映画:コーマ

「コーマ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コーマの紹介:1978年にアメリカで製作された医療サスペンス。ロビン・クックの小説を映画化した作品で、タイトルの「コーマ」は昏睡状態を意味する。昏睡状態に陥る患者が続出する原因を突き止めようと、勇敢な女性医が独自に調査に乗り出す。「ジュラシック・パーク」の原作者として知られるマイケル・クライトンがメガホンを取った衝撃作。

コーマの主な出演者

スー・ウィーラー(ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド)、マーク(マイケル・ダグラス)、エマーソン(エリザベス・アシュレー)、ハリス(リチャード・ウィドマーク)、ジョージ(リップ・トーン)、ナンシー(ロイス・チャイルズ)

コーマのネタバレあらすじ

【起】– コーマのあらすじ1

舞台はアメリカ、ボストンの名門病院。女性外科医スーは恋人で医師のマークとともにこの病院で忙しい日々を過ごしていました。そんなある日、スーの親友ナンシーがさほど難しくない手術にもかかわらず、昏睡状態に陥るという事態が起きます。ナンシーは後に脳死と診断されました。スーは親友を突然襲った悲劇の理由を知るため、独自に調査を開始。麻酔薬に問題があったという説明では、とても納得できなかったのです。

調査の結果、驚くべき事実が発覚しました。この病院では全米平均よりもはるかに高い確率で患者が昏睡状態に陥っており、それもそれらすべてが第8手術室で起きていたのです。こうしてスーが調べている間にも、健康な成人男性が簡単な手術で昏睡状態に陥るという事態が発生。そしてそれと同じ頃、ナンシーが長期療養者向けの施設ジェファーソン研究所に移送されたことをスーは知ります。

スーは誰かが故意に患者を昏睡状態にしようとしているのではないかとさらに調査を進めますが、院長のハリスに制止されてしまいます。自分に信頼を寄せてくれるハリスの言葉に従い、スーは週末ゆっくり過ごすことを決めます。その後家へ戻る途中、スーは謎の男の気配を背後に感じました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(1件)

ライターの感想

徐々に少しずつ明らかにされていく昏睡の謎は観る者の心を終始不安にさせ、気味の悪いジェファーソン研究所は終盤にかけて物語のサスペンス性を一気に増加させています。生々しい医療現場、主人公の勇敢さ、物語全体を貫く薄気味の悪さがよく融合し、観る者を不思議と引き込む魅力を持った医療サスペンスの名作だと思いました。

映画の感想を投稿する

映画「コーマ」の商品はこちら

IMAGE

コーマ [DVD]

DVD > 外国のドラマ映画
ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
マイケル・ダグラス(Unknown),ロビン・クック(原著),マイケル・クライトン(監督),マイケル・…

¥1,100
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20