映画:コンテイジョン

「コンテイジョン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

サスペンス映画

コンテイジョンの紹介:2011年公開のアメリカ映画。巨匠スティーヴン・ソダーバーグ監督が、突然、世界中に蔓延していく謎のウイルスの恐怖を描くサスペンス・ドラマ。綿密なリサーチに裏付けられたリアリティあふれる設定が恐怖感を高めている。

あらすじ動画

コンテイジョンの主な出演者

レオノーラ・オランテス医師(マリオン・コティヤール)、ミッチ・エンホフ(マット・デイモン)、エリス・チーヴァー医師(ローレンス・フィッシュバーン)、アラン・クラムウィード(ジュード・ロウ)、ベス・エンホフ(グウィネス・パルトロー)、エリン・ミアーズ医師(ケイト・ウィンスレット)

コンテイジョンのネタバレあらすじ

【起】– コンテイジョンのあらすじ1

アルダーソン社に勤務する女性・ベスは、香港出張の帰りにシカゴで元恋人・ジョンと密会しました。ミネソタ州ミネアポリスの自宅に帰ったベスは、夫・ミッチや息子・クラークに出迎えられますが、風邪の症状を呈します。

同じ頃、バスに乗る東京の男性サラリーマン、ロンドンのビジネスホテルに宿泊した女性にも症状が出ており、ロンドンの女性は昏睡状態で発見されます。

ベスも高熱を出して昏睡状態に陥り、帰らぬ人となりました。

You Tubeの人が倒れる動画を見たフリージャーナリストの男性・アランは、伝染病を国家が隠匿していると調査を始めます。

ベスの死後さらに息子・クラークと元恋人・ジョンも同じ症状で亡くなります。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(3件)

  • cometichiamiさんの感想

    奇しくも9年前に見た映画と同じ世の中になったので、とても驚きました。当時の鑑賞記録によると『発端があまりにも単純だったため、今後身近に起こりそうだなと背筋がゾクっとした』と書いてありましたがまさか現実になろうとは。俳優陣がかなり豪華にも関わらず、あっけなく倒れていくあたり、現在の状況を巻き戻しで見ているようで恐ろしくなりました。

映画の感想を投稿する

映画「コンテイジョン」の商品はこちら

IMAGE

コンテイジョン ブルーレイディスク [レンタル落ち]

DVD > DVD

¥500
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20