映画:ケープフィアー

「ケープフィアー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

サスペンス映画

ケープ・フィアーの紹介:1991年製作のアメリカ映画。レイプ犯として長く獄中生活を送った男が、復讐相手である弁護士一家を恐怖のドン底に追い詰めるスリラー。異常なまでに執念深い犯罪者を、ロバート・デ・ニーロが演じる。1962年公開の『恐怖の岬』のリメイク作品。

あらすじ動画

ケープフィアーの主な出演者

マックス・ケイディ(ロバート・デ・ニーロ)、サム・ボーデン(ニック・ノルティ)、レイ・ボーデン〔リー〕(ジェシカ・ラング)、ダニエル・ボーデン〔ダニー〕(ジュリエット・ルイス)、クロード・カーゼック(ジョー・ドン・ベイカー)、エルガート(ロバート・ミッチャム)、リー・ヘラー(グレゴリー・ペック)、ローリー・デイヴィス(イリーナ・ダグラス)、トム・ブロードベント(フレッド・トンプソン)、裁判長(マーティン・バルサム)、グラシエラ(スリー・モンテロ)、フルーツスタンドの客(チャールズ・スコセッシ)

ケープフィアーのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①マックスは自分を敗訴に追いやった弁護士・サムに復讐を誓う。刑務所で法律を勉強したマックスは、釈放された日からサムにつきまとい、法律に触れない方法で嫌がらせを始めた。 ②家族までも復讐の手にかけるつもりと知ったサムはあがくが、逆効果に。恐怖岬(ケープ・フィアー)で最後の対決をし、サムたちは勝利。

【起】– ケープフィアーのあらすじ1

「ケープ・フィアー」は「恐怖岬」と言います。

なぜあんな美しい場所に「恐怖岬」という名がつけられたのか、不思議だと思っていた…と語るのは、少女・ダニエル、通称:ダニーです。

しかしある夏の終わりに、そこで恐怖の体験をしたことから、「恐怖岬」という名が実感できたと語りました。

その時の体験を語り始めます…。

…1991年。アメリカ・ノースカロライナ州ローリー市。

中年男マックス・ケイディが14年の刑期を終え、刑務所から出所しました。マックスは背中に十字架と天秤のタトゥーを入れています。

マックスは昔、女性をレイプしたことで逮捕されました。レイプの際に女性にひどい暴力をふるっています。

その当時マックスの弁護を担当したのは、弁護士のサム・ボーデンでした。サムは強姦罪ではなく暴行罪に引き下げることに成功しましたが、マックスは敗訴したことに不満を持ち、逆恨みをしています。

刑務所にいる間、マックスは自分を敗訴に追いやったサムに復讐することばかり考えてきました。

文字も読めなかったマックスは猛勉強し、法律を独学で学びます。

その傍ら、身体も鍛えました。筋骨隆々となったマックスは、大きな十字架と天秤を背中に入れただけでなく、身体のいたるところに文字で復讐の文をタトゥーでしたため、復讐の気持ちを維持していました。

弁護士・サムへの復讐は、完全に「逆恨み」です。しかしそういう目的を持ちながら、マックスは監獄で過ごしたのです。

(そこまで憎悪する念の理由は終盤であきらかに)

マックスの復讐心はサムだけに留まらず、サムの妻・レイ、娘・ダニエルも含むボーデン家全員を恐怖に陥れようと思っています。

マックスが刑務所で服役している間。

サムは妻・レイ、通称:リーとの間に娘・ダニーがいました。ダニーは現在15歳の高校生です。

ダニーはマリファナを吸ったことが学校にばれ、退学寸前に追い込まれていました。

サムが浮気をしたことで、一度は離婚の危機に陥りました。しかしジョージア州のアトランタから引っ越しをし、もう浮気はしないということで、離婚を回避しています。

それでもサムは懲りずに、現在は裁判所の女性職員・ローリーと遊びの関係になっていました。

出所したマックスが最初に行なったのは、映画に出かけたボーデン家の3人の座席の前に座り、映画館で爆笑しながら葉巻をくゆらすということでした。

その時はサムはマックスに気付かず、不愉快な客がいる程度で、映画館を立ち去ります。

マックスはその後も、赤いオープンカーで乗りつけて、食事するサムたちをじっと見つめました。食事代の会計を何者かに支払われており、サムは不気味に思います。

不倫相手のローリーとスカッシュ(室内テニスのようなスポーツ)をした後のサムに、マックスが近づきました。

「6~7kg太ったな。俺はム所で痩せた」と言われて、やっとサムはその相手が昔に弁護したマックス・ケイディだと気付きます。

マックスは「失ったものを取り戻す」という、意味深なことを言って立ち去りました。マックスが自分に恨みを持っていることを感じたサムは、帰宅すると妻のリーに警戒するように言います。

夜にリーが外を見ると、花火の光で誰かが外にいることに気付きました。夫のサムに言います。

それはマックスでした。しかし裏庭の塀の上にいるだけなので不法侵入にあたらず、サムが追い払いに行った時には、もういませんでした。

妻のリーに、14年前にも人につきまとって嫌がらせをした人間なのだと言い、警戒を促します。怯えるとよくないので、この時点ではマックスがレイプ犯であることは伏せました。

翌朝、娘のダニーにも警戒しろと伝えろと言い、サムは出勤します。

サムが弁護に負けたのは、2つの理由がありました。

1つはその当時検察側についたのが、リー・ヘラーという凄腕の刑事弁護士だったこと。相手が強かったのです。

もう1つは…サムは公選弁護人でした。マックスに依頼されて弁護されたわけではなく、国が犯人にもつける弁護士のことです。サムは資料集めの途中で、被害に遭遇した16歳の少女が、1か月に3人も4人も彼氏を変える、いわゆる素行不良であったことを知りながら、隠しました。せいぜい、レイプ罪を暴行罪に引き下げることくらいしかしていません。

法律を勉強した際に自分の事件も調べたマックスは、サムが少女に不利な証拠を隠滅したことが許せず、逆恨みしているのです。

出勤したサムは接近禁止令をマックスに出しますが、審理が降りるのは10日後です。

逮捕当時には文字すら読めなかったマックスが、なぜ自分の場所を知ったのだろうと、サムは不思議に思いました。

それはすぐさま再会したマックスが答えてくれます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ケープフィアー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×