「キューブゼロ(CUBE ZERO)」のネタバレあらすじと結末の感想

キューブ ゼロ(CUBE ZERO)の紹介:2004年製作のカナダ映画。出口のない立方体〝CUBE〟の誕生秘話に迫る、人気スリラーの第3弾。何者かの陰謀により〝CUBE〟に監禁されたヒロインの、手に汗握るサバイバルが展開。前二作ではもっぱら迷宮〝CUBE〟の内部のみが舞台となったのに対し、本作では外部にも話が及ぶ。

予告動画

キューブゼロ(CUBE ZERO)の主な出演者

エリック・ウィン(ザカリー・ベネット)、カッサンドラ・レインズ(ステファニー・ムーア)、ジャックス(マイケル・ライリー)、ハスケル(マーティン・ローチ)、ドッド(デヴィッド・ヒューバンド)、メイヤーホールド(マイク・ナーギャング)、バルトク(リチャード・マクミラン)、ジェリコ(テリ・ホークス)、オーウェン(トニー・マンチ)

キューブゼロ(CUBE ZERO)のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①キューブ内を監視する役目のウィンは、なぜ監視するのか、なぜこんな施設があるのか疑問に思う。被験者のレインズに肩入れしたウィンはキューブに入り、逃亡を手助け。 ②反逆罪で捕らえられたウィンは施術され、記憶を失った状態でキューブに放り込まれる。 ③死ぬ順番「1.チクリス(何らかの事情で監視者から被験者へ、棘部屋で刺さる。遺体の破損状況から一番古いのではないか)」「2.リズキン(遅効性の塩酸かけられ皮膚が溶ける)」「3.バルトック(ワイヤー巻かれて10つのパーツに切断)」「4.オーウェン(出口に達したもののファイナルアンサーに失敗し焼却処分)」「5.ジェリコ(肉食性ウイルスを植えこまれ出血して死亡)」「6.メイヤーホールド(ジェリコから感染して出血&超音波でパーンと破裂)」「7.ドッド(ジャックスに腹を裂かれ、胃から連結器を摘出後放置される)」「8.ハスケル(棘部屋で棘にぐっさ刺され&焼却処分)」

【起】- キューブゼロ(CUBE ZERO)のあらすじ1

古めかしい鋼鉄製の立方体の部屋に、1人の中年男性・リズキンがいました。部屋には正方形の全ての壁の中央部に円形のハッチがあり、反時計回りにハッチを開けると隣に行くことができます。
リズキンの左手の甲にはバーコードが記されています。
隣の部屋に移動すると、四方から液体が噴霧されました。全身に浴びたリズキンは緊張しますが、水だと分かると指に付着した液体を必死で吸います。迷い込んだ密室・キューブ(CUBE)には飲み物も食べ物もないからです。
ところが…吸っていた手の甲の皮膚が溶けはじめました。遅効性の塩酸が噴霧されたようです。
手の甲、指、腕の皮膚が溶けはじめたリズキンは、顔の皮膚も溶けて倒れました。ターゲット死亡の文字が、パソコンの画面に表示されます。
それを確認した眼鏡をかけた若いキューブ職員・ウィンはデータをDVDに焼いて保存すると、リズキンのファイルを閲覧していて相棒の職員・ドッドに注意されました。あまり深く詮索すると、上層部から目をつけられるとドッドは言います。
小太りの中年男性・ドッドは自分の職務に疑問を抱いていませんでしたが、ウィンはずっと、なぜこんな実験をしているのか気になりました。
職務の殆どの時間はすることがなく、今回のように被験者が死亡するとデータを保存し、あとは時々指示が下った時のデータを取るくらいです。
ドッドとウィンはチェスをしますが、ドッドが盤面を見ているのに対し、ウィンは目隠しチェスができます。ボードを見ずに盤面の移動だけでチェスをするためには、全部の駒の位置を覚えておく必要があり、かなり高度な記憶力を要求されます。
イラストを描きながらチェスをするウィンは、高度な数学力を持っていました。
ウィンは斜め向かいに座るドッドをイラストで描きながら(チェスマンと表記し、スーパーマンみたいなスーツを着せている)、同僚のオーウェンやチクリスが欠勤なのを気にします。
ドッドは「チクリスは今週末小麦色の肌になって戻って来る」「オーウェンは…また具合が悪くて休んでいる」とウィンに告げますが、どこまで本当なのか怪しいです。
研究施設はコンピュータと監視カメラのモニター画面の他には、職員の私物が少ししかありません。同僚の金魚に餌をやったウィンは、エレベーターの上昇音を聞きつけて近寄りました。
エレベーターには、食事を入れた皿と指示ボードが置かれています。食事は小さなカプセル1錠ですが、これで充分事足ります。指示ボードには「NO.17-24-09の眼球運動を確認せよ」と書かれていました。急いで検索を開始します。
モニターには金髪の中年女性・レインズの映像が映し出されました。夢を見ているレインズの脳内を記録せよというのが、指令です。
レインズの夢には、キューブのハッチのマークが額に描かれた軍人がレインズと娘・アンナを襲い、麻酔銃を撃たれる様子や、その後、脳にマイクロチップを埋め込む手術が映し出されました。
それらを遠隔操作で脳内スキャンしながら、ウィンは記録します。
キューブの内部の人間たちもずっと出られませんが、ウィンも記憶する限り外出した覚えがありません。それをドッドに問うと、「詮索はするな」とドッドは注意します。
しかし一度疑問に思い始めると、ウィンは追究したくなりました。レインズの夢の内容も、ウィンは気になります。
目を覚ましたレインズは隣に移動して、複数の人物と会いました。

