「カラスの親指(by rule of CROW’s thumb)」のネタバレあらすじと結末の感想

サスペンス映画

カラスの親指 by rule of CROW’s thumbの紹介:2012年公開の日本映画。直木賞受賞作家・道尾秀介の同名小説を、阿部寛・主演で映画化。コンビを組むサギ師の元に3人の男女が転がり込み、一世一代の大勝負に出る。

予告動画

カラスの親指(by rule of CROW’s thumb)の主な出演者

武沢竹夫〔タケ〕(阿部寛)、入川鉄巳〔テツ〕(村上ショージ)、河合やひろ(石原さとみ)、河合まひろ(能年玲奈)、石屋貫太郎(小柳友)、質屋店主(ベンガル)、競馬場客(ユースケ・サンタマリア)、豚々亭店主(戸次重幸)、ノガミ(古坂大魔王)、馬々亭店員(なだぎ武)、ヒグチ(鶴見辰吾)

カラスの親指(by rule of CROW’s thumb)のネタバレあらすじ

【起】- カラスの親指(by rule of CROW’s thumb)のあらすじ1

8年前、タケは会社の同僚の保証人になったことで借金を背負うことになり、闇金の借金の取り立てに遭います。
借金はどんどん膨らむ一方で、会社にまで取り立てが来るようになり、タケは失職して闇金のヒグチに雇われました。
借金で限界の家から小銭まで奪う「わた抜き」の仕事をしたタケは、その家の母が娘2人を残して自殺したことを知り、衝撃を受けます。
それでもまだ仕事を回そうとするヒグチに嫌気がさしたタケは、闇金会社の経理資料を西巣鴨警察署に持ち込みました。
効果はてきめんで、ヒグチらの組織を一網打尽(逮捕)にしたのですが、ヒグチは刑期を終えて出所します。
以来、ヒグチはタケの居所を突き止めては放火しました。タケの娘・沙代は火事で死に、タケはヒグチから逃げつつ詐欺を働き、自殺に追いやった女性の娘たちに送金します。
タケは逃げるために戸籍を捨てて名前も変えていました。詐欺をするのは、身を隠す以上まともな仕事に就けないというのと、こつこつ働くのが嫌いになったからです。
ある日タケは鉄橋で自殺を考える風の男・テツと出会って組み、テツに詐欺仕事を教えました。
…競馬場でタケとテツはぐるになって、よからぬことを企む競馬場の客を騙します。
タケが競馬を何も知らない人を装い、そこへテツが馬の診察をする獣医だという触れ込みで、「お得な情報」をタケに聞かせます。競馬場の客はそれを後ろで聞いています。
タケが当てたことを知った客は「後でさっきの人(テツ)がコーチ料を寄越せと言って、換金所のところで待っている筈」と言いました。10頭いれば10人の客にそれぞれの馬が当たると情報を与え、当てた客のところへたかりに来るというのです。
「手数料を1割寄越せば、代わりに当たり馬券の換金に行ってやる」と言う客に、タケは「今日はそもそもうちの社長に言われて、当たり馬券の換金に来たのだ」と言いました。
タケはいかにも配当金の仕組みなど知らない振りをして、1桁違う馬券の換金に来たように装います。客は前日の競馬新聞でそれが万馬券だと知り、タケが1桁読み間違えているのをいいことに、「社長の馬券は手数料なしで、あんたのは手数料1割で買い取ってやる」と言いました。
その後、高額払い戻しの窓口に行った客は、機械に投票券を読み取ってもらえないことで、馬券が二枚重ねになっていることに気づきました…。
空に黄色い風船が飛びますが、タケもテツも気づきません。
競馬場で詐欺をした後、タケとテツは馴染みのラーメン屋『豚々亭』に立ち寄ります。テツは獣医の名刺に書いた名前「橋岸 澤太(ハシギシ サワタ)」はアナグラム(文字の並び替え)で、「私は詐欺だ」とヒントを与えた、と言います。
ラーメン屋を出た2人は、住むアパートが火事だと知って逃げました。その夜は公園で寝泊まりしたタケとテツは、今度は荒川の近く、綾瀬や北千住の周辺に住もうと決めます。
翌日、2人は東京都杉並区に格安の一軒家を見つけます。近所に『馬々亭』というラーメン屋もありました。
昼食を食べながら『馬々亭』で半年前の週刊誌を読んだタケは、建設会社相手に3千万の詐欺を働いた取り込み詐欺師がいることを知ります。
その店には舞台『Con game-コンゲーム-』のポスターが貼られていました。「コンってなんだ」と聞くタケに詐欺師の話だと説明したテツは、「僕らに他人の詐欺の話見ている余裕ないでしょ」と言います。
一軒家の契約を済ませた2人は、リサイクル屋で家電を買い揃え、住み始めました。

