映画:コーマ

「コーマ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

【承】– コーマのあらすじ2

休暇を前にしてもスーの心は昏睡の謎にとらわれていました。

第8手術室では患者の口に一酸化炭素が流されているのではとスーはマークに相談しますが、二人で実際に手術室を調べてもそれらしき証拠は何も見つかりませんでした。

スーは気分を切り替え、マークとの休暇を思いっきり楽しむことを決めます 休暇から戻る途中、スーたちは偶然ジェファーソン研究所を見つけました。

ナンシーが収容されているこの施設に何か手掛かりがあるのではと、スーは一人施設の中に入って行きました。

すると、エマーソンという女性看護師が中から出てきました スーはエマーソンから火曜日にツアーを行っていること、数名のスタッフしか施設にいないことを教えられました。

スーは療養者向けとは思えない施設の体制に疑問を感じつつも、施設から去って行きました。

その後、スーが再び仕事へ行くと、中年の施設保全スタッフから教えたいことがあると突然話しかけられましたしかし、スタッフはスーにそれを伝えることなく変死を遂げます。

スーはこの死をきっかけに施設の構造に疑いを向けました。

スーが天井裏の配管を調べていくと、第8手術室近くで小さな装置が見つかりましたそれは、手術室の酸素管とガス管を繋ぐもので、患者の口に一酸化炭素が流されていることを示す明らかな証拠でした。

また、カルテ記録を調べると、第8手術室で昏睡状態になった患者のほとんどがジェファーソン研究所に移送されていることも明らかになりました。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「コーマ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×