。

フェルナンドは続けて、救援弾を発射しました。

アマヤが人質にとられ、フェルナンドは刺されて甲板に放置されます(失血死)。

男連中は危ないと警戒され、ルイスとヘルマンは海に飛び込めと言われました。

2人は浮輪につかまったまま、放置されます。

弱ったヘルマンの身体を浮輪に通し、ルイスが支えました。

密入国の男性の中には、温和な人もいました。その男性が飲み物を持ってきて、アマヤに「友達、大丈夫か」と聞かれます。

ヘルマンは弱り切っていました。ルイスは密入国者のボートに辿り着き、乗り込みます。

ヘルマンはそのまま流されました。ルイスはボートに乗り込んだまま、意識を失います。

翌朝。

目覚めたアマヤは、船が地中海に接近していると知りました。

密入国者たちは、知らぬ間に船を抜け出しています(密入国に成功)。

別の場所では、ボートが岩場に辿り着いていました。ルイスも目覚めます。

生き残ったのは、アマヤ、ルイス、カルロタ(言及されないが、たぶん生きていると思われる)です。

アマヤはマスコミに対し、無言を貫きました。

後日、ルイスは街で警察に追われる黒人と、ばったり出くわします。

それはあの、密入国者でした。まだ話の分かる、温和な男性です。

ふたりはしばらくのあいだ見つめ合いますが、黒人はうっすらと笑顔を浮かべ、立ち去りました。ルイスはそれを見送ります。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「オープンウォーター第3の恐怖」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×