【承】- カラスの親指(by rule of CROW’s thumb)のあらすじ2

…10代後半の女性・まひろは、スリをして暮らしています。ある日まひろは自宅アパートの郵便受けに「上野ジュエリーユキ」のチラシを見て、そこへ行きます。金を持った客狙いでスリをするつもりでした。
上野で同じ日に、タケとテツは質屋で詐欺をします。まず和装姿のテツが安物の焼物を「灰皿」と言い、買い取ってくれと置いてきました。その後、スーツ姿の学者風の扮装をしたタケが同じ店を訪れます。
タケはそれを「香炉」と呼び、小野無齋(おのむさい)という江戸後期の名工の有田焼だと言って50万円で譲ってくれと言いました。
店主はまだ買い取ってないからと断ると「買い取ったら連絡をくれ」と名刺を渡して去ります。その後、テツが高く買い取ってもらうという手筈でした。「おのむさい(ONOMUSAY)」はアルファベットのアナグラムで「安物(YASUMONO)」という意味です。
15万円を手に入れた2人は上野を歩いていて、恰幅のよい男の背広にクレープをつけて、背広の汚れを拭き取る振りをして財布をすりとる少女・まひろと出くわしました。まひろは太い女性にぶつかって転倒し、テツは「同業者を助けましょう」と言ってまひろの手を引き、タケはわざと男にぶつかります。
公園で落ち合ったタケとテツは、まひろに「ずいぶん幼いカラスだな」と言いました。カラスとは「玄人(くろうと プロ)」の意で、スリのプロという意味です。
河合ちひろと名乗った少女は、自分の住んでいるアパートが家賃滞納で立退きを迫られていると言いました。
名を聞いたタケは驚きます。まひろは知りませんが、河合まひろの母・瑠璃江は、かつてタケがわた抜きで自殺に追いやってしまった人物でした。そしてタケはずっとまひろに金を送っていました。
タケは手持ちの金を渡すと「もし追い出されてどうしようもなければ、うちに来い」と住所も教えます。まひろは「へんな人たち」と言って去りました。
…まひろはすぐにやって来ました。それも、姉・やひろとその恋人・石屋貫太郎も一緒です。貫太郎は身長は高いですが、気が小さい男です。貫太郎はタケとテツの仲を、勝手にホモセクシャルだと勘違いします。
貫太郎は時計職人ですが、デジタル化の時代の波に押されて失職中でした。一軒家に住む人間が2人から一気に5人に増え、また頭がごわごわに逆立った毛並みの白い猫・トサカも加わります。
ある夜、テツはすごいものを見たとタケに言いました。まひろとやひろが大量の現金をボストンバッグに入れているというのです。見ると、現金が無造作にバッグに詰め込まれていました。それ以外に、大事にチャックつきのフリーザーバッグに、父親・河合光輝からの手紙も入っていました。
タケはテツに、自分が自殺に追いやった相手の子どもたちが、まひろとやひろだと打ち明けました。テツは納得します。
テツは指について語ります。親指の別名がおとうさん指、人さし指はおかあさん指、中指はお兄さん指、薬指はお姉さん指、小指は赤ちゃん指…。
そして、おとうさん指と他の指は単体でくっつけることがたやすいのに対し、おかあさん指を他の指と単体でくっつけようとすると、おかあさん指と赤ちゃん指を触れ合わせるのが難しいことを指摘しました。指を傾ける角度に無理があるのです。
しかしおとうさん指とおかあさん指を触れ合わせた上で赤ちゃん指にくっつけると、簡単にできます。テツは「両親が揃っているのが一番なのだ」と言いました。