【承】- キューブゼロ(CUBE ZERO)のあらすじ2

・レインズ…金髪の中年女性。ほんのわずかに記憶が残っている。
・ハスケル…スキンヘッドの若い黒人男性。額にIのハッチのマークが描かれている。
・ジェリコ…こげ茶色と一部金色のメッシュが入った女性。手当てができる。
・メイヤーホールド…太っちょの男性。片手の小指と薬指を欠損。
・バルトック…金髪の中年男。
レインズはハスケルの額の印を見て「軍人」と咄嗟に言いますが、他の4人は記憶がありませんでした。レインズは皆を怪しみますが、皆からすると記憶が残っているレインズの方が怪しいと言います。
「行き先に気をつけろ。罠(トラップ)があるぞ」と言ったハスケルは、部屋を移動する際にはまず軍靴の紐を最大限に伸ばし、靴を部屋に入れて安全かチェックしていました。
メイヤーホールドが欠損した指を見せ、納得したレインズはハスケルたちと行動を共にします。
しかしその矢先、靴の調査では安全だった部屋に降り立ったバルトックは、ワイヤーで全身をぐるぐる巻きにされ、10つほどのパーツに切断されて死にました。
それをモニター越しで見ながら、ウィンは疑問を解消したいと思います。まずチェスの勝敗を決めようとドッドは話をそらしますが、ウィンは計算してすぐチェックメイトすると、外部と直結しているらしい抜け道「第3の出口」についてドッドに質問しますが、ドッドは知りませんでした。
レインズたちはその間に、ハッチの継ぎ目にあったアルファベット3文字の解読を始めます。ジェリコが持っていたヘアピンとハスケルの靴に付着した靴墨を使い、自分の服にアルファベットを記入していったレインズは、法則性を見つけようとしました。
収容者の半数以上はアルファベットの存在に気づかないので、ウィンはレインズに肩入れしますが、ドッドはウィンの気持ちを牽制します。
3つのアルファベットの間の区切りが、ピリオド(.)ではなくコンマ(,)だと気づき、文字を数字に変換すれば座標になるのではと一同が気づきました。
アルファベットの数の通り、一辺が26部屋の立方体かもしれないと話しながらメイヤーホールドは靴を投げ、センサーで靴が凍ったのを見て別の道をと言います。
ウィンはレインズのファイルをチェックして、おかしなことに気づきました。キューブに収容された人物には必ず「同意書」へのサインがあるのですが、レインズには存在しません。
上層部である幹部は手続きにうるさいので、幹部に連絡を取って確認を取ってみるべきではないかと、ウィンは言います。
同僚のドッドは消極的でした。「考えるのは幹部の役目、実験施設の下っ端は知らなくていい」と言ったドッドは、市民活動の新聞記事〝北部の町でストライキ〟にレインズが参加している写真が掲載されているのを見て「政治犯だったんだ」と言います。
緊急用電話が鳴り、ウィンが電話を取りました。キューブの出口に到着した人物がいるので対応しろという内容でした。
本来は上級技師2名が対応するべきもので、ウィンは上級技師ではないのですが、人手不足なのでドッドを手伝います。
キューブの出口には満身創痍のオーウェンが到着していました。同僚である筈のオーウェンが被験者になっているのを見て、ウィンは驚きます。
明るい部屋に入ったオーウェンは鎖で拘束されました。ドッドがマイクで質問します。
「第一問 君の名前は」には答えたオーウェンですが、「第二問 全能の神を信じるか」には「ノー、誰が神など信じるか」と答えたオーウェンに対し、ウィンとドッドがNOボタンを押すと、オーウェンは焼却処分されました。

