「キサラギ」のネタバレあらすじと結末の感想

サスペンス映画

キサラギの紹介:2007年公開の日本映画。自殺したアイドルの1周忌に集まった5人の男が、彼女の死の真相について壮絶な推理バトルを展開する密室サスペンス会話劇。古沢良太の巧みな脚本を、小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、ドランクドラゴンの塚地武雅、香川照之という人気、実力を兼ね備えた5人が演じる。

予告動画

キサラギの主な出演者

家元(小栗旬)、オダ・ユージ(ユースケ・サンタマリア)、スネーク(小出恵介)、安男(塚地武雅)、如月ミキ(酒井香奈子)、イベントの司会者(宍戸錠)、いちご娘。(香川照之)

キサラギのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①売れないアイドル・如月ミキが焼身自殺を図ってから1年後。ファンクラブのメンバー5人が追悼式と称して集まった。メンバーの1人オダ・ユージが「自殺ではなく殺人だ」と言い出したことから状況は激変。 ②オダ・ユージはミキのマネージャー、スネークはミキの通う雑貨店の店員、安男はミキの幼馴染み兼婚約者、いちご娘。はストーカーのち実の父と判明。接点がファンレターのみの家元は拗ねる。 ③ミキは自殺ではなく事故死、逃げ遅れたのは家元のファンレターを取りに行っていたという結論に至った。

【起】- キサラギのあらすじ1

2007年2月4日。この日はアイドル・如月ミキの一周忌でした。
あまり知られていなかったアイドル・如月ミキのファンクラブサイトの運営者、ハンドルネーム・家元が主催して、あるペントハウスの一室に掲示板のファンが集まることになります。
家元は誰よりも先にペントハウスに行くと、せっせと飾りつけをしていました。この日は5人集まる予定です。
・家元…如月ミキのファンクラブサイトの運営者であり、一周忌追悼会の主催者。若い男。自称「しがない公務員」。収集癖があり、コレクションブックを5冊作っている。
・オダ・ユージ…追悼会を言い出したのはこの男。けっこう神経質でうるさく厳しい中年男。
・安男…福島からはるばるやってきた農業を営む男。安男は本名。小太り。
・スネーク…お調子乗りのムードメーカー。雑貨屋で働いている。
・いちご娘。…掲示板では女言葉を多用するので紅一点と思われたが、実は冴えない中年男。現在は無職。
(本当は各々バックボーンがあるのだが、後で続々出てくるのでこの段階では伏せさせていただく)
最初にやってきたのは安男でした。「今日はお招きいただき」と言いたいところを「今日はおなまき…」と慣れない口調で噛んでしまいます。
オフラインで初めて会うので、家元は喜びました。家元も安男もラフな格好です。安男は「トレンディな」格好をしてきたつもりでした。
部屋に入ろうとしたところで、安男は時間潰しに入ったコンビニに、手作りのアップルパイを置き忘れたと気づいて戻ります。
再び支度を始めたところへ、スネークがやってきました。スネークは誤ってエンターキー連打で同じ内容を連続投稿したことがあり、皆に大きなインパクトを残しています。
続いてやってきたのはオダ・ユージです。同姓同名ではなく、たまたま書き込みをしようとした時にテレビで織田裕二を見たから…と言って本名を名乗ろうとしますが、家元に止められました。ここではハンドルネームで通した方が早いというわけです。
スネークとオダ・ユージは喪服を着ていました。礼節に厳しいオダ・ユージが「ラフな格好は不謹慎」と言い、家元も念のため用意していた喪服に着替えます。パーティーっぽく可愛らしい風船などの飾りつけをしていたのですが、家元は慌てて飾りを取ります。
次にやって来たのは、うだつの上がらない中年男でした。いちご娘。は女性だとスネークは思っているので誰かと聞き、男は大家の振りをします。
安男が戻ってきて喪服のオダ・ユージとスネークを見て驚き、家元まで着替えて現れました。安男は「着替えてくる」と言いますが、福岡県山郡西会津町から片道6時間弱かけてきているので、戻ってくる頃には会がお開きになっています。
中年男が喪服で現れたので、一同は驚きました。男はいちご娘。だと白状します。
「天国のミキちゃんに乾杯」と言い、5人は会合を始めました。そして自己紹介をします(ここで言った内容が上記の記載)。
ずっと落胆していた安男は「喪服を着れば盛り上がれる。洋服の青山に行ってくる」と行って中座しました。
安男除く4名はしばし家元のコレクションブックを見て会話します。家元はメジャーデビュー前のミキの写真もファイルしており、有名になった「星空シリーズ」の雑誌表紙写真も取っていました。
さらに母校の学園のインタビュー記事も所持しており「ヘアスプレーと間違えて殺虫スプレーを頭にかけたエピソード」が載っています。
家元は毎週必ずファンレターを出しており、総数200通以上になるそうです。その甲斐あってか、ミキ直筆の手紙をもらっていました。
偽物じゃないかと疑うスネークに「誤字脱字が多すぎるから本物だ」と言い、羨んだスネークはコピーくれと頼みます。スネークが持っていた生写真とトレード成立しました。