【転】- カラスの親指(by rule of CROW’s thumb)のあらすじ3

その上で、「おとうさん指」=「テツ」、「おかあさん指」=「タケ」、「お兄さん指」=「貫太郎」、「お姉さん指」=「やひろ」、「赤ちゃん指」=「まひろ」と当てはめて、5人が家族のようだと言います。
なぜ自分が母なのだとタケは怒りつつも、逆だったら気持ち悪いと言ってそのたとえを認めました。
翌朝、まひろが新たに家を探して出ていこうかと言い出します。あてはないというまひろに、タケは「ゆっくり探せばいい」と言いました。
新たに暮らし始めた一軒家にも危険が忍び寄りました。不審な白い車が見張るように停まっていたり、家の裏手に火をつけられたり、猫のトサカのバラバラ死体入りのビニール袋が投げ込まれたりします。
一度は逃げようと考えたタケですが、逃げるだけだと問題の解決にならないと気づきました。
ヒグチから狙われる理由を聞いたまひろとやひろは、8年前と聞いて、復讐の真の相手がヒグチだと知ります。
タケは自分たちの得意技…詐欺でヒグチに立ち向かおうと決めました。騙して金を奪えば組織の力が弱まり、タケへの嫌がらせどころではなくなるという寸法です。
まひろとやひろは、使わずに取っておいたタケからの金を使うことにしました。5人はまずビジネスホテルの一室を借り、そこをねじろにします。
テツは計画を「アルバトロス作戦」と名付けました。アルバトロスとはアホウドリのことで、アホ面をかかせるという意味です。
翌日、一軒家にやってきた白い車を尾行してヒグチのアジトを突き止めたタケとテツは、そのマンション「メゾン・オービエ」のヒグチのアジト・902号室の隣の901号室と真下の階の803号室を借りました。
さらに10台のプリペイド携帯を購入したタケは盗聴器を仕掛け、「2500円 激安携帯 台数限定」のチラシを入れて9台をヒグチに売ります。
そして残り1台の携帯を中継地とし、803号室で盗聴を開始しました。借金の取り立ての会話を聞いて、ヒグチらが使う口座番号をひたすらメモします。
その口座一覧を記し、「東京都闇金対策委員会」を名乗って、警視庁指導のもと口座を凍結させる準備を進めているのだが、手数料100万円でデータの抹消をしますよという文書を送りつけました。ヒグチは口座を凍結される前に、現金をアジトに集めます。
そこへつなぎを着たタケ、テツ、まひろ、貫太郎が盗聴器を探す業者を名乗って乗り込み、プリペイド携帯に盗聴器が仕掛けられていると指摘しました。タケは念のため、ひげ面&禿頭(スキンヘッドのかつら)で臨みます。
中継器が金庫の中にあると指摘してヒグチに金庫を開けさせ、貫太郎が偽の銃を取り出して金を奪う芝居を打ちます。エアガンではないように見せかけるため、発砲した先に爆竹の仕込みは、盗聴器探しの時に行ないました。
さらに、仲間割れを起こしてまひろが墜落死した風を装います。実際はまひろは隣の901号室に逃げ込み、その後、ホステスの扮装で出てきました。隣のビルの屋上に落ちた死体役は、やひろの役目です。
金を入れた袋をすり替えて(本物の金はまひろが持って移動、屋上に落ちた金はあらかじめ用意した、表紙と裏だけ万札の束)ヒグチに渡すと、5人は退散しました。作戦は成功します。
ビジネスホテルで祝杯を挙げた一同は、金はみんなで山分けすることにし、それぞれ再出発しようと決めました。まひろたち3人は新天地に行くと決め、テツもタケから巣立つと言います。
翌日早朝、駅前で別れたまひろたちは、「もうお金送らなくていいからね」「タケさんの気持ちはもう十分伝わったから」とタケに言いました。
一軒家に暮らしていた頃、まひろが話を盗み聞きしたことを、タケが寝入ってからテツは話を聞いたと伝えます。テツとタケも別れ、それぞれ新たな生活を送り始めました。

