映画:クイズショウ

「クイズショウ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

クイズ・ショウの紹介:1950年代にアメリカで放映されたテレビ番組「21(トウェンティワン)」を巡るスキャンダルを映像化した作品。監督はロバート・レッドフォード。日本公開は1995年。

あらすじ動画

クイズショウの主な出演者

ハービー・ステンペル(ジョン・タトゥーロ)、チャールズ・ヴァン・ドーレン(レイフ・ファインズ)、ディック・グッドウィン(ロブ・モロー)、マーク・ヴァン・ドーレン(ポール・スコフィールド)、ダン・エンライト(デヴィッド・ペイマー)、アル・フリードマン(ハンク・アザリア)、ジャック・バリー(クリストファー・マクドナルド)、ドロシー・ヴァン・ドーレン(エリザベス・ウィルソン)、サンドラ・グッドウィン(ミラ・ソルヴィノ)、トビー・ステンペル(ヨハン・カルロ)、デイヴ・ギャロウェイ(バリー・レヴィンソン)

クイズショウのネタバレあらすじ

【起】– クイズショウのあらすじ1

舞台は1950年代のアメリカ。ディック・グッドウィンは、ユダヤ人でありながらハーバード大学法科を首席で卒業します。その後彼は合衆国議会立法管理委員会で働くことになり、新車の購入を検討していました。

NBCで放映された、ジャック・バリーが司会を務める賞金獲得クイズ番組「21(トウェンティワン)」は、社会現象と言われるほどの人気を集めていました。

毎週勝ち抜き制のクイズとなっており、勝利する回答者には数万ドルの大金が渡されます。クイズの質問は、放送直前まで銀行で管理されていました。

ユダヤ人のハービー・ステンペルは、8週連続で勝ち抜いており、盛り上がりを見せていました。しかし、ステンペルの華のないルックスはスポンサーから疎まれていました。プロデューサーであるダン・エンライトと、アル・フリードマンの元に、視聴率が横這いという連絡が入ります。

ステンペルはその日も勝利しますが、エンライトはNBC社長の指示に従って、彼を切る決断をします。

そんな折、NBCの番組のオーディションに、ハンサムなチャールズ・ヴァン・ドーレンが受けに来ます。彼は著名な詩人のマーク・ヴァン・ドーレンと、小説家のドロシーを両親に持つインテリでした。しかし現在は週給86ドルで、コロンビア大学で講師をしていたのです。

ヴァン・ドーレンのルックスに目をつけたエンライトたちは、さっそく「21」への出演を勧めます。そして、ステンペルとの対決時のクイズの質問内容を、事前に知らせると持ちかけます。ヴァン・ドーレンは不正を拒んだため、エンライトたちはフェアに戦わせるという約束で、出演を依頼します。

その夜、エンライトはステンペルをレストランに招きます。

そこで、次回の出演時の「1955年のアカデミー作品賞は?」という問題を、正解は「マーティ」であるのに「波止場」と答えるように指示するのでした。ステンペルは誰でも知っている問題を間違えることはプライドが許さないと拒否しますが、エンライトは彼を別の番組に出演させると約束を交わします。

自宅に帰ったステンペルは、番組のやらせによって敗退させられることを、妻のトビーに打ち明けます。彼女に猛反対されたステンペルは、エンライトの指示に従わない決心をするのでした。

ところが対決の日、ステンペルは映画部門の問題で「マーティ」と答えずに、ためらいながらも「波止場」と誤答します。彼の回答は視聴者を驚かせ、ついにチャンピオンが交代します。こうしてヴァン・ドーレンは、多額の賞金を獲得するのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「クイズショウ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