映画:ガルヴェストン

「ガルヴェストン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ガルヴェストンの紹介:2018年製作のアメリカ映画。ニック・ピゾラットの犯罪小説『逃亡のガルヴェストン』を「マレフィセント」のエル・ファニング、「インフェルノ」のベン・フォスター主演で映画化。病に冒された殺し屋ロイは、彼を切り捨てた組織に反旗を翻し、傷ついた娼婦ロッキーを連れて逃避行に出る…。

あらすじ動画

ガルヴェストンの主な出演者

ロッキー・ベノワ(エル・ファニング)、ロイ・ケイディ(ベン・フォスター)、ティファニー(リリ・ラインハート)、ロレイン(アデペロ・オデュイエ)、スタン(ボー・ブリッジス)、トレイ(ロバート・アラマヨ)、カルメン(マリア・バルベルデ)、ナンシー(CK・マクファーランド)

ガルヴェストンのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①病気のロイは自分が余命短いと感じ、娼婦をしていたロッキーを連れて逃げる。ロッキーは故郷で幼い妹・ティファニーを保護、ロイと逃避行を続ける。ティファニーはロッキーの娘だった。 ②ロイは末期の病気ではなかった。ロッキーはロイの上司・スタンに殺害された。出所後のロイの元へ成長したティファニーが来て、ロイはロッキーの擁護をした。

【起】– ガルヴェストンのあらすじ1

ガルヴェストンのシーン1

画像引用元:YouTube / ガルヴェストントレーラー映像

嵐の日。

外には、激しい雨が降り続いています。

風も強く、2階の窓ガラスが割れました…。

(このシーンは「20年後(2008年)」にあたり、映画のラストシーンに出てくる)

〔ニューオーリンズ 1988年〕

裏社会で用心棒、殺し屋のような仕事をする40歳の男性ロイ・ケイディは、雇い主のスタン・プティトゥコに言われて健康診断を受けました。

医者はロイに、「肺に白い影がある」と言います。

医者はその症状について詳しい説明を始めようとしましたが、ロイは怖くて途中で席を立ちました。

自分は肺の病気で、もう長くないとロイは思います。

スタン・プティトゥコはいくつもの仕事をしていますが、本拠地はクリーニング屋でした。

クリーニング工場にある事務所へ戻ったロイは、スタンには「胸に異常はない」と嘘をつきます。

スタンはその日、ある弁護士の男性を脅す仕事を任されました。

たいした恐喝ではなく、むしろ武器を持っていると不利に働くと言われ、ロイは丸腰で出かけていきます。

それはボスのスタンの罠でした。

スタンはロイを邪魔に思っていたらしく、始末しようとします。

ロイの恋人にスタンが手を出したのと、今まで長年商売でロイを使い、不都合な事実を知っているからです。

ロイはそれに気づいて反撃すると、同じくその場で始末されそうになっていた19歳の若い女性ロッキー・ベノワを連れて、逃げました。

ロッキーは、テキサス州オレンジ郡の出身です。

それを聞いたロイは当初、ロッキーを家に帰そうとしました。

しかしロッキーは帰りたがらず、一緒に連れていってくれと言います。

ロッキーはロイに色じかけをしますが、ロイは応じませんでした。

そのため、ロッキーはロイが不能なのかもしれないと考えます。

(ロイは、自分の娘ほどの年齢の女性に手を出したくない。末期の病気であることも関係している)

「俺に対しては常に正直であってくれ」とロイは言い、それを条件にロッキーを連れていきます。

モーテルでロイが咳込む様子をみて、ロッキーも、ロイがなにかの病気だと知りました。

翌日。

車を買い替えたロイは、ロッキーを連れて移動します。

車に乗って移動をしているうちに、ロッキーの気持ちが変わりました。

オレンジ郡へ立ち寄ってくれと、ロッキーはロイに言います。

実家近くへ行くと、ロッキーは「10分待っていてくれ」とロイに告げました。

しばらくすると発砲音が聞こえ、幼女を連れて逃げてくるロッキーがいます。

発砲音に不穏な気配を感じたロイは、質しますが、ロッキーは「継父・ゲイリーを脅すために発砲したのだ」と言いました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ガルヴェストン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×