映画:コンフィデンスマンJPロマンス編

「コンフィデンスマンJPロマンス編」のネタバレあらすじと結末

コンフィデンスマンJP ロマンス編の紹介:2019年5月17日公開の日本映画。「リーガルハイ」などの人気脚本家・古沢良太が手がけ、長澤まさみ、東出昌大、小日向文世演じる信用詐欺師たちが繰り広げるユニークな騒動を描いた人気TVドラマの劇場版。香港マフィアの女帝が持つと言われる伝説のパープルダイヤを手に入れようとするメンバーたちと、彼らと因縁深きキャラクターたちが大騒動を巻き起こす。

あらすじ動画

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

コンフィデンスマンJPロマンス編の主な出演者

ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、五十嵐(小手伸也)、リチャード(小日向文世)、モナコ(織田梨沙)、ちょび髭(瀧川英次)、バトラー(Michael Keida)、鈴木さん(前田敦子)、矢島理花(佐津川愛美)、与論祐弥〔キンタ〕(岡田義徳)、与論弥栄〔ギンコ〕(桜井ユキ)、ホー・ナムシェン(生瀬勝久)、高松千鶴(山口紗弥加)、徐(葉山ヒロ)、桂公彦(小池徹平)、半原敦(和田聰宏)、志村庄一(小澤亮太)、志村庄二(伊島空)、志村庄三(玉川蓮)、ジェームズ(MORDIO R)、贋作職人(小栗旬)、鉢巻秀男(佐藤隆太)、桜田しず子(吉瀬美智子)、城ヶ崎善三(石黒賢)、ラン・リウ(竹内結子)、ジェシー(三浦春馬)、赤星栄介(江口洋介)

コンフィデンスマンJPロマンス編のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①香港のラン・リウをだまそうと近づくダー子は、かつて恋人役をした男性・ジェシーと再会。ジェシーは赤星の手先だった。ジェシーと赤星はダー子をだました。 ②ダー子はもっと前から赤星とジェシーをだましていた。今作品で30億円をさらにゲット。

【起】- コンフィデンスマンJPロマンス編のあらすじ1

コンフィデンスマンJPロマンス編のシーン1 ダー子、ボクちゃん、リチャードは、コンフィデンスマン(信用詐欺師)です。
詐欺師は詐欺師でも、悪徳な方法で大金を稼ぐ相手を、詐欺の対象として選んでいました。
一般人には手を出さず、いわば義賊的な役回りをしています。
ダー子たちの学歴、経歴、本名は一切不明です…。

〝恋は、いつだって自分を欺くことから始まり、
他人を欺くことで終わる。
これが世間でいうロマンスというものである。
      オスカー・ワイルド〟


チョビ髭に「小銭稼ぎをしよう」と提案されたダー子は、子猫ちゃんを探せと言われ、鈴木さんに電話をかけます…。
(※)

ギンコとキンタがペアを組み、遊園地でスリを働こうとしています。
遊園地で楽しむ家族の、父親の背中にケチャップをつけます。
ギンコが「ケチャップついてますよ」と指摘し、クリーニング屋をしていたのだと、その場でシミ抜きを披露します。
シミを落とすふりをして財布を抜き取り、それをキンタが得ようとしていました。
ボクちゃんが気づき、ギンコ&キンタペアの犯罪を止めます…。


〔沖縄〕

リチャードは矢島理花とともに、リゾート地で過ごしていました。
詐欺の仕方を教えてくれと頼む理花に、リチャードは鼻の下をのばしています。


ダー子、ボクちゃん、リチャードに20億円をうばわれた赤星栄介は、3人に強い恨みを抱いていました。
彼らに対し、強い復讐の念をもっています。


ダー子が次のターゲットを探していると、中国・香港の金鐘財閥の会長ラン・リウについて報じるテレビニュースが流れました。
ラン・リウは「氷姫」と呼ばれており、ダー子は次のターゲットにしようと考えます。

その矢先、ダー子は新宿でペディグリーペット詐欺を働こうとした女性・モナコと出会います。(珍種の犬を売りつけようとする詐欺)
モナコの詐欺を見抜いたダー子は、モナコを弟子に迎え入れました。


〔香港〕

ダー子、ボクちゃん、リチャード、モナコは香港へ行きます。
五十嵐と現地で合流した4人は、五十嵐からラン・リウの情報を得ました。

ラン・リウは香港の裏社会を牛耳るマフィアの女ボスで、表にはあまり出没しない謎の多い女性です。
パープルアイという宝石を持っており、その価値は時価数百億といわれていました。
ラン・リウはとにかく謎が多く、孔海東(コウカイトウ)という男性と10年前に結婚しましたが、すぐに離婚したことくらいしか分かっていません。

