「クリミナル・ミッション」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

100文字~150文字程度で、映画の紹介をしてください。 (記入例。削除して進めてください)2016年製作のフランス映画。監獄と化した高級アパートで命懸けのゲームに挑むサスペンス。モデルのキャンディスは、ある夜自分の部屋に侵入者の気配を感じる。既に外部との連絡も取れず、部屋に閉じ込められていた彼女の前に、監禁された親友の姿が映し出され…。

クリミナル・ミッションの主な出演者

ダン・スティーブンス、マイケル・ピット、クリストファー・アボット、ロブ・ブラウン、ジョン・トラボルタ

クリミナル・ミッションのネタバレあらすじ

【起】– クリミナル・ミッションのあらすじ1

クリミナル・ミッションのシーン1

画像引用元:YouTube / クリミナル・ミッショントレーラー映像

冒頭、一人の男が道を歩いていた。場面は、誰かの葬式のシーンとなり、誰かの死を悲しむ人たちが居ました。それから交互に場面は移り変わり、葬式を去れていたのは、道を歩いていたマシューという男で、彼はバスの運転手によるよそ見運転で頭をぶつけて死んでしまいました。

そんな、不幸な男の葬儀が終わり、参加者の一人であるザックは、彼女と車で性交をしていました。ザックは、彼女と別れるとウォーレンとブライスという高校生の時の同級生と再会しました。3人が話していると、元いじめられっ子であったノアという男も参加することになりました。

しばらく談笑して、ザックが出ようとすると、麻薬を一服しないかとノアが提案してきました。そして、4人で仲良く麻薬を回しながら吸っていると、ブライスが株について話しました。親戚の人間がインサイダー取引の株を持っており危険を感じたため、早く売り払いたいという内容でした。

ウォーレンは、その株の価値が判っており買いたいと考えましたが、20万ドルという大金であり手が出せませんでした。そこで、ノアが買うことを提案しました。ノアには死んだ父親の多額の遺産がありそれで買うと言いでしました。そして、株で儲けたら4人で分配しようと約束しました。

そして、1か月後ウォーレンに電話が掛かり、テレビをつけるように言われ、テレビのニュースを見ると、株を買った会社が不正で取り締まりを受けていました。これによって、20万ドルの大金で買った株は、価値が無くなってしまいました。その後、駐車場に来たウォーレンをマフィアの男が連れ去りました。

ウォーレンは、マフィアの男から借金を返済するように言われ、明日16時にホテルに来いと言われました。次の日、他の3人を連れて指定されたホテルにやってきた4人ですが、ノアがマフィアから金を借りた事を非難しました。そんな、喧嘩をしていると、マフィアのボスのエディがやって来ました。

エディは、4人で40万ドルを返すように言い、それに反論する4人。ノアが借りたのは、20万ドルで、40万ドルではないと言いましたが、残りの20万ドルは金利だと言いました。しかし、4人が集めても40万ドルという大金は、すぐには集められません。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「クリミナル・ミッション」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×