【結】- カラスの親指(by rule of CROW’s thumb)のあらすじ4

しばらくしてタケの新居(といっても安アパート)に、3人の連名で手紙が届きます。愛知県名古屋で暮らし始めた3人は、貫太郎は時計職人の仕事に就き、まひろはファミレスでバイトを、やひろは不動産屋の事務を始めたと書いてありました。
3人の元へトサカによく似ている、頭頂部に黒いブチのある猫がやってきたので、トサカの生まれ変わりだと思って飼い始めたということも添えてありました。
「まったく、できすぎだな」と呟いたタケは、改めて本当に「できすぎだ」と気づき、どこからおかしいのか検証を始めます。そして、最初の最初からだと気づいて愕然としました。
実は、タケは今までずっとぶらりと舞いこんできたテツに、詐欺の仕事を教えているつもりでしたが、タケこそがずっとテツに騙されていたのです。
チラシを印刷した会社に電話して、まひろとの出会いを仕組んだのがテツだと知ったタケは、さらに『豚々亭』の店主に電話して、引っ越しするきっかけになった火事は、火事ではなくただの煙騒動だと知ります。
そして『馬々亭』の店主に頼んで、飾られていた舞台のポスターを見せてもらいました。そこにはまひろがスリをした相手や、まひろを転倒させた女などが写っていました。すべてテツに雇われていました。
「ランチタイム」という劇団の稽古場に行ったタケは、テツの居場所を聞き出します。テツは病院に入院していました。
聞いていた名前「入川鉄巳(イルカワテツミ)」もアナグラムだと思ったタケは、テツの正体…河合光輝(カワイミツテル)に辿り着きます。テツはまひろとやひろの父でした。
病室に顔を出したタケを見て、テツはばれたことを知ります。
テツは大物の詐欺師でした。半年前に建設会社相手に3千万の詐欺を働いたのも、テツでした。
16年前、テツは妻・瑠璃江に詐欺師であることがばれて、離婚されます。その後テツは妻子と音信不通で暮らしていたのですが、半年前に肝臓を壊して手術もできないと言われました。余命は1年です(つまりあと半年)。
自分の死を知ったテツは妻子の消息を調査し、妻が自殺したことや借金のこと、娘たちのことを知ります。タケのことも知りました。
「まひろとやひろには、自堕落な生き方を卒業して真面目な新生活を」「タケには、ヒグチに復讐させ、まひろたちと和解させて希望を」「そして自分にも思い出を」と考えたテツは、一世一代の大仕事に着手したのです。
半年前の詐欺相手の建設会社は、妻・瑠璃江を闇金にひきずりこんだ男が経営している会社でした。その資金を元に、みんなで家族みたいに暮らすプランを立てて成功させたテツは「いい思い出になった」と言います。
「人は人を信頼して生きて行くのが一番だ。しかし自分は気づくのが遅かった」と洩らしたテツは、タケとテツが組んでおこなった詐欺も、詐欺ではないと告げました。
競馬場で会った客には、ニセ馬券の下にちゃんと当たり馬券を忍ばせて3000円ほど得をするようにし、質屋からは金を取っていませんでした。
飼い猫・トサカの死体は、ホールトマト(トマトの缶づめ)と鶏肉と白い猫のぬいぐるみで作ったにせもので、トサカは本当は黒いぶちのある猫でした。ぶちを隠すため白いスプレーを塗っていたので、頭頂部が毛羽立っていたのでした。
話を聞いたタケは、大ガラスに踊らされたことを知ります。
テツは最後に「おとうさん指だけが、他の指を正面から見られるんですよ」と言います(自分が本当にまひろたちの父だったという意味と、親指だけが他の指の正体を知っている、という意味)。
黄色い風船が空を飛ぶのを2人は見ると、テツはタケに「東京を離れないのか」と聞きました。
テツは生まれ故郷の仙台に帰る予定で、タケも一緒に来ないかと誘いました。

みんなの感想

ライターの感想

大ドンデン返しがあり、いわゆる、黒幕はあんただったのか!!というお話です。阿部寛演じるタケは今は詐欺師、昔は事情があり取り立て屋をしていたが、良心の呵責からヤクザのヒグチを裏切り警察へ内部資料を持ち込んだ過去があり、ヒグチとは因縁のある仲。そして、タケの相棒、村上ショージ演じるテツもは行く宛もなく困窮しているところをタケに拾われてタケの仕事を手伝うように。そして目の前でスリを失敗した能年玲奈演じるまひろもテツと同じく行く宛のないことを知ったタケはまひろ姉妹と姉の彼氏まで抱え込み共同生活をする。
しかし、ヒグチに住んでいる家を探しだされてしまい…伏線はアナグラム、文字の並びを変える言葉あそび。それ以外にも伏線はたっぷりあります。印象に残っているのは、やっぱりラストの種明かしです。黒幕が凄腕の、カラスもカラス大ガラスだったのがびっくりしましたね。全然見えないよ(笑)

ライターの感想

2時間40分にわたる大作。実のところ、この作品は白紙の状態で見始めたほうが面白い。
…んだが、実際のところ、やっぱり2時間40分は長い。
そして残念なことに、これだけ頑張ったにも関わらず、原作のほうがまだ面白い…。
ただ、原作未読のかたはじゅうぶん楽しめる娯楽映画だと思う。
非常に綺麗にまとまった話で、最後のどんでん返しが効いている。
空に飛ぶ黄色い風船を、オープニング時点では2人とも見ていない(別の方を向いている)のに対し、
最後には一緒に見つめる(やっと2人が同じ目線に立てたという意味)など、粋な演出もある。
副題の「by rule of thumb」は、本編では触れられないが、「経験則」という意味。
白紙状態で見たとしても、実は随所に伏線がちりばめられている。
それを理解したうえで、もう1度視聴するのもいいかも。
本編の後、タケとテツが2人で仙台に行ったかどうかは、想像の余地を残す感じで(笑)。
ただ…原作でマジシャンだった貫太郎を、なぜ時計職人にかえたのかが不明。
同じく貫太郎インポ設定を取り除くのであれば、まひろにコンドームを買いに行かせるシーンも不必要だと思う。
(やひろが非常識な人間だと強調させたかったのだろうが、他の例をあげてもよかった筈)

映画の感想を投稿する

映画「カラスの親指(by rule of CROW’s thumb)」の商品はこちら