その後の調査により、ラン・リウが12歳まで福岡で育ったことと、馬主であること、お気に入りのお抱えの占い師が亡くなってしまい、占い師を探していることが分かりました。
ダー子はモナコと一緒に、霊能力者姉妹として近づこうと決めます。


〔1ケ月後〕

ラン・リウの持つ馬が、デビューする日がきました。
ダー子とモナコは「サクラ子(ダー子)」「ヒカル子(モナコ)」の姉妹として、ラン・リウに近づきます。
「緑色にお気をつけなされ」と予言をし、ラン・リウの帰宅する車に、緑の服を着たボクちゃんがバイク便で接触する…というヤラセをします。

その後もダー子とモナコは、占いが当たるように見せかけるのですが、ラン・リウはなかなか食いつきませんでした。

【承】- コンフィデンスマンJPロマンス編のあらすじ2

コンフィデンスマンJPロマンス編のシーン2 〔1ケ月後〕

ラン・リウの部下・徐がダー子たちに、接触してきました。
ダー子は「この地に救うべき者ありと出たから、香港へ来た」と話します。

徐に連れられたダー子とモナコは、ラン・リウと会いました。
そこにジェシーという男性が、ラン・リウの部下として顔を出します。
ジェシーの顔を見たダー子は、困惑しました。


…ジェシーとダー子は、かつてニューヨークでカップルの振りをして、詐欺を働いたことがありました。
その際にダー子はジェシーに、恋をしたのです…。
(オープニングの、オスカー・ワイルドの名言の際に2人が映し出される)

ダー子の目的をよく知らぬうちから、ジェシーはダー子の味方をしました。


〔1週間後〕

ダー子は偽宝石をラン・リウに買わせるように仕組んだのですが、ラン・リウは宝石職人から買いませんでした。

ダー子は続けて、東の土地を手に入れると幸運が訪れると予言します。

〔1週間後〕

福岡に土地があると宣伝を打ったのですが、ラン・リウは食いつきませんでした。
ダー子はジェシーを呼び出して、何が目的か聞きます。

ダー子はラン・リウから現金を巻き上げようとしていますが、ジェシーが狙っているのはパープルダイヤだそうです。
ジェシーは「ラン・リウが本当に欲しがっているのは何か、自分は知っている」と言いました。
ラン・リウが愛に飢えているのだとジェシーは示唆し、1枚の紙きれをダー子に残します。
そこには「高松千鶴 福岡国際教育大学」と書かれていました。


〔福岡〕

高松千鶴は、ラン・リウが12歳のころの家庭教師でした。
少女時代のラン・リウは、恋愛ものの映画、マンガ、小説が大好きで、恋にあこがれていたそうです。

恋に夢みるラン・リウが変わったのは、12歳のときに近所の火事に巻き込まれて、身体にヤケドの跡を負ってからです。
人の目を避けるようになったラン・リウは、財閥の後継者に指名されてからは、仕事一筋でした。


福岡でラン・リウの過去を調べてきたダー子は、自分のあこがれで骨抜きにされた人がおり、「スタア」と呼んでいると言います。
ボクちゃんは、「愛を弄ぶようなことだけはしてはいけない」と、ダー子に答えました。

ラン・リウに迫っていたジェシーが、あともう一息だとダー子に言いにきます。
ジェシーはダー子に、恋人同士設定の詐欺をしようと持ち掛けました。


12歳の時のラン・リウが好きだったのは、孔海東でした。
周囲の反対がありすぐに強制的に離縁させられたのですが、ラン・リウは孔海東がずっと好きだったのです。

【転】- コンフィデンスマンJPロマンス編のあらすじ3

コンフィデンスマンJPロマンス編のシーン3 ラン・リウと別れたあとの孔海東は没落し、いまは見る影もなく裏通りで落ちぶれています。
ダー子たちはラン・リウと孔海東にそれぞれ手紙を書き、駆け落ちの手配をしました。
手紙を読んだラン・リウは、パープルダイヤを胸に、待ち合わせの場所へ行きます。

ところが、孔海東は待ち合わせの場所へ来ませんでした。
落胆するラン・リウに、ジェシーが近づきます。
しかしダー子が横恋慕したという設定で、銃を持ってラン・リウを狙いました。
間に割って入り、ジェシーが撃たれます。

自分をかばって撃たれたジェシーに愛を感じたラン・リウは、病院で付き添いました。
病室で付き添ったまま眠ったラン・リウは、パープルダイヤを盗まれます。
それこそがジェシーとダー子のかけた罠でした。
ケガも負っていませんし(血のりを腹部に仕掛けていた)、病院自体が、にせものです。

ジェシーとダー子がヘリポートへ向かっていると知ったリチャード、ボクちゃん、モナコは、あとを追いかけます。
ヘリポートでは、ダー子たちが乗り込むヘリコプターに、赤星の姿がありました。
ジェシーは、赤星にやとわれていたのです。