【承】- キサラギのあらすじ2

気をよくした家元はいちご娘。にもトレードすると言います。いちご娘。はキスマークつきのサイン色紙を持っていましたが、キスマークは自分でつけたそうで、もちろん却下です。ミキのカチューシャを出しますが、それも自分で買ったんだろうと相手にされません。
コレクションブックに写ったデブのマネージャー、通称・デブッチャーの話になり「デブッチャーがヘアヌード写真集を出すと言い出したから自殺したのではないか」と一同は涙に暮れます。
オダ・ユージが「ミキ自殺ではなく殺されたのだ」と言い出しました。彼は事件について調べ、殺人だと判断したそうです。
雨が降り始め、喪服を着た安男が帰ってきました。話についていけない安男を放置し、家元やスネークらは詳細を聞きます。
去る2006年2月4日夜、如月ミキ(本名・山田美紀)は仕事が思うようにいかないと悩み、自宅アパートにて発作的に自殺を決意し、所属事務所マネージャーの留守番電話に「やっぱり駄目みたい。私もう疲れた。いろいろありがとう。じゃあね」と遺言を残した後、部屋中に油をまきライターで着火、一酸化炭素中毒および全身やけどで死亡しました。
けが人は出なかったものの上階を焼く火災になり、オダ・ユージは「他者に迷惑をかける死に方をミキがするだろうか」と言い「ミキは悪質なストーカー被害に遭っていた」と付け足します。
話を聞きながら持参のアップルパイを食べていた安男があたり(腐っててすっぱかったらしい)、トイレに行きました。
この事件の1週間前に、ミキの部屋の寝室の窓から侵入者がありました。盗まれたものはなく、ベッドが整えられて食器が洗われていたそうです。
そこまで聞いたところで家元が「情報はどこから得たのか」とオダ・ユージに聞きました。オダ・ユージは「デブッチャーから直接聞いた」と言いますが、家元は「タレントに自殺されたマネージャーの、責任逃れの嘘ではないのか」と疑います。
そもそも警察にそんな情報はなかったと言い、家元は身分を明かします。家元は警視庁総務部情報資料管理課に勤務する警察官でした。父は警視総監ですが、家元自身は職場でいじめに遭っています。
ストーカー被害の報告はなかったと家元が言い「警察が情報を隠匿したのだ」とオダ・ユージが返します。
家元とオダ・ユージが口論を始め、スネークは2人の間をうろうろします。オダ・ユージは織田裕二憧れ説を否定しますが「事件は現場で起きているんだ」などと言い「ストーカー本人に自供させる」と言って、いちご娘。に掴みかかりました。
そこへ安男が戻ってきて「状況が激変してる」と言いますが(上からも下からも止まらないらしい)、お腹が鳴り始めすぐトイレに戻ります。
「アロマキャンドル」「きたきつねラッキーチャッピー」にミキが夢中といういちご娘。の書き込みは、公表されていない内容でした。侵入した日に見たのだろうとオダ・ユージはいちご娘。に詰問します。
しかも1つだけ、愛用のカチューシャが盗まれていました。いちご娘。はカチューシャの指紋を拭い始め、決定的だとオダ・ユージは言います。家元とスネークは、本物のミキのカチューシャと知って奪い合いました。
詰め寄られたいちご娘。は否定し「ただ前の道から2階のミキの部屋を毎日見守っていただけ」と言い、それがストーカーだと皆にやじられます。
自宅侵入も認めたいちご娘。は、窓を開けっ放しで出て行ったから不用心だと思って閉めに行き、ベッドが乱れているのを直して溜まった食器も洗ったと言いました。ウォークインクローゼットも覗いたいちご娘。は、脱ぎ散らかされた服や下着も畳んだそうです。
事件当夜のことを聞かれたいちご娘。は、見守っていたことを認め、夜の11時頃に訪問者があったと話します。