【転】- キューブゼロ(CUBE ZERO)のあらすじ3

今までここでYESと答えた人物はいないので、YESボタンを押すとどうなるのかは不明です。
オーウェンの死に加担してしまった罪の意識と、施設に対して反感を抱いたウィンは、文書を持つとエレベーターに乗り込むと下降するボタンを押しました。ドッドはウィンの逃亡にショックを受けます。
エレベーターに乗ったウィンの先に現れたのは、キューブのハッチでした。ウィンは時計回りでハッチを開き(注:ここだけなぜか時計回りだった、なぜなのかは不明)、被験者の仲間入りをします。
ドッドは残されたウィンのイラストを見ました。そこにはドッドを描いた正義の味方のチェスマンのイラストがあり、ドッドは心を動かされます。
エレベーターの到着音がしたので、ドッドはウィンが戻って来たのかと思いましたが、違いました。2人の助手・フィンとクイグリーに囲まれた右目が義眼の中間管理者・ジャックスで「問題が起きたので様子を見に来た」と言います。
ドッドには被験者への注射を指示すると、ジャックスはフィンとクイグリーに指示して、メインコンピューターを使ってウィンの行動パターンを検索しました。
ウィンは内部の法則をある程度知っているので、解析してレインズたちを追跡します。
その頃レインズたちは、部屋が移動していることに気づきました。メイヤーホールドが誰かの遺体を見つけます。遺体は餓死したようで、ハスケルが遺体の靴をもらいます。
ドッドが被験者のジェリコを隔離して注射すると、ジェリコは身体のあちこちから出血し、肉が溶け始めました。感染すると肉が壊死する、肉食性ウイルスの注射だったようです。
別室に隔離されたジェリコを助けに行ったメイヤーホールドは、ジェリコにすがりつかれて突き飛ばしました。ジェリコは死にます。
ひっかかれたメイヤーホールドも感染しました。みるみるうちに顔から出血が始まります。
「何でもするから見捨てないでくれ」と懇願するメイヤーホールドに、ハスケルは「では他の部屋をすべて調べろ」と言いました。
下の部屋のハッチを開くと、確かめるまでもなく誰かの死んだ痕跡がありましたが、ハスケルがメイヤーホールドを突き落とします。レインズには「あきらめろ」と言いました。
落ちたメイヤーホールドの周囲にパラボラアンテナのようなものが現れると、超音波が発せられます。それを浴びたメイヤーホールドは破裂して死にました。
ハスケルとレインズは口論になりますが、そこへウィンが追いつきます。突然の闖入者に、2人は混乱しました。
ウィンは2人に、この立方体の建物は脳をリセットして実験する施設で、被験者は刑を免れるために志願した死刑囚だということ、別にも施設があることなどを告げます。娘の名を思い出せないレインズに「アンナ」と言うと、レインズと娘のアンナを描いたイラストを渡しました。
ウィンズは「この施設は一辺が25部屋で、周囲を2部屋が移動している。Z表示の出口部屋で、それが定期的に2つの出口に移動するが、両方とも監視されている。外部と直結している抜け道が別にあるが、場所は知らない」と2人に教えました。
ウィンが先導するつもりでしたが、モニターでウィンと被験者の接触を見たジャックスが指示し、ハッチの継ぎ目にある金属パネルの文字が酸で消されました。ウィンは自分のせいだと思います。