ダー子と、遅れて駆け付けたボクちゃん、リチャードは、赤星の手下たちに囲まれました。
ジェシーは、最初からダー子たちをだましていたと言います。
ジェシーはダー子のもとに、モナコを送り込んでいたのでした。
情報はモナコ経由で、すべて筒抜けだったと言います。

ジェシーにとって今回の作戦でひとつ手違いがあったのは、手紙を読んだ孔海東が、ラン・リウと逃げようと考えたことでした。
孔海東を黙らせるために、30億円の手切れ金をジェシーは渡していました(赤星の金)。
そんな大金があると分かった時点で、気づくべきだったとジェシーはダー子に言いました。

ラン・リウと地元警察が駆け付け、ラン・リウ、ダー子、赤星の3人が銃を構えたまま、三すくみ状態に陥ります。
赤星が手を引き、ジェシーとともにヘリコプターで立ち去りました。
モナコはその場に残ります…。

【結】- コンフィデンスマンJPロマンス編のあらすじ4

コンフィデンスマンJPロマンス編のシーン2 数百億の価値があるパープルダイヤを手に入れたはずだったのですが、宝石は贋物でした。
赤星とジェシーはあっけにとられます。
まさかと思いラン・リウの屋敷へ行くと、お屋敷はもぬけの殻でした。
本物のラン・リウの屋敷はお向かいにあると、地元民に言われます。

ジェシーも赤星も、いつからだまされていたのかと頭を抱えます。
映像が早戻しされます…。


〔5ケ月前〕

子猫ちゃんを集めてくれと言われたダー子が鈴木さんに電話をすると。
(※印のところまで巻き戻った、この時点から詐欺がスタート)

鈴木さんはジェシーに結婚詐欺でだまされて、3千万円をみついでいたのでした。
もうダメだと落ち込む鈴木さんの話を聞いたダー子は、復讐をしようと考えます。

ちょうど同じころ、ボクちゃんはキンタ&ギンコのコンビから、赤星が自分たちを狙っているという情報を聞きました。
どうせならば2匹同時に釣ろうと考えて、今回の作戦を考えたのです。

偽のラン・リウこそが、ダー子が「スタア」と呼んで尊敬する女性詐欺師でした。
(モナコは「スタア」=「ジェシー」と勘違いして報告するが、本当は「スタア」=「ラン・リウ役の女性」だった)
孔海東はリチャード、横にいた金髪セクシーは理花の変装でした。

つまりラン・リウも福岡の話もぜんぶ、ダー子側が考えた作戦だったのです。
本物のラン・リウが誰か知らないまま、ジェシーはすべてダー子のはめた罠に引っかかっていました。
孔海東に渡した手切れ金30億円が、今回、赤星からだまして得た金です。

赤星は埠頭の旗に見つけたダー子の手紙を読み、まんまと今回もだまされたと知りました。
偽の宝石を透かして見ると、「Ⓒダー子」という文字が入っており、それを見つけた赤星は笑うしかありません。
(この宝石を作った職人役を演じるのが、小栗旬。しかし数秒しか顔が映らず、扮装をしているのでよく見ないと分かりにくい)
笑う赤星の隙を見て、ジェシーが逃げようとします。

ダー子の側に残ったモナコは、そのままダー子たちのチームに入ります。
ペディグリーペット詐欺で使われた犬に「エースケ」(赤星「栄介」)という名前をつけようと、ダー子は言いました。


〝恋はいつだって、欺くか欺かれるかのゲーム
心地よい愛の言葉なんて全部ウソ
それでも人は愛を求める
永遠に解けない謎
ゴールのない迷路
目に見えない真実
それこそがロマンス
なのかも Byダー子〟


香港の街を掃除していた女性が、本物のラン・リウでした。
掃除婦から一転、リムジンに乗り込むラン・リウの右目には、大きな宝石が埋め込まれています。


(エンド後)
ダー子、鈴木さん、理花、モナコの女性4人がアイドルグループを装い、ボクちゃんがホー・ナムシェンに出資詐欺をはたらいています。
歌う4人の女性を見たナムシェンは「全体的にババアだなあ。特にセンター」とぼやきます。
センターはダー子のことを指しており、「あれ変えるか」と口さがない言葉をかけられているのですが、知らないダー子はにこにこと笑います。

ロマンス編、完のマーク。

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

私はテレビドラマ版を見ていない。
いわば予備知識がまったくない状態で視聴したが、関係性は判った。
理解して楽しめたので、作品を知らないからといって気負わずに、らくな気分で見ても楽しめる。
どうやら映画も第2弾「プリンセス編」が公開されるようで、こちらも楽しみ。
詐欺師の話ではあるが、義賊のような役回りなので面白い。
見るのを悩むのならば、見たらいいと思う。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「コンフィデンスマンJPロマンス編」の商品はこちら