【転】- キサラギのあらすじ3

いちご娘。は若い男の訪問でやさぐれて飲めない酒を飲み、犯行時刻には無銭飲食で足立署の留置所に入れられていました。家元が電話して確認を取ります。
いちご娘。が見た若い男はモヒカン頭をしており、それは家元がもらった生写真に写っていた人物で…1年前のスネークでした。スネークは当時バンドをしており、茶髪で先が赤いトサカのような髪型をしていました(現在は平凡なヘアスタイル)。
スネークがミキの彼かと家元とオダ・ユージといちご娘。が迫り、トイレから戻って来た安男は「また状況変わってる~」と言いますが、出したらしく(「何か」は聞かないで)替えのズボンを持って内股でトイレに消えます。
交際を否定したスネークは、ミキが雑貨店の常連客であることを告げ、客と店員の関係だったと言います。
事件当夜はミキが欲しがっていたラッキーチャッピーボトルセットを配達に行き、詰め替えを手伝っていました。詰め替えは「ハンドソープ」「みりん」「醤油」「食器洗剤(ファミリーピュア)」「サラダ油」「オリーブオイル」です。その際ゴキブリが出て退治し、お茶を淹れてもらったと言いました。勢いで告白しましたが、即座に断られたそうです。
その後は小さな地震があったので、朝まで雑貨店の棚を店長と一緒に直していたそうです。店長に聞いてもらってもいいと言いました。ミキは訪問時に「大切な人の誕生日が近いから」と、部屋でクッキーを作っていたそうです。
大切な人…「幼馴染みで初恋の相手、ジョニデ(ジョニー・デップ)似のヤックン」の存在をオダ・ユージが言い出し、なぜそこまで詳しいのか3人が聞きます。焦って顔の汗を拭う様子を見て、家元といちご娘。とスネークは「デブッチャー!」と声を上げました。
ミキの自殺でマネージャーだったデブッチャーはストレスで55kgの激ヤセをしたのです。だから皆は全然気づかなかったのでした。
オダ・ユージはこの1年ずっと犯人はストーカーのいちご娘。だと思っており、それで家元に提案して会合を開いてもらいました。
「僕よりミキちゃんに近い人物が次から次に現れる。僕なんか虫ケラだ」と家元は拗ねます。オダ・ユージによるとミキのぱっちり二重はプチ整形でした。
その整形も僕は反対したんですよ…と安男が言い、毎日電話相談を受けていたと言います。「ミキッペ」となれなれしく呼ぶ安男は「ヤックン」ことミキの思い人で、結婚の約束をしていた仲でした。ジョニデには、右後ろ斜め45度の角度が似ているそうです。自分以外が生前のミキと関わりがあったと知り、家元は落胆しました。
安男は「ヘアヌード写真集の発売をマネージャーが決めたと泣いていた」と言い、そもそもミキが芸能界入りしたのは、4歳の時に生き別れた父を探すためだったのだと告げます。
オダ・ユージは「ブレイクさせスターにしてやりたかった。話題作りのために写真集を決めた」と言いますが、他の皆は「売れずに引退して田舎で専業主婦でも、生きてくれさえすればよかった」と言います。
ショックを受けたオダ・ユージは泣き始め、皆もしんみりします。なまじファンがいたから追いこんでしまったのだと、家元が指摘しました。
悩み電話相談内容を聞くと「大抵はマネージャーの悪口だったが、事件当日はゴキブリが出た」と言います。さっきのスネークの退治話はウソで、ゴキブリは退治できずにいました。
通話の途中でゴキブリが出没し、ミキは雑誌を丸めて叩こうとしたけれども無理で、殺虫剤はカラでした。母校の学園インタビューで「ヘアスプレーと間違えて頭にかけた」からです。
安男が「ママレモンをかけると退治できる(皮膚呼吸ができなくなるから)」と言ったことで、ミキはママレモン(スネークがいちいち「いやファミリーピュアだった」と否定する)を持って部屋の中で追いかけまわし、振りかけたそうです。