【結】- キューブゼロ(CUBE ZERO)のあらすじ4

ウィン先導で各部屋を通りぬけていきますが、ジャックスが周囲を罠の部屋で囲みました。ジャックスは反応を見て楽しみますが、更に上司からの緊急電話がかかり「キューブの3人を処理しろ」という命令を受けます。
ドッドはひそかに電気コードを抜いて、ジャックスたちの邪魔をしました。処理が下ると手下たちは3人の部屋に電流を流しましたが、アクセス不良のエラーが表示されます。
トイレに中座する振りをして、ドッドはメインの連結器を手に入れました。ところが裏切りがジャックスにばれます。咄嗟に連結器を呑み込んだドッドは、麻酔の粉をかがされて気絶し、腹を裂かれて連結器を回収されました。腹を裂かれたドッドは死にます。
キューブの中のウィン、レインズ、ハスケルの部屋では、電源が落ちたのを察知したウィンが「リセットモードに入った」と気づきました。システムの再起動までは10分かかり、その間は電源が落ちているので罠が作動しません。
つまりこの間に出口まで移動しておけばいいのです。
再起動すると共に〝清掃〟つまり内部の生存者を焼却処分する作業が控えていますが、初期化され焼却処分するまで3秒あります。その間に出口に達しておけば、外部への通路に出られます。
ウィンが案内し、3人はゼロ位置(Z座標の出口部屋)に移動を開始しました。
ジャックスは電源回復後(電源は回復したが初期化中)、軍の監視システムに回線を繋ぎ、元軍人のハスケルの脳内チップを起動させて兵士コマンドに切り替えます。
ハスケルはレインズとウィンを攻撃し始めました。レインズが背後から股間を蹴り、ウィンが頭を蹴ってハスケルを気絶させます。
Z座標の部屋に着いたウィンは、元同僚のチクリスの死体を見つけました。チクリスは壁から出るトゲの突起に刺さって死んでいました。
ハスケルが追ってきてウィンを拘束し、ウィンはレインズに、床にある水に飛び込めと言います。そこが第3の出口でした。レインズが何度もハスケルに体当たりし、ハスケルは壁の突起に胸を貫かれます。
ウィンとレインズは水に飛び込みました。システムが再起動され、ハスケルは焼却されます。
潜水で泳いだ2人は山奥の湖に出て、森を走って逃げますが、ジャックスが黒ずくめの軍隊を派遣しました。ウィンはレインズを逃がしますが、麻酔の吹き矢を打たれて気絶します。
捕らえられたウィンは「反逆罪で終身刑2回分」の罪を言い渡されました。キューブに戻す前に記憶を消去する手術の同意書サインは、ウィンのイラストのサインから勝手に借用されていました。
監視役であるウィンやドッドも観察対象で、重要なサンプルが取れたとジャックスは言います。
施術前の麻酔で朦朧となりながらも、レインズが逃げたとジャックスが言うのを聞き、ウィンは幸せな気分を味わいました。レインズが無事に娘・アンナと再会し、自分のイラストを母娘で眺めている夢を見ます。
…施術されたウィンは緑の部屋にいました。自閉症っぽい症状を見せたウィンには自分の過去の記憶はなく、ただ「青の部屋に戻りたい」と繰り返します。
スミスと呼ばれたウィンは、黒人男性の被験者に連れて行かれました。
(時系列的に今作品のラストが『キューブ』に繋がるので、「ウィン」=「スミス」=キューブの「カザン」と考えるのが妥当)
(ジャックスはウィンに聞かせるために喋ったのではないので、レインズは本当に逃げだせたものと思われる)

みんなの感想

ライターの感想

この『キューブ』シリーズも、相当エグいよねえ…。
時系列的にいちばん古いというのもあってか、キューブ内部も少しだけ古めかしい仕様。
特にハッチのハンドルが、クラシックな感じ。
中間管理職のジャックスが、無駄にインパクトのある人物。
死刑囚を実験に使っていたというのは判ったが、なにゆえにこの実験を行なっていたのかは依然として不明。
でも、『キューブ』につなげる終わり方にしているのは好感が持てる。
  • 蚊帳の外さんの感想

    後発作品で、1作目の前の話とドラクエ3の様なキューブゼロですが、せっかく繋げるなら前作のカザン役を使うとか、ラストのシーンも前作のキューブ内に似せるとか、そもそも名前が違えてるとか、驚きに「?」が重なる。カザン役が記憶をリセットされる前なら髪の毛でもはやせば最初は気づかれないと思うんだけど…
    それに、1作目でワースが言う「作ったがもう捨てられたモノ」との矛盾になってる(主人公=カザンであれば、さっきまで使用していた広大な実験施設が捨てられたなんてのは…)。
    それが2作目になれば、

映画の感想を投稿する

映画「キューブゼロ(CUBE ZERO)」の商品はこちら