【結】- キサラギのあらすじ4

退治の途中でキャッチホンが入ったので、ミキは後で電話をかけ直すと言って通話を中断しました。キャッチホンの相手はデブッチャー(オダ・ユージ)で、翌日のスケジュール確認でした。
夜10時35分にスケジュールの話を普通にし、10時55分に遺言なる電話…そんな急に自殺に気持ちが変わるものなのかと皆は不思議に思います。もっというと、オダ・ユージに遺言を残し、なぜ安男に電話しなかったのかという疑問が出てきました。普段ミキは敬語を使っていたのに、電話内容は違っていたとオダ・ユージも言います。
リダイヤルと着信履歴を誤ったのだと家元が気づきました。オダ・ユージにかけたのではなく安男にかけた…通話内容の意味も違ってきます。留守電の内容は遺言ではなく「ゴキブリ退治が駄目で疲れた」という意味だったのです。
でも撒かれていたのは洗剤ではなく油でした。ラッキーチャッピーのボトルに入れ替えたから、ファミリーピュアとサラダ油を混同したのだと一同は気づきます。
最後の留守電では「もう寝る」という言葉もミキは残していました。寝る…寝る前にアロマキャンドルをつける(いちご娘。の情報)…でも、どうして蝋燭の火が床の油に点火したのか謎が残りますが、皆同時に気づきます。
事件当夜は小さい地震があったのです(そのせいでスネークが朝まで棚の修理)。地震で倒れたアロマキャンドルの火が床の油に点火しての、事故死だったのだと皆は結論に至りました。自殺ではなく、単におっちょこちょいで運が悪かっただけ…皆はしみじみとします。
「俺がミキの人生を狂わせた」ぽつりといちご娘。が言いました。「俺がふがいないために妻は愛想をつかして実家へ帰った」…いちご娘。はミキの実の父でした。ストーカーではなく、本当に見守っていただけだったのです。その事実を知り、また家元が拗ねます。
ひとつ疑問が残りました。ミキの死に場所がクローゼットの中だということです。火事で死んだのなら寝室か、玄関へ向かう途中ではないかとオダ・ユージが指摘します。
クローゼットの中身を聞かれたいちご娘。は、衣類の他にダンボール箱があったと言いました。中身は大量の、家元からのファンレターです。ファンレターを取りに行って、ミキは逃げ遅れたのでした。
家元に宛てたミキのお礼の手紙には「家元さんからのファンレターは、命より大事な宝物」と書かれています。でもそんなわけないと家元は否定しました。
スネークが安男の誕生日を聞き、だいぶ先だと知ります。大切な人の誕生日が近いから焼いていたクッキーは、2月5日が誕生日の、家元のために作ったものでした。それを知らされ、家元は泣きます。
しんみりした席でヘアヌード写真集のタイトルの話になり、妻から16年振りに電話をもらったいちご娘。が知っていました。
『SHOW ME こんなに立派に育ちました』…やる気まんまんじゃん!&ショーミーって「私に見せて」って意味違うし! 全員一斉に突っ込みます。
脱力した5人はプラネタリウムを見て(雑誌表紙の星空シリーズにちなんで)、ミキへの思いを馳せます。来年もまた集まろうと家元が言いました。
そういえば大磯のロングビーチで隠し撮りしたビデオがあると家元が言い(警察官だし盗撮は違法)、〝ラブレターはそのままで〟という如月ミキのステージを5人は鑑賞しました。
(エンドロール)曲に合わせてノリノリで踊る5人。
(エンド途中)2008年2月4日、5人は集まっている。大磯ロングビーチのイベントの司会者が加わり「この2年で如月ミキは殺害されたという結論に至った。その証拠がこれだ」と針金を見せる。針金に見入る5人。(推理までは教えてくれず)

みんなの感想

ライターの感想

舞台劇を見ているよう。ペントハウスの一室で繰り広げられる、会話主体のストーリー。
この5人の掛け合いが絶妙で、だから絶対に退屈しない。
最初に出てくる他愛もない会話の断片が、後にいきてきて真相に役立つんだろうな…ということは容易に想像できる。
想像できるだけに、会話けっこう必死で聞いてしまう。内容も楽しいし。
推理が終わってからも、まだ続くという…踊りは、エンドロールと噛ませたかったのかな。
バカバカしいんだけど面白い。
  • 蚊帳の外さんの感想

    脚本の巧みさとワンシチュエーションでの斬新さで見どころもあるけれど、最初は肯定派だったけど何度も何度も見ていると感じるアラも。
    たとえば、洗剤と間違えて食用油をまき、アロマキャンドルが地震で倒れ引火…は初見でも「?」。常温の食用油に蝋燭の火で着火するのか(常温油は時に消火にも使われる)。ファンが家元たった1人なのにオタ芸があるのか…などなど。
    賛否両論あるラストの如月ミキの素顔晒しはアリだと思ったが、何度見ても「あそこの演出は…」と感じるのが直前のプラネタリウムのシーン。言葉におこすと良いシーンだけど、低予算臭とチープな面々のアップ等、会話劇が急に「エビ天(海老反り天国…イカ天の後のアマチュア映画番組)」で出る様な演出に一気に我にかえってしらける。
    でも(上記、いくつかの疑問点はあるにせよ)そのプラネタリウムまではワンシチュエーション舞台の密室会話劇を見ている様でワクワク。最初はアイドルファンのオフ会と思われていたのが話が進むにつれてそれぞれの隠していた「立場」が明るみになる流れはゾクゾクする。如月ミキの「マネージャー」「友達」「幼馴染」「父親」と判明していくが、最後に「一ファン」が彼女の死に繋がったシーンは盛り上がり最高。
    ただ、家元の「一ファン」というより「ファンを通り越してストーカーになりつつあった」設定と、その度を越したファンぶりを温かく受け入れる「マネージャー」「友達」「幼馴染」「父親」というのは、公開当時はまだまだストーカー殺人事件が社会問題になる前の時代だから出来る事であって、今時だと「犯人は家元」と断罪されてしまいかねないもの。リメイクされたら、一番テコ入れされるのは家元の設定かも。

映画の感想を投稿する

映画「キサラギ」の商品はこちら